中畑清の現役時代は?巨人の4番を務める!絶好調の口癖とは?

この記事は3分で読めます

2016年横浜DeNAベイスターズは球団初のクライマックスシリーズに進出しました。
翌年の2017年もクライマックスシリーズに進出しクライマックスシリーズを制覇し日本シリーズにも進出しました。
現在横浜DeNAの監督は誰か知っていますか?

現在横浜DeNAの監督はラミレス監督が務めますが、その前監督の『中畑 清(なかはた きよし)』監督を知っていますか?

今回はその中畑清監督の現役時代を紹介します。

中畑清監督は横浜DeNAのイメージが強いですが、実は現役時代は巨人の選手だったんですよ。

巨人で4番も務めた中畑清監督の現役時代に迫ってみましょう!

スポンサーリンク

中畑清のプロフィール

中畑清
出典:http://www.ad-vank.com/
名前:中畑 清(なかはた きよし)
出身地:福島県西白河郡矢吹町
生年月日:1954年1月6日
身長:185cm
体重:90kg
プロ入り:1975年 ドラフト3位
所属球団:読売ジャイアンツ (1976 – 1989)
デビュー:1977年7月17日
監督歴:横浜DeNAベイスターズ (2012 – 2015)

畑清監督といえば横浜DeNAのイメージが強いと思いますが実は巨人の選手だった言うのはさきほど紹介しました。
現在の横浜DeNAの監督のラミレス監督も現役時代も巨人の4番も務めましたが中畑監督も現役時代は巨人の4番を務めました。
中畑監督は駒澤大学出身です。
今現役の選手で駒澤大学出身といえば横浜DeNAのエースと務める「今永昇太」選手がいます。
ドラフト時は注目選手の一人として注目されましたがドフラト一位ではなく読売ジャイアンツが3位指名してプロ入りしました。

中畑清の現役時代を紹介!当時はどんな選手がいた?

畑清監督が現役時代は1976年から1989年の13年間です。
中畑監督がドラフト指名されたのが1975年ともう50年近く前のことなので当時のことを知っている野球ファンは少ないでしょう。
中畑監督本人ももう64歳と年を取りました。
なので当時どんな選手がいたか知らない人はおおいでしょう。
なので当時どんな選手がいたのが紹介したいと思います。
現在横浜DeNAのGM(ジェネラルマネージャー)を務めるのは誰か知っていますか?現在横浜DeNAのGMを務めるのは「高田繁」GMです。
この人も元プロ野球選手で中畑監督と同じ巨人に所属していました。
中畑監督とは現役時代からチームメイトでした。
読売ジャイアンツのチームメイトだった2人が監督という立場とGMという立場で再び仕事をしているというのはまた面白いものですね。
当時の巨人にはまだ「王貞治」選手が現役でした。
他プロ野球選手でたった一人の3000本を達成した「張本勲」も巨人でまだ現役でした。
王選手や張本選手と偉大過ぎるほどの先輩に囲まれ現役を中畑監督は過ごしました。

スポンサーリンク

中畑清は常に絶好調?!絶好調が代名詞だった

畑清監督といえばどんなイメージを持ちますか?
明るく元気なイメージがとても強いと思います。
特に横浜DeNAの監督を務めていた時は選手が活躍と選手以上に喜び人柄の良さがとても分かります。
もう64歳ですから優しいおじいさんって感じですね。
とても見てて楽しい人です。
中畑監督の現役時代も監督時代と変わらず元気で明るい人柄でした。
そんな中畑監督の現役時代の口癖は「絶好調」
じゃあ中畑監督は現役時代いつも絶好調だったのか?と聞かれるとそうではありません。
もちろん人間ですから中畑監督にも絶不調という時がありました。
しかしそれでも中畑監督は絶好調と言っていました。
例えばなかなか打てないときもテレビなどメディアからのインタビューでは絶好調と答えていました。
なんで絶好調というのか。
これにはきっかけがありました。
中畑監督がまだレギュラーになる前のことでした。
当時の監督だった「長嶋茂雄」監督から「今日の調子はどうだ?」と聞かれた時中畑監督はいつも「ボチボチです」と答えていたようです。
それを見ていた当時のコーチ「土井正三」コーチから「まあまあなんて言うやつを監督が起用するか?絶好調と答えろ!」と言われたことがきっかけで絶好調と答えるようになりました。

中畑清が7年連続ゴールデングラブ賞を受賞

畑清監督は読売ジャイアンツにドフラト3位で指名され入団しました。
しかし当時の巨人には王貞治選手や張本勲選手や高田繁選手や土井正三選手などさきほどから名前から出ている選手がまだ現役でとても層が厚くなかなかレギュラーを奪うことができませんでした。
しかしのちにGMとして一緒に仕事することになる高田繁選手が怪我をしたことをきっかけにサードのレギュラーに定着しました。
それまでは毎年10試合も出場することもできない選手でしたがプロ3年目に100試合以上に出場しレギュラーを奪うことができました。
翌年は長嶋茂雄監督が退任し王貞治選手が引退しました。
中畑監督にとっても一つのチャンスでした。
しかし当時のドラフト一位で入団した後に巨人の監督を務めることになる「原辰徳」選手にレギュラーを奪われてしまいました。
怪我から復帰するもサードのポジションは原選手の奪われていてファーストとして出場しました。
しかしファーストにコンバートしたことで守備力が落ちるのかと思えば7年連続でゴールデングラブ賞受賞!
まさかのきっかけでファーストにコンバートしたことが功を奏したようです。

最後にまとめ

かがでしょうか?
中畑清の現役時代について簡単にまとめると

①駒澤大学出身で1975年にドラフトで3位指名を受け巨人に入団した。当時の監督は長嶋茂雄監督
②当時の巨人にはまだ現役の王貞治選手や張本勲選手がいた。のちのGMという立場になり一緒に仕事をすることになる高田繁選手もまだ現役でチームメイトだった
③代名詞は絶好調。当時のコーチ土井正三コーチから「まあまあなんて言うやつを監督が起用するか?絶好調と答えろ!」と言われたことがきっかけ
④現役時代はなかなか出番がなかったが高田繁選手が怪我をしたことでレギュラーを奪った

絶好調が代名詞の中畑清監督。
もし調子を聞かれたら絶好調と答えてみたら面白いかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 内海哲也
  2. 金城龍彦
  3. 中村剛也
  4. 北條史也
  5. 野村祐輔
  6. 吉田一将
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。