数年前に黄金期だった中日が暗黒期!?現在の状況と復活の鍵は?

この記事は4分で読めます

2017年シーズン中日の順位は5位。
これで5年連続Bクラスということになりました。

10年前は「落合」監督率いる中日ドラゴンズは全盛期真っ盛り。
2006年には、史上最強のチームと落合監督からも言われていました。
それから約10年がたち、中日は夢の黄金期から一転、暗黒期真っ只中

2016年は、中日ドラゴンズ80周年を迎えるも、まさかの“80周年で80敗”というリーグ最下位に…。

中日ドラゴンズ80周年
出典:http://dragons.jp/

2016年までは「谷繁監督」が指揮をとっていましたが、2017年から「森監督」が中日の指揮をとっています。

中日は再び黄金期を迎えることはできるのでしょうか・・・

スポンサーリンク

暗黒期を迎えた中日ドラゴンズ。現在の状況は?

2017年、最下位から脱出した中日ドラゴンズ。
しかし喜んではいられません。
投手、野手ともにレベルは低く、とても見てられるものではありません。

チームの最後の二桁勝利を達成した投手は、2015年の「大野」選手の11勝と「若松」選手の11勝。
それ以降二桁勝利を達成した投手は、なんとゼロ人…。

2016年は大野選手、若松選手がともに7勝。
2017年は「又吉」選手の8勝。
現在エース不在の中日ドラゴンズ。エースの君臨が待たれます。

一方野手はどうかというと「大島」選手が、毎年安定した打率を残しセンターの絶対的レギュラーとして1番を打っていますが、今年ホームラン王に輝いた「ゲレーロ」選手は退団が決定。
最後に20本以上ホームランを打った日本人選手を探してみると…
2010年までさかのぼり、「和田」選手と「森野」選手のふたりだけです。
このふたりはもう引退しています。

2016年に20本以上のホームランを打った「ビシエド」選手も、今年は怪我もあり20本に届かず。
エースもおらず、主砲もおらず。
中日の現状は最悪です。

中日ドラゴンズ復活の鍵!期待の若手選手を紹介

こまでひどい現状の球団ですが、期待できる若手選手もいます。
その期待の星である若手選手3名を紹介していきます!

竜のエースになれるか!ドラ1鈴木翔太!

鈴木翔太
出典:https://timely-web.jp/
名前:鈴木 翔太(すずき しょうた)
出身地:静岡県北区
生年月日:1995年6月16日
身長:183cm
体重:74kg
プロ入り:2013年 ドラフト1位
所属球団:中日ドラゴンズ (2014 – )
デビュー:2014年6月17日

木選手は、2013年のドラフトで1位指名を受け入団。
聖隷クリストファー高校という静岡県の高校出身の高卒選手。
しかしなかなか結果が出ず、2016年は怪我もあり良い成績を残すことができません。

鈴木選手に芽が出たのは2016年の毎年シーズン後に台湾で行われるウィンターリーグ(期待の若手選手を世界中から集めて行われ大会)でした。
鈴木選手はそのウィンターリーグで5試合に登板すると、18個の三振を奪う活躍!
さらには決勝戦にも投げ、見事好投します。
そして2017年の5月9日の横浜戦に登板。
6回9奪三振の好投!1軍初勝利をゲットします。
2017年は12試合に先発し、5勝を挙げる活躍!
地元浜松球場でも見事勝利投手に輝きました。
2018年は二桁勝利が目標。
中日ドラゴンズのエースになれるか!

鈴木翔太選手をもっと詳しく知りたい方はこちら!
鈴木翔太がついに1軍定着か!?これまでの成績や評価が気になる!
スポンサーリンク

中日のショートは新人王・京田陽太!

京田陽太
出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/
名前:京田 陽太(きょうだ ようた)
出身地:石川県能美市
生年月日:1994年4月20日
身長:182cm
体重:80kg
プロ入り:2016年 ドラフト2位
所属球団:中日ドラゴンズ (2017 – )
デビュー:2017年3月31日

に紹介する選手は、2017年新人王を獲得した京田選手です。
京田選手は、2016年のドラフト2位で入団。
大学4年生の時には、大学チームの日本代表にも選ばれる実力の持ち主です。
京田選手は2017年141試合に出場。
主にショートを守り、149本のヒットを打ちました。
これはルーキーとしてはあの「長嶋茂雄」氏に次いで歴代2位の記録です!

さらに京田選手はもあります。
2017年の盗塁数はなんと23個!そして今年は新人王を獲得。
守備も上手いので走攻守バランスがありますね。
中日の黄金期のショートといえば「井端」選手ですが京田選手は井端選手のような選手になれるでしょうか。

京田陽太選手をもっと詳しく知りたい方はこちら!
京田陽太が新人王を獲得!侍ジャパンでの活躍は?憧れは鳥谷敬!?

ついに和製大砲誕生か!中日の4番になれるか福田永将

福田永将
出典:Twitter
名前:福田 永将(ふくだ のぶまさ)
出身地:神奈川県横浜市青葉区
生年月日:1988年7月23日
身長:181cm
体重:80kg
プロ入り:2006年 高校生ドラフト3巡目
所属球団:中日ドラゴンズ (2007 – )
デビュー:2009年7月7日

に紹介する若手選手は、福田選手です。
福田選手は現在29歳。
若手というには厳しい年齢ですが、それでも今回名前を挙げました。
福田選手は2006年の高校生ドラフトで3位指名で入団。
(※高校生ドラフトとは2005年から行われた高校生限定のドラフト。現在は行われていない。)
その後2009年まで出番がありませんでした。

福田選手は、なんとプロ初打席でプロ初ホームラン!
しかし、その後は1軍に定着することができません。
そして2016年、ついに二桁ホームランを達成!
2017年は98試合に出場し、18本のホームランを打つ活躍!20本まであと2本というところでした。
2017年は打率、ホームラン、打点ともにキャリアハイ。

福田選手はファースト、サード、レフトと守ることができゲレーロ選手の後釜として期待もできます。
ファーストにはきっとビシエド選手がレギュラーとして活躍するので、2018年はサードかレフトで出場することになるでしょう。
2017年はクリーンナップを担った福田選手。
2018年の目標は20本ホームランを打つことです。

福田永将選手をもっと詳しく知りたい方はこちら!
福田永将が覚醒と話題に!高校時代からの成績とこれからの活躍に迫る!

最後にまとめ

かがでしたか?
中日ドラゴンズの現状と、これから復活の鍵となる選手を簡単にまとめると

①中日ドラゴンズの現状は最悪。投手は2015年から二桁投手を達成した選手はゼロ人。野手は大島選手を除いて戦える選手はおらず。ゲレーロ選手の退団は確定し主砲もおらず。エースもおらず。
②鈴木翔太選手は2013年ドラフト1位で入団。2016年のウィンターリーグから芽が出た。エース不在のチームを救えるか。
③京田陽太選手は2016年ドラフト2位で入団。2017年の新人王。攻守走ともにバランスのある選手。黄金期を支えた井端選手のようになれるか。
④福田永将選手は2006年の高校生ドラフト3位で入団。なかなか1軍に定着することができなかったが、2017年は18本のホームランを打つ。ゲレーロ選手の穴を埋められるか。

といったところでしょうか。
中日の2017年の順位は5位。
現状エースも4番もいませんが、紹介した期待の選手たちがきっとこれからの中日を担ってくれることでしょう!
そして、中日ドラゴンズの復活&快進撃を見てみたいですね!
応援しています!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 野上亮磨
  2. 城所龍磨
  3. 宮本慎也
  4. 山井大介
  5. 倉本寿彦
  6. 中畑清
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。