吉川光夫と鳥谷敬の関係は?なぜ断食している?トレード・移籍についても

この記事は4分で読めます

2012年、崖っぷちからパリーグの最優秀防御率をはじめ、ベストナイン最優秀バッテリー賞などの様々な表彰をされた投手と言えば

『吉川 光夫(よしかわ みつお)』投手ですね!

現在はセリーグの巨人でプレーしていますが、吉川選手を検索すると、なぜか阪神の「鳥谷敬」選手がキーワードとして出てきます。
この2人、何か関係があるのでしょうか?

吉川選手がセリーグに来たのは2017年シーズンからなので、プロ入り前から何らかの繋がりがあるのかと思いましたが、どうもそうではなさそうです。
どういう関係なのか気になりますね。

また、他にも吉川選手で検索すると断食というキーワードが出てきます。
プロ野球選手は体が資本なのに、断食なんてして大丈夫なんでしょうか…。
断食により筋力が落ちてしまうのでは?と思うのは私だけはないと思います。

そんな吉川選手について、注目されたトレード・移籍も合わせて調べてみました。

スポンサーリンク

吉川光夫のプロフィール

吉川光夫
出典:https://baseballking.jp/
名前:吉川 光夫(よしかわ みつお)
出身地:福岡県福岡市東区
生年月日:1988年4月6日
身長:178cm
体重:76kg
プロ入り:2006年高校生ドラフト1位
デビュー:2007年5月17日

在ヤンキースに所属の「田中将大」選手や、ドジャース所属の「前田健太」選手などの逸材が揃う1988年生まれの選手ですね。
名前は何となく親世代に多そうな若干古風な名前で、20代後半で珍しいなと思ったのは私だけでしょうか?

中学時代は所属していたボーイズリーグで全国大会3位の成績を記録しています。
高校は広陵高校に進み、2年春からエースナンバーを背負っていました。
甲子園経験はないものの、3年時の広島大会で1学年下の現在広島に所属している「野村祐輔」選手や、巨人所属の「小林誠司」選手を擁し優勝候補と言われるほどだったんです!

制球難は抱えているものの素材を高く評価され、2006年に日本ハムからいわゆる外れ1位指名を受け入団することになりました。
ちなみに日本ハムが最初に指名したのは田中将大選手です。

プライベートでは、2009年に1つ年上で北海道出身の一般女性と結婚しています。
吉川選手が21歳の七夕に結婚したということですが、21歳で結婚を決断できるってすごいですよね。
子供は男の子が2人います。

吉川光夫と鳥谷敬の関係って?

なさんは覚えていますか?
2017年シーズン阪神の鳥谷敬選手がフェイスガードをつけて試合に出ていた時がありましたよね。

何故かというと、2017年5月25日の巨人戦で頭部死球を受けてしまっていたからです。

吉川光夫が鳥谷敬へ死球
出典:https://www.2nn.jp/

頭部死球を受けた後はうずくまってなかなか起き上がれず、ようやく起き上がっても鼻からの血がすごく鼻骨骨折と診断されました。
それでも登録抹消せず、翌日も代打で試合に出たのですごいですよね。

その死球を投げてしまった投手が、何と吉川選手だったんです。
死球までは好投していたのですが、その1球でもちろん危険球退場になり試合は警告試合となりました。
退場するまでは、吉川選手はマウンド上ですごくこわばった表情でしたね。

吉川光夫が死球で危険球退場
出典:http://www.sankei.com/

その後吉川選手は直接鳥谷選手に謝罪しに行き「気にしなくていいよ」と言ってもらえたそうです。

そう言ってもらえても、精神面を立て直すのは吉川選手も大変だったでしょうね。

ちなみにこの危険球退場は、プロ入り後2回目で、最初の危険球退場は2012年に広島の「東出輝裕」選手にしてしまっています。
20登板以上した年は四球が50個を越え、2015年には何と与死球がリーグワーストという不名誉な記録が出てしまいました。
やはり制球が今後も課題となりそうですね。

スポンサーリンク

吉川光夫はなぜ断食している?

川選手で検索すると何故か「断食」というキーワードが出てきます。
気になって調べてみると…
さすがにシーズン中はしないようで、主にオフのトレーニングの一環としてやっているそうです。

吉川光夫が断食する
出典:https://mukai16.com/

吉川選手は近年オフごとに断食を行っているようで、2017年オフの時点で4年連続になるとのことです。
他にも現在巨人2軍コーチの「片岡治大」氏や、先の項目で出てきた阪神の「鳥谷敬」選手もオフの断食の経験があるようですが、知っていましたか?
この断食をすることによって、吉川選手は内臓から休ませてリセットすることで指先の感覚がよくなると言っているんです。
断食中に空腹感を覚えたら水でお腹を満たすということですが、想像するだけで辛そうですよね。

半日でも効果があるようですが、野球選手は平均で4~5日行う選手が多いようです。
断食の目的は吉川選手が言う内蔵を休ませるというのが1番多いようですが、体の免疫力を高めて風邪やケガに強い体を作る為にする選手もいるとのこと。
中には断食に耐え抜くことにより、メンタル面の強化が狙いという選手もいるみたいですね。
滝に打たれたり、護摩行をオフ中に行う選手もいて注目されますが、断食も目的は同じなのかもしれません。
凡人は手術後に食事が食べられるようになるまで食べられないのでさえ辛いのに、プロのアスリートはやっぱりすごいですね!

吉川光夫は大型トレードで巨人へ移籍!

川選手は、2007年から2016年までの10年間を日本ハムでプレーしました。
そして、2016年シーズン後に「石川慎吾」選手とともにトレードで巨人に移籍しました。
このトレードは、近年では1番話題になったトレードではないでしょうか。

吉川光夫は大型トレードで巨人へ移籍
出典:https://www.nikkansports.com/

何故なら交換相手の選手に「大田泰示」選手がいたからです。
大田選手は2008年ドラフト1位の選手で、ゴジラ2世と言われるほどの素材が素晴らしい選手で、巨人とソフトバンクが競合するほどでした。

そして吉川選手もドラフト1位だったため、ドラフト1位同士のトレードとなり注目されました。

調べてみるとドラフト1位同士のトレードって、今まででもそう多くはないんですよね。
1番近いものでも10年も遡らないといませんでした。
巨人は先発の柱となる投手と若手野手が必要で、日本ハムは若手の大砲候補と中継投手が必要だった為、両者の思惑が見事に合致したのです。

吉川選手は2012年の最優秀防御率のタイトルホルダーですが、そんな選手でもトレードに出してしまうんですよね。
2018年現在では、まだ2017年シーズンしかそれぞれプレーしていないので何とも言えませんが、大田選手は初の規定打席到達で15本塁打を記録し、飛躍のシーズンとなっています。
大田選手と一緒に移籍した「公文克彦」選手も中継に欠かせない選手となり、プロ初勝利も記録しています。
吉川選手と共に巨人に移籍した「石川慎吾」選手も99試合出場、57安打、5本塁打、20打点とキャリアハイを記録していますよね。
吉川選手は左肩を痛め2軍で調整したこともあり、1勝3敗とトレードの4人の中では1番不本意な成績で終わってしまったかもしれません。
これで吉川選手が活躍すれば全員にとってwin-winなトレードと言えるでしょう。

最後にまとめ

かがでしたか?
吉川光夫選手について簡単にまとめると

①広陵高校では2年春からエース。甲子園出場経験はなし。2006年ドラフト会議で田中将大選手の外れ1位として日本ハムから1位指名を受ける。2009年一般女性と結婚している。
②吉川選手の2度目の危険球退場となってしまった際に、死球を与えてしまった相手が阪神の鳥谷敬選手。鼻骨骨折した鳥谷選手は翌日フェースガードをつけて出場している。
③オフに4~5日、内臓を休ませてリセットすることで指先の感覚がよくなる為、トレーニングの一環で断食をしている。2017年シーズンオフの時点で4年連続になる。
④2016年12月、日本ハムは吉川選手と石川慎吾選手、巨人は大田泰示選手と公文克彦選手の交換トレードが決定。吉川選手は2軍調整で不本意なシーズンだったが、他3人は飛躍の年となった。

といったところでしょうか。
2012年は、シーズン前に「栗山」監督から「今年だめなら俺がユニフォームを脱がす」と言われたそうです。
案外「高橋」監督がそれを言ったら奮起するかもしれませんね。
でもそう言われないよう、先発ローテーションを守ってキャリアハイを記録するといいですね。
頑張ってください。応援しています!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フェリックス・ヘルナンデス
  2. 小川泰弘
  3. トニ・ブランコ
  4. クレイトン・カーショウ
  5. 若松勉
  6. 鈴木誠也
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。