梵英心と寺の関係とは!?移籍先が気になる!妻や兄弟についても

この記事は4分で読めます

2017年、現在2年連続リーグ優勝をしているカープですが、少し前まではBクラスの常連で長い低迷期でしたね。

そんな低迷期を支えたカープの遊撃手と言えば

『梵 英心(そよぎ えいしん)』選手ですね。

今はベテランと言われる年齢になり、「田中広輔」選手の前に正遊撃手を務めていました。
また、2013年から2015年まで選手会長にも就任していました。
非常に珍しい名字でその珍しい名字と関連があるのか、梵選手と共に検索されている上位キーワードに「寺」とあります。
梵選手とって何か関係あるのでしょうか?

また、2017年出場機会を求めて自分から自由契約の道を選びましたが、その後移籍はどうなったのでしょうか?
梵選手の妻や兄弟についても合わせて調べてみました。

スポンサーリンク

梵英心のプロフィール

梵英心
出典:http://akinomono.jp/
名前:梵 英心(そよぎ えいしん)
出身地:広島県三次市
生年月日:1980年10月11日
身長:173cm
体重:76kg
プロ入り:2005年大学生・社会人ドラフト3巡目
デビュー:2006年3月31日

ープの同僚であった「永川勝浩」選手とは幼なじみの関係で、少年野球を一緒にやっていました。
高校時代、大学時代共に永川勝浩選手と対戦経験があり、高校時代は3打数3安打と梵選手に軍配が上がります。
しかし大学時代は、梵選手は無安打で永川勝浩選手の圧勝となりました。

高校は地元の県立である三次高校に進み、県大会ベスト16までは進みましたが、それ以降は経験がありません。
大学は駒澤大学に進学し2年秋からレギュラーに定着します。
大学卒業後社会人野球の日産自動車に入社し、ここで才能が開花しました。
都市対抗野球大会で遊撃手としてチームの準優勝に大きく貢献し、首位打者久慈賞を獲得しました。
さらにその年の社会人野球のベストナインに選ばれたんです。
意外にもプロ入りまでは、結構苦労人だったんですね。
この年の活躍が評価され、大学・社会人ドラフトでカープより3巡目指名を受け、入団することになりました。

梵英心と寺の関係って?

選手で検索すると上位キーワードに出てくる「寺」というもの。
これは梵選手の実家が関係してきます。
実は梵選手の実家は江戸時代から続く浄土真宗本願寺派専法寺なんです。

梵英心の実家「浄土真宗本願寺派専法寺」

父が住職、兄が副住職を務めており、2人の名前に梵選手同様「英」の字が入っています。
確かに英心って名前、お坊さんにいても違和感ないかもしれませんね。
「梵」という名字もやはり寺に関係がありました。
仏教用語に由来し、真宗のお坊さんが明治時代にになって名字を名乗る際に命名した奇姓の1つだとか。
由来は梵選手の父の解釈では「凡を風にとらえ、林に風が吹いてそよぐとしたのでは。」とのことです。

この名字は何と日本にわずか10名ほどしかいないそうです!
それってつまり梵選手の家族くらいしかいないんじゃないでしょうか?
本人も「親類以外で同じ名字に合ったことない」と言っていました。
ここからは想像が多分に入りますが、梵選手が駒澤大学に進学したのも実家との絡みがあるのかなと思います。
駒澤大学と言えば仏教学部が有名で、多くの寺の跡取りが入学してくるそうです。
細かく分類すると駒澤大学は曹洞宗の大学ですが、東都リーグでプレイできることと、曹洞宗、臨済宗以外の仏教が学べる仏教学科があることが決め手だったのかもしれません。
梵選手の出身学部を調べてみましたが公表されていないのであくまで私の勝手な想像です。

スポンサーリンク

梵英心の移籍先は?

選手は球団と話し合いを重ね、現役続行を強く希望し球団はそれを尊重する為に自由契約の手続きをとりました。
具体的には書いていませんが、球団は引退を勧めるとかコーチ就任を打診したということなんでしょうか。

2017年シーズンは初めて1軍出場なしに終わってしまったので、何より出場機会を求めて退団の道を選んだのでしょうね。
カープ以外のユニフォームを着ている姿を想像できないのは私だけでしょうか?
しかし、現在の正遊撃手である「田中広輔」選手からポジションを奪うのも困難でしょうね。

気になる移籍先ですが、2017年11月現在まだどこからもオファーはないようです。

梵英心の移籍先
出典:Twitter

カープやベイスターズが生え抜きの若手を育成しチームとして強くなった影響か、どの球団も世代交代を意識しているんですよね。
ベテランにとっては受難の時代になったなと思います。
ただ、正直スタメンは若手でベテランが脇を固めるって形でチームが機能している方が、見てる方も面白いんですよね。
ベテランが全試合スタメン出場しても、どんどん衰えているところをが目に入ってしまうというか。
戦力外通告を受けたジャイアンツの「村田修一」選手や、ホークスの「鶴岡慎也」選手も未だにオファーがないようですし、FAや外国人補強が落ち着かないとベテランの獲得を検討しないのかもしれません。
何とか次の球団が決まって1000本安打を達成してほしいですね。

梵英心の妻や兄弟が気になる!

選手の家族ですが、プロ入り直前に7歳年上の一般女性と結婚しています。
奥様の名前は『佐智子』さんといい、日産自動車の社員で企業スポーツを担当していたとか。
具体的には野球部のホームページの作成、マネージャー業務などをしていたようですね。
つまり社会人野球時代の梵選手にとって非常に近しい女性だったのでしょう。
ドラフト指名されたことにより結婚を決意しプロポーズ、入団会見で結婚を発表しているんです!

梵英心の妻・佐智子
出典:http://arm-pit.net/

ベイスターズの「戸柱恭孝」選手も似たような感じで結婚を発表していましたが、大学、社会人を経由してるとあまり珍しいことではないのかもしれませんね。

でも晩婚化のすすむ日本で、24歳男性が結婚を決意するってそう多くない気がします。すごいですね。
子供は2006年に産まれた長男がいるようです。

実家サイドは兄弟に兄と姉がいます。
は先ほど触れたように、実家の寺の副住職を務めている『梵大英』さんで、は結婚して名字が変わっているようですが『晶子』さんという名前だそうです。

梵英心の兄・梵大英
出典:http://akinomono.jp/

姉の名前を見て何となく「与謝野晶子」さんを連想してしまったのですが、おそらく寺とは関係ないかと思います。
産まれた時点で、僧侶になる可能性のある男子2人に「英」の字を入れたのかもしれませんね。
兄の梵大英さんは、実家の寺のホームページを見る限りでは副住職として幅広く活動している様子が伺えます。

最後にまとめ

かがでしたか?
梵英心選手について簡単にまとめると

①永川勝浩選手とは幼なじみの関係で、少年野球を一緒にやっていた。高校では県大会ベスト16、大学時代は2年時からレギュラー。社会人時代は都市対抗野球準優勝に貢献し首位打者等を獲得。
②梵選手の実家は浄土真宗本願寺派専法寺。父が住職で兄が副住職。梵という名字は仏教用語に由来し、真宗のお坊さんが明治時代にになって名字を名乗る際に命名した奇姓の1つ。
③退団に至ったのは、球団との話し合いで現役続行を強く希望した為。各球団とも若手への世代交代を掲げている影響か、2017年11月時点では移籍は決まっていない。
④奥様は7歳年上の日産自動車時代に知り合った一般女性。2006年に長男が誕生している。兄と姉がいて、兄は寺の副住職で姉は結婚して名字が変わっている模様。

といったところでしょうか。
今の強いカープがあるのは、カープ低迷期を支えてきた梵選手のような選手がいたからだと思います。
生涯カープでいてほしかったですが、梵選手が現役続行を望むのであれば、どこかでもう一花咲かせてほしいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 筒香嘉智
  2. 柳田悠岐
  3. 菊池雄星
  4. 茂木栄五郎
  5. 又吉克樹
  6. 鈴木尚広
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。