松田聖子は永遠にアイドル!現在はジャズにも挑戦!?結婚歴と娘は?

この記事は3分で読めます

齢を感じさせず、今もなおアイドルとして圧倒的な存在感がある

『松田 聖子(まつだ せいこ)』さん。

55歳にして「聖子ちゃん」と呼ばれるのは、彼女ならではでしょう。

「赤いスイートピー」「Sweet Memories」「抱いて…」など、カラオケでも聖子ちゃんナンバーは大人気!

今年はジャズのアルバムを発売していますね。

プライベートでも、人生を謳歌してます。
なにかと話題が尽きないけど、イメージダウンにならないのが、彼女のスゴいところ。

松田聖子さんのスゴさに迫るべく、色々と調べてみました。

スポンサーリンク

松田聖子のプロフィール

松田聖子
出典:http://yukohonda.com/
名前:松田 聖子(まつだ せいこ)
生年月日:1962年3月10日
出身地:福岡県久留米市
身長:160cm
体重:42kg
血液型:A型
所属:feliva club

1978年に「ミス・セブンティーンコンテスト」九州地区大会で優勝したのですが、両親の反対で全国大会を辞退することに。
そのまま全国大会に進出したら、間違いなく聖子ちゃんが優勝だったでしょうね。
とはいえ、聖子ちゃんに目をつけない人がいないわけがありません。
スカウトしたプロデューサーがいたんですね。

親を説得し、ようやく上京し、堀越高校に転校できたのです。
そして、念願のアイドルデビューをはたしたんですね。

アイドル・松田聖子は今も大人気!

1980年に「裸足の季節」でデビューして以来、トップアイドルの、松田聖子さん。
80年代前半は、アイドル全盛期だったんですよね。
「青い珊瑚礁」大ヒットしてからは、聖子ちゃん人気が衰えることありません。
24曲連続でオリコンチャート1位だったことも。
作詞作曲を自分で手掛けた「あなたに逢いたくて~Missing You~」は、ミリオンセラーに。
紅白歌合戦の大トリでも、この曲を歌っていましたね。
聖子ちゃんカットする女子も、大流行しました。

聖子ちゃんカット
出典:https://ameblo.jp/

今でもディナーショーは、チケットをとるのが至難の業といわれるほどの人気ぶり。
トップアイドルとして君臨し続けています。
日本武道館公演は、これまでに100回以上
アメリカやアジアなど活躍の場を広げて、2017年「Daisy」はアルバム51作目。

なんというか、アイドルであり続けるって、パワーもかなり必要な気がするのです。
決して、楽ではないと思うんですよね。
ヒット曲がしばらくでないと、色々ささやかれたり、結婚・出産を経ても同じ路線でやっていくかとか、いろんな壁が立ちはだかるわけです。
そこで、ダメージをくらうアイドルもいる一方で、聖子ちゃんはそんな壁さえも、自分のバネにしちゃうんです。

スポンサーリンク

新境地・ジャズにも挑戦!?

3月にジャズアルバム「SEIKO JAZZ」を発表した、松田聖子さん。
50代も、攻めていきますね~。
このアルバムには、構想に6年もかけたというから、かなり気合が入っていることがわかります。
グラミー賞など多くの賞を受賞したアメリカのピアニスト・「デビット・マシューズ」など、名だたる豪華メンバーが勢揃い。

顔は可愛いけど歌はちょっと…というアイドルもいるけれど、彼女は歌で聴かせることができるアイドルです。
「SEIKO JAZZ」では、ジャズのスタンダードからボサノヴァまで様々楽しめるそう。

SEIKO JAZZ
出典:https://www.amazon.co.jp/

松田聖子さんは、一つのことを実現するためにはどんなアクションを起こしたらいいか、誰と関わるべきかといったプロモーション力が、バツグン

その甲斐あって、5月にアメリカで同アルバムをリリースしたら、全米ハイレゾ配信でジャズ部門2位という快挙を成し遂げたんです。
聖子ちゃん、おめでとう~!!
以前アメリカ進出したときは残念ながら大成功とはいえませんでしたが、今回は聖子ちゃんも満足の結果になったのではないでしょうか?
これを機に、ジャズの世界でも、どんどん活躍していきそうですね。

松田聖子の結婚歴と娘は?

愛でも、自分らしく自由奔放な松田聖子さん。
はじめに結婚したのが、『神田正輝』さん。
そして、神田さんとの間に、愛娘・『沙也加』さんが誕生します。

娘・神田沙也加
出典:http://livedoor.blogimg.jp/

神田正輝さんとは97年に離婚しています。
しかし!ママになっても離婚してもしばらくは大人しく…しないのが「松田聖子」なのです。
ママになった翌年には、約2年ぶりにシングル「Strawberry Time」を発表し、当時10歳の沙也加さんを両親に預けて、渡米しているんですよね。

なんと翌年には『波多野浩之』さんと再婚
でも波多野さんとはあまり長く続かなかったようです。
そして、2012年からは『河奈裕正』さんと再婚しています。

暴露本をだされたり、何回か離婚しても、彼女は動じることはありません。
常に、「松田聖子」なんです。
ぶれることがなく毅然としているんですよね。
だから、「さすが松田聖子だ」ということになるのです。
人にどう思われているかをまったく気にせず、自分がやりたいことを次々と実現していく、その逞しさ。
だから、聖子ちゃんはトップアイドルとして走り続けることができるのかもしれません。

最後にまとめ

かがでしたか?
松田聖子さんについて簡単にまとめると

①「裸足の季節」でデビューし、2曲目の「青い珊瑚礁」が大ヒット。その後、トップアイドルに。
②3月にはジャズアルバム「SEIKO JAZZ」を発売。
③神田正輝さんと結婚し、翌年には沙也加さんを出産。

きっと聖子ちゃんは、永遠にアイドル
そして、トップで輝き続け、みんなの憧れの存在なのです。
こんなふうに輝いてみたいっていう、究極の理想像なのかもしれません。
今後も、松田聖子さんの活躍を見逃せませんね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 瀬戸朝香
  2. 本田翼
  3. 石原さとみ wiki
  4. 広瀬すず
  5. 井上真央
  6. 前田敦子
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。