伊東勤の現役時代の活躍がスゴイ!名捕手の成績や年俸に迫る!

この記事は3分で読めます

捕手といえば、みなさんは誰を思い浮かべますか?

ヤクルトで球界の頭脳と言われた「古田敦也」選手や、横浜や中日で活躍した「谷繫元信」選手。
巨人の主砲として活躍した「阿部慎之助」選手。

阿部慎之助選手の詳しい記事はこちら!
阿部慎之助(巨人)の成績は?全盛期がスゴイ!WBCでの活躍も

他にもロッテの「里崎智也」選手などがいますが…

2017年までロッテの監督を務めた『伊東 勤(いとう つとむ)』も、その一人でしょう。

伊東選手は今年までロッテの監督をしていましたが、現役時代はロッテではなく西武の選手としてキャッチャーをしていました。
チームの正捕手として活躍していました。

そんな伊東選手の現役時代に迫り、名捕手の成績年俸も合わせてみてみましょう!

スポンサーリンク

伊東勤のプロフィール

伊東勤
出典:http://mainichi.jp/
名前:伊東 勤(いとう つとむ)
出身地:熊本県熊本市
生年月日:1962年8月29日
身長:181cm
体重:84kg
プロ入り:1981年 ドラフト1位
所属球団:西武ライオンズ (1982 – 2003)
監督歴:西武ライオンズ (2002 – 2007)
千葉ロッテマリーンズ (2013 – 2017)
デビュー:1982年4月11日

東監督といえばやっぱりロッテのイメージが強いと思いますが、伊東監督は現役時代西武に所属し、西武の監督も務めたことがあるんですよ!
現役時代は、西武ライオンズ黄金時代の司令塔として活躍しました。
伊東監督の現役時代のチームメイトは「西口文也」選手や、あの「清原和博」選手、現在西武の監督の「辻発彦」選手などがいました。
すごいですよね~。
西武の黄金期といえば、すごい選手がたくさんいますよね。
伊東監督はその中のメンバーで活躍してたと思うとすごいですね!
そんな伊東監督の現役時代に迫っていきましょう。

伊東勤の現役時代の活躍がスゴイ!開幕戦逆転満塁サヨナラホームラン!

東監督は22年間の現役時代を過ごし、西武に所属していました。
伊東監督の現役時代は、打率は悪かったですが勝負強い打撃をしました。

例えば1994年の近鉄の開幕戦のこと。
近鉄の先発は、あの「野茂」選手でした。
4回までに11奪三振。
なんと8回までノーヒットでした。
野茂選手はストレートの伝統のフォークでバサバサ三振を奪いました。
そして9回の先頭バッターは清原選手。
清原選手はライトオーバーのツーベース!
清原選手が野茂選手のノーヒットノーランを阻止しました。
そして満塁の場面で伊東勤選手に回りました。
この試合伊東選手は唯一三振をしていませんでした。
そしてピッチャーは変わり、当時の守護神「赤堀」選手。
伊東選手が打った打球は大きく上がりレフトにあがり・・・なんとスタンドイン!
開幕戦野茂選手のノーヒットノーランを阻止して、なんと最後は満塁逆転サヨナラホームラン!!

伊東勤の現役時代
出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/

伊東選手すごいですね。
ちなみに当時の中継の実況は、めざましテレビでおなじみ「三宅」さんでした。
この当時はまだスポーツの実況をしていた時ですね。

スポンサーリンク

伊東勤の成績に迫る!伊東監督は西武の正捕手だった!

東監督の現役時代は勝負強いバッテイングが魅力だったのは紹介しましたが、他にもすごいところがありますよ。

キャッチャーにはあまり足が速いイメージはないと思いますが、伊東選手は現役時代足が速く捕手としての日本記録である通算134盗塁を記録しています。
1984年には20盗塁を決め、これはパ・リーグの捕手としては最多記録となっています!
今でも俊足の捕手はなかなかいませんので、伊東選手の俊足はすごいですね。

他にも、プロ野球人生22年のうち14度のリーグ優勝8回の日本一を経験をしています!

伊東勤の成績
出典:https://www.jiji.com/

伊東監督は選手として日本シリーズで、セ・リーグ全6球団と対戦しているんです。
ちなみにこれは、現時点ではまだ伊東選手しかいないんですよ。
そのうち、阪神(1985年)と横浜(1998年)を除く4球団から日本一を勝ち取っていたりと、西武にとって伊東選手がどれだけ必要だったかよくわかりますね。
そして捕手としての通算出場試合数2327
これは歴代3位の記録!
ベストナイン受賞は10回、ゴールデングラブ賞受賞は11回も獲得しています。

伊東選手は名捕手といっていいでしょう!

伊東勤の年俸は?ほかの捕手と比較!

東選手は西武の正捕手として、22年間プロ野球選手として過ごしてきました。

伊東選手の最高年俸は、1995年33歳の時の2億円が最高年俸です。
ルーキーの頃はたったの300万円でしたので、大きく年俸があがりましたね。

伊東選手は、高卒ドラフト1位で西武からドラフト指名を受け入団しました。
当時の契約金は5000万円だったそうです。
30歳の時に伊東選手はぴったり1億円の年俸となり、1億円プレイヤーの仲間入りとなります。
その後11年間1億円プレイヤーとして活躍しました。

現役時代の22年間のうち半分の11年間1億円以上もらってたと思うとすごいですね!

伊東勤の年俸
出典:http://mainichi.jp/

でも伊東選手一人の年俸だとすごさがよく伝わらないと思うので、ここで中日ドラゴンズの現在の監督「森繫和」監督の前任の「谷繫元信」監督の現役時代の年俸と比較して見てみましょう。
谷繁選手の最高年俸は2億500万円
これがプロ15年目のときのことでした。
ちなみに谷繁選手が1億円プレイヤーになったのは、伊東選手と同じ11年目の1億3000万円でした。

最後にまとめ

かがでしたか?
伊東勤選手について簡単にまとめると

①西武にドラフト1位指名で入団。西武ライオンズ黄金時代の司令塔として活躍した。
②1994年、近鉄との開幕戦で野茂選手に8回までノーヒットノーランに抑えられるも、伊東選手が逆転満塁サヨナラホームラン。
③捕手としては珍しい俊足の選手。プロ野球人生22年のうち14度のリーグ優勝、8回の日本一を経験。
④伊東選手の最高年俸は2億円。22年間の野球人生のうち11年間1億円プレイヤーとして活躍した。

伊東選手は現役時代、西武の黄金期を支えた正捕手。
そして、名捕手といっていい素晴らしい結果を残しました。
これからも伊東選手みたいな選手が出てほしいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 鳥谷敬
  2. 江川智晃
  3. 和田毅
  4. 前田大和
  5. 大隣憲司
  6. 松本裕樹
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。