宮沢りえと森田剛が結婚!今までの活躍まとめ!母親は毒親だった!?

この記事は3分で読めます

2018年3月16日、またまたビッグカップルがゴールイン!

そう、『宮沢 りえ(みやざわ りえ)』さんと森田剛さんです。
ついに結婚しましたね!
おめでとうございます♪

子役時代からトップで活躍し続ける宮沢りえさんですが、年々キレイになってますよね~。
しかも、スタイルもバツグン!
あんなに魅力的な人をまわりの男性がほうっておくはずがありません。
熱愛報道も多く、恋多きオンナとしても有名だった宮沢りえさん。
今回の結婚に至るまでは、いかに?

そして、以前のことですが、彼女の母親は毒親と騒がれたことも。
週刊誌でも度々話題になっていますね。

何かと話題豊富な宮沢りえさんについて、気になることをまとめてみました。

スポンサーリンク

宮沢りえのプロフィール

宮沢りえ
出典:https://natalie.mu/
名前:宮沢 りえ(みやざわ りえ)
生年月日:1973年4月6日
出身地:東京都練馬区
身長:167cm
血液型:B型
所属:エムツー企画

ランダ人の父親と日本人の母親のもとに生まれたので、ハーフなんですね。

11歳でモデルデビューして、「週刊セブンティーン」の表紙モデルにもなっています。
CM「三井リハウス」の初代リハウスガールにも選ばれ、一気に注目度アップ!

ドラマデビューは、「追いかけたいの!」(1988)。
映画の初主演は、「ぼくらの七日間戦争」(1989)。
フレッシュな宮沢りえさんは、必見です!
もちろん、この後も皆さんご存知の通り実力派女優として活躍中!

宮沢りえと森田剛が結婚!

沢りえさんも、過去に色々ありました。
「貴乃花」親方との婚約破棄も、ありましたね。
元プロサーファーの日本人実業家との結婚・離婚も経験し、いっそう女としての深みを増してきた気がします。
大人の女らしい色気があるから、モテないわけがない~!

結婚発表したお相手の『森田剛』さんは39歳なので、5歳差なんですね。
明るみにでたのは、森田さんのファンクラブ会員への封書でわかったのですって。

宮沢りえと森田剛が結婚
出典:https://snjpn.net/

2016年の舞台「ビニールの城」での共演がきっかけけで、付き合うことになったそう。
沖縄旅行などスクープされたこともありましたが、交際は順調でした。

娘さんと2人で、家賃150万4LDKの超高級マンションに引っ越し、結婚は秒読み?と騒がれていたところ…今回の結婚なので、。
多くのファンも納得しているようです。

女手ひとつで娘を育ててきた宮沢りえさん。
娘さんも、森田剛さんを慕っているとのこと。
今度こそ、幸せになってほしいですね。
いつまでもお幸せに。

スポンサーリンク

宮沢りえの活躍まとめ

間を驚かせたのが、ヘアヌード写真集「Santa Fe」(サンタフェ)
当時、トップアイドルの彼女の一糸まとわぬ姿に見惚れてしまった人は多いのでは?
150万部のベストセラーになっています。

もちろん、女優としても大活躍。
「北の国から’95秘密」(1995)では、熱演。
複雑な恋愛模様を繰り広げる難しい役どころでしたが、見事に演じ切っていました。

宮沢りえ出演作「北の国から’95秘密」
出典:http://www.bsfuji.tv/

このドラマは、時代を超えて受け継がれる名作ですよね~。
彼女のすごいところは、年齢とともに役者としての魅力が増していくところ。

「山田洋次」監督の「たそがれ清兵衛」は、宮沢りえさんや「真田広之」さんはじめ、俳優の演技が素晴らしかったと大好評。
そして、彼女は着物が似合うんですよね、実に似合う!
美しさと可愛さを兼ね備えた女性の役を好演しています。

平凡な主婦が、巨額の横領事件を引き起こす「紙の月」も、宮沢りえさんにかかれば極上のサスペンスに。
映画「湯を沸かすほどの熱い愛」では、3度目の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しただけあって、役作りもハンパないものだったそう。

宮沢りえが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞
出典:https://www.pinterest.jp/

なんせ演じる役が余命2ヶ月あまりを宣告された母親というだけあって、健康的じゃいけないでしょと考えたのでしょう。
ストイックにダイエットし、頬がこけて目が落ちくぼむまで、バストもボリュームダウンするほどまでに。

そしてスクリーンだけでなく、舞台にも次々と挑戦している宮沢りえさん。
舞台は、撮り直しがきかない分、緊張感も増すし演技のごまかしもききません。
2018年1月から2月も、「近松心中物語」の舞台に出演していましたね。
「堤真一」さんと描き出す、男女の情念は圧巻でした。

一つひとつ実績を積み上げて、今や大女優。
50代・60代になっても、きっと女優として活躍していそう♪

宮沢りえの母親は毒親だった?

沢りえの母親・『光子』さんは、毒親だったとも言われていますが、その真相はいかに?

宮沢りえの母親は毒親
出典:http://itihaya-ibento.click/

光子さんがオランダ人の夫と離婚した後は、日本に帰国。
そして、娘の宮沢りえさんを売り出すことを考えるのです。
マネージャーを務めていたりえママは、娘を売り込むためなら手段を選びません
恋愛も、自分が選んだ相手と交際しなさいと口出しするほど。
ふんどしカレンダー、「篠山紀信」さんによる写真集発売など、常に娘が注目されるようプロデュース。

2014年に、母親の光子さんは65歳で、肝腫瘍のためこの世を旅立っています。
入院ではなく、自宅療養という選択をしたのも、光子さんらしいのかも。
一時期は確執もあったようですが、りえさんの妊娠などを機に、2人の関係も少しずつ変わったよう。
娘のことをなんでも決めてしまい、毒親と呼ばれるほどになりましたが、光子さんがいたからこそ、今の活躍に繋がっているのも確か。
もちろん宮沢りえさん本人に実力や魅力があるからの人気ですが、お母さんの力も大きかったはず。

最後にまとめ

かがでしたか?
宮沢りえさんについて簡単にまとめると

①「たそがれ清兵衛」「紙の月」「湯を沸かすほどの熱い愛」などをはじめ、実力派女優としてどんどん知名度アップ。
②森田剛さんと結婚は秒読みと騒がれていたが、ついに結婚。娘と超高級マンションに引っ越している。
③母親の光子さんは宮沢りえさんのマネージャーを務め、ふんどしカレンダーや篠山紀信さんによる写真集などもプロデュース。

10代の頃もフレッシュでキュートでしたが、40代の今も溢れんばかりの魅力がある宮沢りえさん。
それは、女優としても女性としても。
プライベートでも幸せいっぱいだから、きっと仕事にもいっそう精がでるはず。
今後の活躍も、期待しています!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 波瑠
  2. 石田 ひかり wiki
  3. 広末涼子
  4. 真木よう子 wiki
  5. 戸田菜穂 cm 
  6. 壇蜜
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。