中田翔と杉谷拳士は本当に仲良し!?これまでの成績とエピソードも

この記事は3分で読めます

ハムの4番として活躍する『中田 翔(なかた しょう)』選手。

2017年は、チームをリーグ優勝にも導いた主砲です。

国際試合でも活躍し、特に2015年のプレミア12では大活躍でした。
中田翔選手はイケメンでテレビにもよく出てるのできっと野球を知らない人でも名前だけなら知っているよっていう人もいると思います。

中田翔選手は高校時代から注目を浴び、高校生No.1スラッガーとしてプロ入りしました。

そんな中田翔選手ですが、これまでにどんな成績を残してきたのか気になるところ。

また、年末年始の番組で「杉谷拳士」選手という後輩と仲が良い光景が見られましたが、本当に仲がいいのか迫ってみましょう!

スポンサーリンク

中田翔のプロフィール

中田翔
出典:https://buzzseek.jp/
名前:中田 翔(なかた しょう)
出身地:広島県広島市中区
生年月日:1989年4月22日
身長:183cm
体重:99kg
プロ入り:2007年 高校生ドラフト1巡目
所属球団:北海道日本ハムファイターズ (2008 – )
デビュー:2009年5月23日

ハムの主砲として活躍している中田翔選手ですが、小学3年のころに野球を始めたそうです。
とてもはやいですね。

中田翔選手は大阪桐蔭高校出身
大阪桐蔭高校といえば、2017年のドラフトでロッテに1位で指名された「安田」選手がいたあの高校、履正社高校と争うとても強い高校ですね。
中田翔選手は1年目から甲子園に出場。
当時は、「松坂」に次ぐ、平成の怪物として有名でした。

その後、日本ハムにドラフト1位で指名されます。
そして日ハムの4番として活躍するようになりました。
ちなみに入団した時から当時引退した「田中幸雄」選手がつけていた6番をつけています

中田翔と杉谷拳士は本当に仲良し?先輩と後輩の関係?

田翔選手って、みなさんはどんなイメージがありますか?
金髪で少し怖いイメージがあるかもしれません。

実は、中田翔選手は全然怖い人ではないんですよ!

毎年お正月に放送される「とんねるずのスポーツ王は俺だ!」という番組をみなさんはご存知ですか?
野球ファンなら知っていて当然の番組です。
2018年はソフトバンクホークスのみなさん(「内川聖一」選手、「柳田悠岐」選手など)が呼ばれ「リアル野球盤」に参加しました。

中田翔選手はその番組に、日ハムの後輩「杉谷拳士」選手と一緒に出演。
2016年、2017年と2年連続で杉谷拳士選手と一緒にテレビに出ています。

この番組はバラエティー番組なので、もちろんある程度話せて面白い人が呼ばれるのですが、この中田翔選手と杉谷拳士選手のやりとりがとても面白く話題になりました。

他にも試合前ベンチでじゃれあってたりと、とても仲が良いそうです。
中田翔選手は1989年生まれて28歳、杉谷拳士選手は1991年生まれの26歳、中田翔選手から見たら杉谷拳士選手は二つ年下の後輩ということになりますね。

スポンサーリンク

中田翔の成績は?日ハムをリーグ優勝に

校時代は外野手として主に出場していた中田翔選手。
現在はファーストを守っていますね。

中田翔選手は、ファーストでゴールデングラブ賞を取るレベルの守備力です。
昔サードも少し守っていたのですが、ファーストの守備に専念することになりました。
外野から内野に転向した理由は、中田翔選手は昔から膝があまりよくなく膝の負担を減らすためにファースト専念するようになりました。

ファーストの守備力というとゴールデングラブ賞2年連続で受賞するほどの守備力なんですよ!

打撃も今ままで打点王を二度も獲得した実績もありますが、守備力も申し分なしです。
2017年は楽天の「銀次」選手にゴールデングラブ賞を奪われてしまいましたが、守備での安定感を見せつけゴールデングラブ賞を奪還することも目標の一つでしょう。

しかし打撃の方はどうなの?と思う人もいるでしょう。
中田翔選手は打撃の方の実力も十分です。
2016年には1年間4番に座り打点王を獲得
そして日本ハムをソフトバンクから逆転リーグ優勝に導きました。
日本シリーズでも活躍し、なんと4年ぶりのリーグ優勝に導きました!

中田翔のエピソードを紹介!

田翔選手は、プロに入ってからは日ハムをリーグ優勝に導くなどの活躍をしてきましたが、>高校時代も注目選手の一人でした。

ドラフトの時はヤクルトスワローズの「佐藤由規」選手、ロッテマリーンズ「唐川侑己」選手、そして日ハムの中田翔選手と三人揃って「高校ビッグ3」なんて呼ばれていました。
そしてドラフトの時は日ハム以外にもオリックス、ソフトバンク、阪神の4球団競合のすえ、抽選の結果日ハムへの入団が決まりました。

現在日ハムの監督を務めるのは「栗山英樹」監督です。
栗山監督は2012年に監督に就任してから、中田翔選手主に4番として起用してきました。
それについて栗山監督は「自分の中の感覚だけど、いつも調子が悪くても、球の強い投手がきても、絶対に打てる可能性をいつも感じさせる選手。特別なタイプの投手を打てない、というのはダメ。どんな投手が来ても、いつも期待できる選手でないと4番を張れないし、何とかしてくれる可能性をいつも感じている打者だから。調子が悪くてもバットを振るし。その可能性が高くないとチームを背負えないので」と監督からの信頼も厚いようです。

最後にまとめ

かがでしょうか?
中田翔選手について簡単にまとめると

①大阪桐蔭出身。ドラフト一位で日ハムに入団。ソフトバンク、オリックス、阪神、日ハムの4球団が競合した。
②金髪で怖そうに見えるが優しい先輩としての一面も。二つ下の後輩の杉谷拳士選手と仲が良い。TV番組にも一緒に出演している。
③ファーストの守備がうまい。2年連続でゴールデングラブ賞を獲得する実力。打撃では2回も打点王を獲得する実績。
④ドラフト当時はヤクルトの佐藤由規選手、ロッテ唐川侑己選手と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれた。また日ハムの監督栗山監督からの信頼も厚い。

といったところでしょうか。
2016年は逆転リーグ優勝をするも、2017年はBクラスに沈んでしまった日本ハム。
今後、チームの再起をかけ、中田翔選手に期待がかかります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 坂本勇人
  2. 中畑清
  3. 西口文也
  4. 赤見内銀次
  5. 安達了一
  6. 一岡竜司
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。