川栄李奈の演技力に太鼓判!?魅力に迫る!AKB時代と卒業理由も

この記事は3分で読めます

やドラマに映画、CMに大人気の『川栄 李奈(かわえい りな)』さん。

川栄李奈 織姫

「au三太郎シリーズ」のCMでも、織姫役がぴったりですよね。

AKB48のときは、おバカキャラでしたが、女優になってからの活躍がスゴい!

衆議院議員総選挙のイメージキャラクターになり、知名度もさらにアップ!

そんな川栄李奈さんの演技は、太鼓判を押されるほどの実力との噂も!?

今回は、彼女の魅力に迫るべく、AKB時代と卒業理由も調べてみました。

スポンサーリンク

川栄李奈のプロフィール

川栄李奈
出典:https://mag.sendenkaigi.com/

名前:川栄 李奈(かわえい りな)
愛称:りっちゃん
生年月日:1995年2月12日
出身地:神奈川県
身長:152cm
血液型:O型
所属:エイベックス・マネジメント
活動:
2010年~2015年(AKB48)
2015年~(女優)

川栄李奈の演技力に太鼓判!?高い演技力に高評価!

は、皆さんもご存知の通り、女優として大活躍ですね~。
「この女優さん、いいなぁ」と思っていたら、実はAKB48の川栄李奈さんだったとわかったというファンも。
そのくらい、女優として上手いし、女優のイメージが定着しているんです。
川栄李奈 演技力
出典:https://www.pinterest.co.uk/

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」では、感情をあまり出さずしっかり者の「富江」を演じたかと思えば、ドラマ「僕たちがやりました」では、派手で掴みどころがない可愛い女子を演じています。
ここまでやっちゃっていいの?っていうくらい、大胆な演技も。

ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」では、平凡な既婚者女性を演じています。
平凡な役って、かえって難しいもの。
彼女はリアルに演じきったことで、演技力高く評価されたのです。

映画「デスノートLight up the NEW world」では、「さくら」という難役にチャレンジ。
ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」では友人を追い込む女子高生。
舞台「AZUMI幕末編」では、殺陣もマスター。
演出家も太鼓判を押すほどの実力なのです。

さらに映画「亜人」でも、テロリストから上司を守る役を演じ、キレキレアクションを披露しています。
求められるならどんな役でも挑戦していきたいという、川栄李奈さん。
いつも期待以上の演技をしてくれる彼女ですが、役を作りこむことはしないそう。

ファン曰く、どんな役にでもハマるんだとか。
何色にでも染まることができるんですね。
憧れの女優さんは、「満島ひかり」さんとのこと。
実際にお芝居を目の前で観たら、とても素敵だったそう。

満島ひかりさんの詳しい記事はこちら!
満島ひかりの演技に感動!元々はアイドル出身?性格や家族は

そして、「そのまま行けば絶対大丈夫」と力強い言葉も戴いたんだとか。
その言葉を胸に「どこでも輝ける女優になりたい」という川栄李奈さんは、とっても輝いてる!

スポンサーリンク

川栄李奈の魅力は?

川栄李奈の魅力
出典:https://dot.asahi.com/
れだけ人気があるのに、とっても謙虚なんですよね。
自分がそのうち消えるかもと危機感を持っているから、毎回全力で役に取り組めるんですって。

アイドルだったことに甘んじるのでなく、コツコツ努力できるタイプと共演者からも高評価なのです。

「引き立て役になるのが上手い」自己分析していますが、彼女の圧倒的な存在感は誰もが認めるもの。
ドラマや映画の主役が川栄李奈さんばかり、ということも近いうちに現実になるのではないでしょうか!

ルックスは小柄で可愛いイメージの川栄李奈さん。
ふわふわとした雰囲気もあるけれど、いったん役に入り込むと別人になり、観る人の心をぐいぐい惹きつける魅力があります。
きっと、今後もいろんな役に挑戦してくれるはず。
女優・川栄李奈さんの活躍をお見逃しなく!

川栄李奈のAKB時代と卒業理由は?

栄李奈さんは、AKB48第11期研究生オーディションに合格しました。
川栄李奈のAKB時代
出典:https://www.oricon.co.jp/

初の選抜メンバー入りしたのは、26thシングル「真夏のSounds good!」
2014年の選抜総選挙で16位になり、見事選抜入りしています。
神セブン入りすることはなかったといえど、彼女は独自キャラがあったので、ほかのコとは一線を画していた気がします。

でも、実は歌やダンスが苦手だったそう。
となると、さぞかしキツいですよね…。
さらに多忙なこともあり、気持ちに余裕を持てなくなってしまったことも。
改めて何がやりたいのか考えたら、芝居が好きということがはっきりしたそう。

そして、AKB48卒業を決めたとき、不安より楽しみの方が大きかったという川栄李奈さん。
AKB48に在籍していたのはわずか5年
卒業を惜しむ声も多かったけれど、芝居をやりたいと思ったからには、その道に突き進みたいと思ったんですね。
こうして、アイドルから女優転身したのです。

最後にまとめ

かがでしたか?
川栄李奈さんについて簡単にまとめると

①難しい役から、ごくごく普通の女性まで幅広い役を演じることができ、その演技力は演出家も太鼓判を押すほど。
②とても謙虚で、「引き立て役になるのが上手」と自己分析。コツコツと仕事に取り組む努力家としても知られている。
③AKB48のときは、おバカキャラが定着していたけど、歌や踊りが苦手だった。芝居をやりたくて卒業を決めた。

何色にでも染まることができる、川栄李奈さん。
憧れの女優・満島ひかりさんのように、ますます魅力的な女優になること間違いなし。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 南沢奈央 中学
  2. 吉川愛
  3. 広末涼子
  4. 中谷美紀 wiki
  5. 稲森いずみ wiki
  6. 高梨臨 wiki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ