則本昴大の腕時計がすごい!成績や年俸が気になる!球種や球速も

この記事は4分で読めます

「田中将大」選手がメジャーへ移籍したあとの楽天のエースといえば

『則本 昴大(のりもと たかひろ)』選手ですね!

平成のドクターKといえば、彼の右に出るものはいないと言えるでしょう。

奪三振記録が素晴らしいですよね。

打たせて取るピッチングだと1球でアウトとれることもありますが、三振だと最低3球は必要なので球数が多くなりそうです。
しかし、則本選手は投手分業制の現代でも、完投が多いイメージがありますね。
どのような球種、球速で三振を次々に奪っていくのでしょうか?

そんな則本選手ですが腕時計にこだわりがあるようですごい時計を持っているとか。
プロ野球選手のすごい時計、気になりますね~!

さらに今回は、則本選手の成績や年俸も合わせて調べてみました。

スポンサーリンク

則本昴大のプロフィール

則本昂大
出典:https://www.rakuteneagles.jp/

名前:則本 昂大(のりもと たかひろ)
出身地:滋賀県犬上郡多賀町
生年月日:1990年12月17日
身長:178cm
体重:82kg
プロ入り:2012年ドラフト2位
デビュー:2013年3月29日

学生から多賀少年野球クラブで野球をはじめ、5年生でエースになります。
キャプテンをしてる時に近畿ろうきん杯学童軟式野球大会で優勝しています。

また、水泳もやっていたそうでこれにより強い体が作られたとのこと。
全然別の競技ですが、スピードスケートの「高木美帆」選手もスケートに専念する前にサッカーとヒップホップダンスをしていてそれがスケートに役立っているそうです。
小さいうちは、複数のスポーツの経験も無駄にはならないんですね。

高校は滋賀県立八幡商業高校に進学し、2年生からエースになるも甲子園に出ることはなく三重中京大学に進学します。
大学4年時、全日本大学野球選手権で10回を投げ20奪三振を記録し、大学通算成績は何と33勝0敗、防御率0.56という驚異的な成績を残します!

2012年ドラフト会議で楽天から2位指名を受けました。
これでどうしてドラフト1位じゃなかったんだろうって思いませんか?
2012年のドラフトは、大学No.1投手と言われた「東浜巨」選手や、春夏連覇した大阪桐蔭のエース「藤波晋太郎」投手が目玉とされていて、「大谷翔平」選手もいたんですよね。
彼らは、それぞれ大学や高校の代表選手に選ばれていたものの、則本選手は残念ながら代表歴がなかったからと、地方のリーグ戦での成績だからかもしれません。

則本昴大の腕時計がすごい!

ロ野球選手は愛車がかなり話題になりますが、腕時計もすごいものをお持ちの方が多いって知ってましたか?

則本選手も例外ではなく、ウブロスピリットビックバンという腕時計を愛用しています。
則本昴大 腕時計
この腕時計のお値段が何と480万円!!
ひやぁ~。
則本選手の愛車ダッジ チャージャーが600万~という金額なので、車とさして変わらないものを腕に巻いてるってことになりますよね(笑)
一般庶民の感覚だと480万あったら手ごろな国産の新車2台くらい買えそう・・・。
やはりプロ野球選手はがありますね!

ちなみにこのウブロ、近年はスポーツとの絆を深めておりアンバサダーには「ウサイン・ボルト」、サッカーの「ペレ」など世界の超一流がそろっているんです。
プロ野球選手でも則本選手以外にウブロ愛用者は多数いて、「田中将大」選手や「坂本勇人」選手、「黒田博樹」氏や「金本知憲」監督など年代問わず愛されている模様。

ロレックスやカルティエが人気かと思いきやそうでもないのでしょうか?
調べてみたら西武の「秋山翔吾」選手がロレックス、西武の「森友哉」選手がカルティエを愛用しているようですがウブロが大人気のようでした。
また、則本選手はテレビ番組出演時にウブロではなく、ジェイコブデジタル 5タイムゾーン ゴーストという腕時計をしていたようです。
こちらが普段使い用なのかな?と思いましたがこれも安くても50万はする代物。
きっと他にもたくさん持っているんでしょうね。

スポンサーリンク

則本昴大の成績や年俸は?

本選手は2012年に楽天からドラフト2位指名を受け、契約金7000万、年俸1200万で契約します。
則本昴大の成績と年俸
出典:http://sport-no1news.blog.so-net.ne.jp/
新人選手では一軍キャンプに参加し、「田中将大」投手のWBCの疲労や則本選手のオープン戦の成績により何と新人選手で開幕投手を務めることに!
両リーグで見ても実に29年ぶりの快挙だそうです。
残念ながら開幕戦は敗戦投手になってしまいましたが、2度目の登板でパリーグの新人選手初勝利を手にします。
その後もローテーションに定着しペナントレースでは15勝8敗という新人とは思えないほど素晴らしい成績を残し、クライマックスシリーズや日本シリーズでも先発しています。

そして「田中将大」選手以来の楽天からの新人王に輝きます!
これは新人王として文句なしの成績どころか、エース級の活躍と言えるでしょう。
この年は「田中将大」選手が24勝0敗と前人未到な成績だったので、則本選手の成績でも目立たなかったのがもったいないですね。
その後も2017年現在まで二桁勝利が続き、2014年から4年連続最多奪三振記録を持ち、2013年から2016年まで4年連続開幕投手を務めるなどすごい成績を残し続けています!
最多奪三振記録は則本選手が記録更新するまでは、あの「野茂英雄」氏が3年連続最多奪三振の記録を保持していました。
野茂英雄氏の記録を塗り替えるって、すごい!

そして、2017年にNPB記録の8試合連続二桁奪三振を記録しています。
奪三振関連の記録だけでどれだけ保持しているんでしょうか。

その則本選手の奪三振ですが、年々増えていってるってあなたはご存知でしたか?
2013年からの奪三振は134→204→215→216→222となっていまして2017年が最多なんです!
この流れからいくと来年はさらに増えるかもって期待してしまいますね。
これだけ活躍していると年俸はどんどん上がっていて、2013年から1200万→6000万→1.2億→1.5億→2億と1度も下がっていません!
しかも2年目オフに複数年契約の打診をされていますが、則本選手は「まだ2年目だから1年1年勝負したい」と辞退しています。
現在は、2017年から3年契約を結んでいます。

則本昴大の球種や球速について

則本選手の球種や球速
出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/
成のドクターKと言われる則本選手の三振を取る武器である投球についてですね。
ストレート平均球速が148km/h、最速が何と158km/h!
近い将来「大谷翔平」選手に続く160km/h投手になれるんじゃないかと期待が膨らむのは私だけでしょうか?

変化球フォーシーム、スライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップを投げ分けます。
フォーシームの平均球速は149km/h、スライダーは134km/h、フォークは139km/hです。
フォークの方がスライダーより速いんですね。
この中で特筆すべきな球種がスライダーとフォークで、「七色のスライダー」と称されるほど、状況に応じて投げ分けることができるそうです。
それができるのは驚異的な手首の柔らかさにあり、内側に曲げると親指が、外側に曲げると中指が手首に届くほどの柔らかさなんです!
そんな選手他にいないんじゃないでしょうか?
フォークは「斉藤隆」氏からの直伝のものだそうで、バッター付近で鋭く落ちる球になっています。
打者にとって対応が難しいフォークボールで、これらを組み合わせてガンガン三振をとっていっています。
ただ、則本選手は周りほど三振にこだわりがあるわけではないようで「三振はとれるにこしたことはないけどチームの勝利が優先」というのスタンスのようですね。
チームの為に頑張って記録がついてくるならそれはそれでいいと思います。

最後にまとめ

かがでしたか?
則本選手について簡単にまとめると

①則本選手は大学時代に才能が開花し大学通算成績が33勝0敗、防御率0.56!この成績を評価され楽天でドラフト2位指名を受け入団。
②愛用の腕時計はウブロのスピリットビックバンでお値段480万!ウブロは多くのプロ野球選手に愛される腕時計のメーカーの模様。
③2013年から5年連続二桁勝利、2014年から4年連続最多奪三振、2013年から4年連続開幕投手、2017年NPB記録の8試合連続二桁奪三振を記録現在の年俸は2017年から3年契約の2億円。
④ストレートの最速は158km/h、変化球はフォーシーム、スライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップを投げ分け、フォークは斉藤隆氏直伝!

といったところでしょうか。
様々な奪三振記録を持つ楽天の大エース、どこまでスゴイ記録を更新していくのでしょうか?
今後も則本選手の活躍から目が離せそうにありません。
来年はどんな奪三振記録を更新するのか今から楽しみです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 澤村拓一
  2. 柳田悠岐
  3. 炭谷銀仁朗
  4. 内海哲也
  5. 大瀬良大地
  6. 高橋由伸監督
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ