高橋由伸は監督としても天才?現役時代の成績は?年俸も知りたい

この記事は3分で読めます

在の巨人の監督は、誰か知っていますか?

球界を代表するチームですから、知ってる人は多いと思います。

巨人OB『高橋由伸(たかはし よしのぶ)』監督ですね。

あなたは知っていましたか?

巨人と言えば「球界の盟主」「常勝軍団」「日本球界を代表するチーム」「強い」などのイメージがありますよね。
しかし、2013年の日本シリーズで「田中将大」選手率いる楽天に負けたのをターニングポイントに、どんどん衰退していきました。

そして今年は、まさかのBクラス

現在、低迷する巨人を率いる「高橋由伸」監督について、監督時代と現役時代についてまとめてみました。

スポンサーリンク

高橋由伸のプロフィール

高橋由伸
出典:http://number.bunshun.jp/

名前:高橋 由伸(たかはし よしのぶ)
生年月日:1975年4月3日
身長:180cm
体重:87kg
所属球団:読売ジャイアンツ(1998~2015)
2016年から読売ジャイアンツの監督に就任
プロ入り:1997年ドラフト1位逆指名
初出場:1998年4月3日

在は巨人の監督として活躍中の「高橋由伸」監督。
由伸監督は現役時代は「天才」と呼ばれ、巨人で活躍しました。
そんな由伸監督は、巨人の生え抜き選手。強い時の巨人を知っています。
※生え抜きとはプロ入りしてからその球団に所属していることを言います。
由伸監督のプロ入り時は9球団で争奪戦になりました。
そして最終的には、由伸監督が巨人を逆指名することに。
※現在逆指名制度は廃止
ドラフト時だけでも、選手としても由伸監督は野球界を盛り上げます。
ルーキーとして開幕スタメンを勝ち取り、早速プロ初安打を記録。
さらにはオールスターに出場しゴールデングラブ賞も獲得!
そんな由伸監督は監督としても野球界を盛り上げることはできるのでしょうか?

高橋由伸は監督としても天才?低迷する巨人を救えるか

年はBクラスに転落と低迷する巨人。
そんな巨人を、由伸監督は救うことはできるのでしょうか?
まず監督就任となったきっかけは、2015年のCSで巨人は敗退してしまいます。
その責任取って当時の監督「原辰徳」監督が勇退。
その後任として、打撃コーチ兼選手だった由伸選手が監督として就任しました。
しかし、このとき由伸選手は来年も選手としてシーズンを迎えるつもりだったそうです。

当時の巨人は「賭博問題」が浮上し、非難が集中していた時。
成績も低迷、賭博問題でチームが非難を受け、さらに由伸選手は現役としてまだまだ健在
それなのに由伸選手は監督を引き受けることになりました。
きっと大変だった思います。
高橋由伸 監督就任

では、由伸巨人成績を見ていきましょう。
監督1年目はチームは2位でした。
CSには出場するものの、CS初出場の横浜DeNAベイスターズと3戦目で延長戦にもつれる熱戦を繰り広げるも敗退しました。
監督2年目は、一時期チームは3位に浮上するも再び横浜DeNAベイスターズ。
残念ながらAクラス争いに負け、Bクラスに。
高橋由伸は果たして監督としても天才なのか?

スポンサーリンク

高橋由伸の現役時代の成績がすごい!

役時代は天才と言われた、由伸選手。
やっぱり現役時代の成績はすごいものです。
打撃タイトルは獲得することはありませんでしたが、通算安打は1753本
さらに通算本塁打は300本越えの321本!
高橋由伸の現役時代
出典:http://sports-hotnews.blog.jp/

参考に、現在広島カープで現役の「新井貴浩」選手の2017年シーズン終了時の通算本塁打は315本です。
通算打点は986打点です。あと少しで1000打点。
今でも現役を続けていたら、300本1000打点を達成できたかもしれませんね。
由伸選手は打撃だけが魅力ではありません。
由伸選手は守備も上手で、魅力の一つは強肩!
例えばルーキーイヤーでは、12捕殺とセ・リーグ最多の数字を記録しました。

当時の原監督からは怪我に気を付けてほしいということで、守備で魅せることは少なく感じことは多いかもしれませんが、由伸選手は実は守備も上手いんですよ!
その証拠に現役時代はゴールデングラブ賞7回も受賞!
それもなんとルーキーイヤーから6年連続で獲得しました。
そんな活躍は国内だけにはとどまらず、アテネオリンピックでは本戦で3本のホームランを打つ活躍をしました。
そんな由伸選手は、まさに「天才」でした。

高橋由伸の現役時代の年俸は?

こまでの成績を残してきた由伸選手。
現役時代の年俸は、いったいいくらのだったのでしょうか。
「天才」と呼ばれた由伸選手の現役最高年俸3億5000万円

すごいですね!

2008年には、4年16億大型契約を巨人と契約しました。
ちなみに参考ですが、日本の四番「筒香嘉智」選手の現在の年俸は3億円です。

プロ入り3年目でなんと由伸選手は1億円プレイヤーになりました。
チームにとって必要とされている証拠ですね。
由伸選手の引退時の2015年の年俸は1億5000万円
プロ入3年目の2000年から1億プレイヤーでしたので15年間連続で1億円プレイヤーだったんですね。

ここで、今の巨人にこの由伸選手の年俸を超えられるか見てみましょう。
例えば今巨人の若手に「岡本和真」選手という期待の外野手がいますね。
岡本選手の入団時の年俸は1200万円。一方、由伸選手は1300万円
ルーキーイヤーの時の差はほとんどありませんね。
今年は「村田修一」選手が巨人を戦力外になりました。
なので出場機会は増えるはずです。
果たして「岡本和真」選手は由伸監督の年俸を超えられるか。
逆に言うと、由伸監督が自分の年俸を超える選手を育成できるか楽しみなところですね。

最後にまとめ

かがでしょうか?
高橋由伸監督について簡単にまとめると

①現役時代は巨人を逆指名して入団した生え抜き選手。現在巨人の監督に。
②原監督の後任として巨人の監督に就任。今年は横浜DeNAベイスターズとAクラス争いに負けクライマックスシリーズ出場ならず。
③高橋由伸選手は入団から天才として期待される。ルーキーイヤーから大活躍。
④現役最高年俸は3億5000万円。由伸を超える期待の若手に岡本和真選手。

由伸監督は選手時代から巨人を支えてきましたが、監督としても巨人を支えることはできるでしょうか。
今後の監督としての活躍に期待です!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 新井貴浩
  2. 澤村拓一
  3. 筒香嘉智
  4. 内海哲也
  5. バレンティン
  6. 赤松真人
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ