山田哲人の魅力は?高校時代からWBCまでの成績と年俸が気になる

この記事は3分で読めます

上初の2年連続トリプルスリーを達成した選手といえば

『山田哲人(やまだてつと)』選手ですね!

そもそも「トリプルスリー」って何?と思ってる方もいると思います。

トリプルスリーとは、3割以上打率を残し30本以上のホームランを打ち、なおかつ盗塁を30回するというものです。

これを2年連続達成するって…凄すぎませんか!?

そんな山田選手ですが、WBCにも出場しており、野球を見ていなくても彼のことを知っている人は多いのではないでしょうか。

今回は、山田哲人選手の魅力を探るべく、高校時代からWBCまでの成績と年俸をまとめてみました。

スポンサーリンク

山田哲人のプロフィール

山田哲人
出典:http://number.bunshun.jp/

名前:山田 哲人(やまだ てつと)
出身地:兵庫県豊岡市
生年月日:1992年7月16日
身長:180cm
体重:76kg
所属球団:ヤクルトスワローズ(2011年~)
プロ入り:2010年 ドラフト1巡目
デビュー:2012年4月5日

クルトスワローズの主力選手として活躍する山田哲人選手。
今年はチームは最下位、自分自身の成績もふがいないものになってしまいました。
それでも20本以上のホームランを放ちパワーは健在です。
チームが2015年に優勝した時も大きく貢献。
「山田がいなければチームは優勝できなかった。」「真中監督」は言います。

そんな山田選手はセカンドを守ります。
山田選手はWBCの出場経験もあり、テレビで見たこともある人多いと思います。

あなたは覚えていますか?

2015年には「トリプルスリー」という単語で、ユーキャンの流行語大賞も受賞しいます。

山田哲人の魅力は?

攻守、三拍子揃った理想的な強打のセカンド

山田選手の魅力は打撃はもちろんすごいのですが、打撃に劣らず足も速いのです。
50メートルはなんと5.8秒、そして100メートルは11秒5俊足!
山田哲人の魅力
出典:http://www.sankei.com/

もともと盗塁はしないタイプだったが、コーチから盗塁もしてみてはどうだと言われたから盗塁もするようになったとか。
打撃に関しては今年は不振に終わりましたが、ホームランキング盗塁王同時にタイトルを獲得する実力の持ち主です。
ほかにも、100打点とトリプルスリーも2年連続で記録しています。
凄すぎて言葉を失うレベルです。
守備に関しては、広島の名手「菊池」選手には劣るものの最低限の守備力は備えています。
足が速いので守備範囲がとても広いのが特徴
広島の菊池選手がいるので、ゴールデングラブ賞を獲得することは厳しいですが、決して守備が下手というわけではありません。
小柄な体でバッテイングもこなし足も速く、守備も上手い、それが山田選手の魅力ではないでしょうか。

スポンサーリンク

山田哲人の高校時代からWBCまでの成績

んな山田選手は、高校時代からこれまでどんな成績を残してきたか気になりませんか?
山田哲人の高校時代
出典:https://news.goo.ne.jp/
山田選手の出身高校は強豪『履正社高校』
履正社高校は有名なので知ってる人も多いと思います。
例えば今年のドラフト候補では安田選手がいますね。

1年の夏からベンチ入りし、2年生の秋には遊撃手として活躍。
3年の春はチームの主力として活躍し、大阪大会で優勝、兵庫大会では準優勝しました。
3年の夏では、履正社高校の夏初勝利に貢献しました。

すごいですね~!

その後はヤクルトからドラフト指名を受け、プロ入りすることになりました。
それから7年後。プロでも成績を残した山田選手は、日本代表選手に選出。
そして東京ドームで行われた第1戦ラウンドキューバ戦ではホームラン性の当たりを放つも観客にボールを取られてしまいツーベースになってしました。
しかし第2ラウンドのキューバ戦では史上8人目となる先頭打者ホームラン!
さらにもう1本のホームランを打ち、WBCという舞台で1試合でホームランを2本!
次の国際試合、WBCでも山田選手の活躍に期待ですね!

山田哲人の年俸は?

クルトの主力として活躍する山田選手ですが、一体いくら年俸をもらっているか気になりませんか?
山田哲人の年俸
出典:http://naruheso-news.com/
現在の山田選手の年俸は3億5000万円です。
まだ25歳ですから、20代で3億円以上ももらってると考えると、とんでもないですね!
羨ましい~。

現在はメジャーで活躍中の昔ヤクルトにいた「青木選手」を知っていますか?
今、山田選手がつけている背番号1番は、もともと青木選手もつけていた背番号なんですよ。
そんな青木選手のヤクルト時代の最高年俸は3億3000万円
山田選手と同じくらいもらっていますね。

山田選手は現在プロ6年目ですが、青木選手がプロ6年目にもらっていた金額は2億6000万円と約1億円近い差がありますね。
まだ20代ですからこれからも年俸も上がっていくでしょう。
ただ、チームの成績が良くないことや、ヤクルトは決して財政が豊かな球団ではありません。
これからどれくらいヤクルトが山田選手に年俸を払うのか…
気になるところですね!

最後にまとめ

かがでしたか?
山田哲人選手について簡単にまとめると

①2年連続トリプルスリーを達成。ほかにも打点王と盗塁王を同時受賞。
②山田選手の魅力は小柄な体でバッテイングもこなし足も速く、守備もそこそこ上手いこと。
③高校時代は強豪履正社高校出身。WBCでは先頭打者ホームランを打つ大活躍。その試合ではもう1本ホームランを打ち1試合2本のホームランを打った。
④現在の年俸は3億5000万円。年齢的に今後も上がるでしょう。

山田哲人選手はこれからもヤクルトの主力としてだけではなく、日本代表の主力として必要とされる選手です。
これからどんな野球人生を歩んでいくのか、ファンとしてはとても楽しみです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アレックス・ラミレス
  2. 菅野智之 wiki
  3. 杉内俊哉
  4. 大引啓次
  5. 荒木雅博
  6. 高橋由伸監督
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ