中畑清は監督としては有能?横浜の監督を務めたその成績は?

この記事は3分で読めます

2016年シーズンにクライマックスシリーズに進出し2017年もクライマックスシリーズに進出。
2年連続でクライマックスシリーズ進出を決め、2017年はクライマックスシリーズを制覇し日本シリーズにも進出した横浜DeNAベイスターズ。

ここ最近で力をつけとても強くなりました。
特にラミレス監督が就任してから一気にチームが強くなりました。
しかしラミレス監督が就任する前に横浜DeNAベイスターズを立て直した一人。

『中畑 清(なかはた きよし)』監督を知っていますか?

今の横浜DeNAの選手の基礎を作ったともいわれる中畑監督。
それはどんな監督だったのか紹介していきます。

スポンサーリンク

中畑清のプロフィール

中畑清
出典:Wikipedia
名前:中畑 清(なかはた きよし)
出身地:福島県西白河郡矢吹町
生年月日:1954年1月6日
身長:185cm
体重:90kg
プロ入り:1975年 ドラフト3位
所属球団:読売ジャイアンツ (1976 – 1989)
デビュー:1977年7月17日
監督歴:横浜DeNAベイスターズ (2012 – 2015)

畑清監督といえばやはり横浜DeNAベイスターズのイメージが強いと思いますが実は現役時代は巨人の選手だったんですよ!
巨人の選手といっても4番を打つくらいのレベルの選手で巨人の主力選手として活躍しました。
ちなみに現在横浜DeNAのGMを務める「高田繁」GMとは現役時代のチームメイトでした。
ということは中畑監督が横浜の監督だったころは巨人の選手、それも面識のあるチームメイトだった選手が監督、GMという立場になっていたんですね。
こういうのを見ると面白いですね。
そんな中畑監督がチームの監督に就任した時チームはどういう状況だったのでしょうか?

中畑清が監督に就任した時チームはどんな状況だった?!

浜DeNAベイスターズ初代監督の中畑清監督。
横浜ベイスターズはいままでTBSグループが運営していましたが経営不振などを理由にDeNAグループに売却されることになりました。
それがきっかけで「横浜ベイスターズ」から「横浜DeNAベイスターズ」という名前に変わりました。
名前が変わって初代監督に就任した中畑監督ですが名前が変わる前の横浜ベイスターズはどんなチームだったのでしょうか。
一言で表すと「弱小球団」という言葉がぴったりでしょう。
ソフトバンクで今年も大活躍だった「内川聖一」と今年巨人を戦力外になった「村田修一」選手のこの2人の共通点を知っていますか?
この2人実はもともと横浜ベイスターズの選手だったんですよ。
しかしこの二人はFAしてチームを去ることになりました。
ちなみにこの2人がFAした主な理由が「チームが弱かったから」だそうです。
特に内川選手は横浜ベイスターズは常に順位低く勝っても素直に喜べなかったそうです。
村田選手も横浜の主砲として活躍していましたが横浜ベイスターズをFAして去ることになりました。

スポンサーリンク

中畑清の監督としての成績は?Bクラスが続いた

ームが弱すぎて主力選手がFAしてしまう。
そんな弱小球団の監督に就任したのは現役時代は「絶好調」という代名詞で有名だった中畑清監督でした。
中畑監督は2012年に横浜DeNAベイスターズの監督に就任し2015年まで横浜DeNAの監督を務めました。
横浜DeNAの監督に4年間務めました。
しかし成績は決して良くなく1年目は最下位、その後は2年連続で5位そして最後の年は最下位と残念な結果に終わっていました。
しかし中畑監督は成績以外にも大切なものを横浜DeNAに作ってくれました。
横浜DeNAベイスターズのファンがとても増えたことです。
いままで横浜DeNAベイスターズの本拠地の横浜スタジアムが満席になることは全くといっていいほどありませんでした。
今の中日のナゴヤドーム以上にガラガラでした。
しかし中畑監督が就任してからは注目度が上がり魅力的なチームになったことからたくさんのファンが増えました。
特に今年のクライマックスシリーズから日本シリーズのパブリックビューイングには横浜スタジアムからあふれるほどのファンが集まりました。

中畑清監督率いる横浜DeNAベイスターズがリーグ優勝?!

こまで弱小球団と紹介してきた横浜DeNAベイスターズですが実は1度リーグ優勝に近づいたことがあるのを知っていますか?それは中畑監督の最終年の2015年のことでした。
この年は開幕から4番に「筒香」選手を抜擢しました。
そしてドラフト一位で獲得した「山崎康晃」選手を先発ではなく中畑監督を中心として判断でクローザーになることになりました。
2015年は開幕から調子が良く交流戦になんとセ・リーグ一位!首位として突入しました。
筒香選手もとても調子が良く4番として大活躍しました。
そして貯金も11個も貯めました。(貯金とは勝ち星と負け星を比べた時勝ち星の方が多い場合貯金がある状態になる。なお負け星の方が少ない場合は借金となる)
しかし交流戦でまさかの3勝しかできず12連敗を屈する歴史的敗北をしました。
これをきっかけに後半戦からは大失速。
チームは負けに負けを重ね4月には断トツ最下位だった中日ドラゴンズと並ぶことになりました。
最後はクライマックスシリーズの進出もなくなり中日ドラゴンズとの最下位争いにも敗れ最下位でシーズンを終えました。

最後にまとめ

かがでしょうか?
中畑清監督について簡単にまとめると

①中畑清監督は現役時代巨人の選手だった。4番を務めたこともあった選手。当時のGMであり現在も横浜DeNAのGMを務める高田繁とは現役時代のチームメイト
②横浜DeNAベイスターズの初代監督に就任。当時のチームはとても弱くそれが理由でチームの主力選手の村田修一選手や内川聖一選手がFAで移籍するほど
③順位を上げることはできなかったがファンを増やすことには成功。とても魅力的なチームにした。今年のクライマックスシリーズと日本シリーズのパブリックビューイングではスタジアムからあふれるほどの選手が集まった
④2015年シーズンは開幕から絶好調でなんと11個の貯金も作る。しかし交流戦から大失速。交流戦では3勝しかできず12連敗した。最下位でシーズンを終えた

横浜DeNAベイスターズの基礎を作った初代監督の中畑清監督。
現在横浜DeNAはとても強くなりたくさんのファンがいますがこの中畑監督がいたことも忘れてはいけません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 久保康友
  2. 岩隈久志
  3. 又吉克樹
  4. 今宮健太
  5. 成瀬善久
  6. 松本裕樹
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。