竹原ピストルって?松本人志が認めた才能の持ち主!?活躍と素顔に迫る

この記事は3分で読めます

2017年の年末には、ついに紅白歌合戦に初出場

あの「松本人志」さんも大注目しているのが、『竹原ピストル』さんです♪

竹原ピストルが紅白出場
出典:http://www.music-lounge.jp/

「よー、そこの若いの♪」
一度聴いたら、忘れられない声。

野性味あふれた外見といい、彼のファンの芸能人も多いんです。

まだ「竹原ピストル」をよく知らない方にも、彼の魅力を存分にお伝えしたいと思います。

それでは、早速プロフィールから紹介しましょう!

スポンサーリンク

竹原ピストルのプロフィール 本名もチェック!

竹原ピストル
出典:https://style.nikkei.com/
芸名:竹原ピストル(たけはらぴすとる)
本名:竹原 和生(たけはら かずお)
生年月日:1976年12月27日
出身地:千葉県
血液型:A型
特技:水泳・ボクシング
事務所:オフィスオーガスタ
最終学歴:道都大学社会福祉学部

々、「野狐禅(やこぜん)」というバンドでメインボーカルをしていた、竹原ピストルさん。
バンド名からして、男っぽいですよね~。
解散してからはソロで活動し、日本全国のライブハウスでファンを惹きつけています。
なんと、その数年間250本!

それにしても、ピストルっていう芸名にしたのはなぜ?って思いませんか?
高校のとき、親友に「有名になったときの芸名を考えてほしい」と頼んだら、「竹原ピストル」だったんですって。
友達を大切にする彼ならではの、芸名だったんですね~

竹原ピストルの魅力や活躍は? 松本人志が認めた才能の持ち主!

白でも、ひときわ目立っていましたね~。
彼のデビューシングルも、インパクト抜群でした。
だって、「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」っていうタイトルですよ?
もちろん、作詞作曲どちらも彼です。
松本人志さんも「才能がある人」と認めるほど。

魂の叫び、っていう感じがするんですよね。
彼の「Amazing Grace(アメイジング・グレイス)」を聴いたら、ゾクゾクします。
なんというか、日本にこんな素敵なミュージシャンがいたんだな、と思うと、とっても嬉しくなるのです。

そして、役者としても注目されている竹原ピストルさん。
「BOSS」のCMでも、「松重豊」さんが「歌手だけにしておくのはもったいない」というほど大絶賛していたそう。
ベテラン俳優にそこまでいってもらえるなんて、さすが竹原ピストルさん!
映画「永い言い訳」では、第40回日本アカデミー賞の優秀助演賞を受賞しています。

竹原ピストル俳優でも活躍
出典:Twitter

松本人志さんが監督だった映画「さや侍」でも、出演&主題歌担当しているので、これは気になりますね~。
味わいのある演技、間違いなし♪

こんなに活躍していても、本人は至って謙虚。
やっぱり、彼のベースは、音楽なのです。
歌っているときが、一番「彼が彼らしく輝いている」ときなのかもしれませんね。
2018年春には、ニューアルバム「GOOD LUCK TRACK」発売。
このアルバムを引っ提げて、全国弾き語りツアーをするんですって。
これは、是非とも観たい~、聴きたい~!
スタートは、NHKホール。
計51本、47都道府県をまわるツアーで、竹原ピストルの魂の叫びを感じてみてください。

スポンサーリンク

竹原ピストルの素顔に迫る!

の素顔は、一児のパパ
お子さんは2011年12月28日生まれ。
ということは、竹原ピストルさんと誕生日1日違いじゃないですか!(12月28日)
息子もちろん奥さんもいるようです。

奥さんの情報はほとんどないですが、大学在学中からのお付き合いだったそう。
かなり、長いいお付き合いだったんですね~
歌も恋愛も、一途なところが、竹原ピストルさんなのです。

大学在学中はボクシング部だったこともあり、熱く、そして負けず嫌い。
涙もろい一面もあり、情に厚いところも魅力的です。

そして、シャイなところもあるようで。
紅白の審査員だった「吉岡里帆」さんは、ブレイクする前に、竹原ピストルさんの曲をいつも聞いて励まされていたんだとか。
特に、「東京一年生」は、聴くたびに当時のことを鮮明に思い出すそう。

竹原ピストルと吉岡里帆
出典:Twitter

それを本人に伝えると、顔が真っ赤になり、いつもの男気あふれる竹原ピストルさんが別人のように照れていたのが印象的でしたね。
でも、吉岡里帆さんが、もし社交辞令で言っていたらきっとあんなに照れなかったはず。
きっと、彼女の真摯なまなざしやまっすぐな言葉が心を打ったのでしょう。

一見こわそうな感じもするけれど、人懐っこい笑顔も魅力的。
最近、よく「ピーちゃん」と呼ばれるとのこと。
ピストルのピーちゃんっていうことはわかるけど、そんなに可愛い呼び名とは、意外!

知れば知るほど魅力的で、彼の歌声やメッセージにぐいぐい惹きこまれるファンは、確実に増えています。
彼の歌は、彼の魂そのものなんでしょうね、きっと。
こんな風に、自分の信じるものを大切に、まっすぐ突き進みたい。
それには、年齢なんて関係ない。
そう思わせてくれる、ミュージシャンなのです。

最後にまとめ

かがでしたか?
竹原ピストルさんについて簡単にまとめると

①ミュージシャンとしても俳優としても活躍。松本人志さんにも、その才能を買われている。
②謙虚でシャイなところもあるけど、ピーちゃんと呼ばれる一面も。
③一児の父で、奥さんとは学生時代からの付き合い。恋愛も歌も、一途。

といったところでしょうか。
ミュージシャンとしても、俳優としても今後の活躍から目が離せない竹原ピストルさん。
やっぱり彼の原点は、ライブ。
全国弾き語りツアーもあるし、ぜひ生で聴いてみてくださいね~。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. HARUHI 歌手
  2. 水森かおり wiki
  3. chay(永谷まい)
  4. 浜崎あゆみ
  5. amazarashi
  6. SEKAI NO OWARI
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。