広末涼子はアイドルから色気がある美しい女優へ!旦那は?結婚歴も

この記事は3分で読めます

マになった今でも変わらず、キレイな『広末涼子』さん。

今は女優として活躍していますが、デビュー時はアイドルだったんですよね。

そして、恋愛やら自由奔放なふるまいなど話題になりやすい人でもあります。

そんな彼女の軌跡や、旦那と結婚歴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

広末涼子のプロフィール

広末涼子
出典:https://dot.asahi.com/

名前:広末 涼子(ひろすえ りょうこ)
本名:廣末 涼子(ひろすえ りょうこ)
生年月日:1980年7月18日
出身地:高知県高知市
血液型:O型
身長:161cm
所属:フラーム

広末涼子のアイドル時代は?

末涼子さんといえば、クレアラシルのCMです。
第1回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを獲得し、14歳でデビュー
広末涼子 アイドル時代
出典:http://www.famousfix.com/
1997年には、「竹内まりや」プロデュースの「MajiでKoiする5秒前」歌手デビュー

「岡本真夜」プロデュースのセカンドシングル「大スキ!」も、オリコン1位大ヒット

この年に紅白歌合戦にも出演していましたね。
めちゃめちゃ可愛かったのを覚えています。
カジュアルなデニムが似合うのに、とってもキュートで。
男性はこんなコを彼女にしたい、お父さんはこんなコを娘にしたいと思ったのでは。

20歳のときも変わらず人気でしたが、実は芸能界引退を考えたことがあるそう。
いいコっていうイメージを勝手に植えつけられるのが、きっと窮屈だったんですね。
仕事を辞めたいと思い、ラーメンやビール、炭酸などで一生懸命太ったんだとか。
37キロから52キロまで増えたそうですが、元々が細いからこんなに太っても52キロなんですね。

広末涼子の女優時代は?

気な彼女にぴったりだっったのが、ドラマ「ビーチボーイズ」(1997)。
「反町隆史」さんや「竹野内豊」さんと、海を舞台にした青春モノで、当時大人気!
確か、広末涼子さんは、ボーイッシュな女子高生役だったような。
またショートカットの広末涼子さんにセーラー服が似合うんですよね~。
広末涼子 セーラー服
出典:http://barachan-s.chobi.net/
「聖者の行進」(1998)では孤独な少女・ありすを、「リップスティック」(1999)では服役中の少女・藍と、新たな役に挑みます。

2000年ぐらいから、徐々にラブストーリーも増えてきましたね。
「Summer Snow」(2000)・「元カレ」(2003)共に「堂本剛」さんと共演です。

映画「鉄道員」では、「高倉健」さんと共演したことでも話題になりました。
そして彼女の高い演技力が評価された作品が、「おくりびと」(2008)です。
納棺師という仕事をする夫(本木雅弘)に対して最初は抵抗があったけれど、次第に受け入れるようになったという難しい役どころです。
このほかにも、様々なドラマや映画、舞台に出演しています。

今は、ドラマ「奥様は、取り扱い注意」で、「綾瀬はるか」さん・「本田翼」さんと共演していますね。

綾瀬はるかさんの詳しい記事はこちら!
綾瀬はるかは天然でマイペースが魅力的!熱愛彼氏や結婚の噂も

さらに、10月21日公開の映画「ミックス」では、元ヤンキーでセレブ妻の卓球部員役を演じています。
年齢とともに、役柄にもがでてきていますよね。

スポンサーリンク

広末涼子の旦那や結婚歴も気になる!

は、なかなか波瀾万丈の人生なんです。
10代~20代の頃は、モデルの「伊勢谷友介」さんや俳優の「金子賢」さんとの交際が報じられたことも。

2003年には、モデルの「岡沢高宏」さんとできちゃった婚をしています。
出産・育休を経て、女優業に復帰して、2008年に離婚したものの、2010年10月には「キャンドル・ジュン」さんと結婚
広末涼子 キャンドル・ジュン
出典:https://www.nikkan-gendai.com/
彼は、キャンドルを使った有名な演出家です。
パリコレなどのファッションショーでの演出も行うほど。
震災には、復興支援のため被災地に出向いてキャンドルイベントを行うなど心優しい方のようです。

今は3児の母で、仕事との両立もさぞかし大変…と思いきや、彼女は楽になったそう。
もちろん自分の時間は限られるけど、だからこそメリハリができて、休日は家族との時間を大事にできるようになるとか。
楽しい時間を作るよう、心がけているそう。
ゲストを呼んでパーティーにすることで、気合も入るし楽しい時間になるとのこと。
歳を重ねることにも抗わず、とっても自然体
広末さんがいつもハッピーに見えるのは、ハッピーでいるためにいろんなことを心がけているから、こそ。

色々と奇行など噂になることもしばしばですが、彼女は、至ってニュートラルなのです。
人の目を気にしてどうこうとか、ないんですよね。
そういった噂もひょいひょい乗り越えていく軽やかさや強さを感じるのです。
彼女の中で変わらないものは、「求めるものに応えたい」という気持ち。
なんだか女優魂を感じませんか?
子どもの頃から、人を笑わせるのが好きだったそう。
そして、自分の仕事に誇りを持つためにも、もっと上達したいという向上心があるのです。

最後にまとめ

かがでしたか?
広末涼子さんについて簡単にまとめると

①クレアラシルのCMでデビューし、ファーストシングルは「MajiでKoiする5秒前」。
②映画「鉄道員」「おくりびと」などのほか、ドラマにも多数出演。現在は、ドラマ「奥様は、取り扱い注意」に出演中。
③3児の母で、限られた時間を大切にしながら楽しい時間を作るよう心がけている。

14歳でデビューしてから、23年。
なのに、ずっと変わらない透明感
楽しいことが大好きという広末涼子さんのように、自然体で歳を重ねていきたいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川栄李奈
  2. 木村多江
  3. 篠原涼子 wiki
  4. 長澤まさみ
  5. 佐々木希
  6. 祐真キキ wiki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ