ホセ・バティスタの話題の打撃成績は?獲得タイトルや表彰記録と守備や年俸も

この記事は8分で読めます

2018年にニューヨーク・メッツに移籍して、シーズン途中でフェラデラル・フィリーズに移籍となったスラッガーと言えば?
ホセ・バティスタ選手ですよね!

バティスタ選手と言えばメジャーファンに知らない人はいないと言うくらい人気の選手の一人となっています!

そんな選手もデビューから華々しい結果を残してきた訳ではないんです!
スター選手はデビュー年からレギュラーを張って頑張っている姿がよく見られるのですが、バティスタ選手はそんな簡単には結果が出なかったんです!
その気になる打撃成績について見ていきましょう!

更に活躍しだしてからは多くの賞を受賞しているはずです!
打撃タイトルも獲得していると思うので、それらについても見ていきたいと思います。

また、バティスタ選手の守備や年俸も気になるところ。
スター選手の年俸がどれくらいになっているのか?
打てる選手の守備力はどんなものなのか?
そんなバティスタ選手の疑問に迫っていきましょう。

スポンサーリンク

ホセ・バティスタのプロフィール

ホセ・バティスタ
出典:https://baseballgate.jp/
名前:ホセ・バティスタ
出身地:ドミニカ共和国 サント・ドミンゴ
生年月日:1980年10月19日
身長:182cm
体重:93kg
プロ入り:2000年 ドラフト20位
デビュー:2004年4月4日

バティスタという名前ってソフトバンクファンなら聞いたことのある名前だと思います。

ソフトバンクファンのみならず、日本球界に参入してきた時は話題となっていたので知っている人は多いかもしれません。
その選手は、ソフトバンクホークスで活躍したトニー・バティスタ選手です!

トニー選手はもう引退しまいましたが、メジャーで通算221本の本塁打を打っており、1年在籍した日本でも27本塁打を放ちました。

トニー選手の場合は打撃成績で話題となったと言うよりは、バッティングフォームで話題となっていたと言えます。
オープンスタンスの独特の構えから想像もできない飛距離を飛ばす事で知られていました。

最近は面白いバッティングフォームと言うのは見なくなりました。
野球人口が減ってきているので、話題性の為にも面白いバッティングフォームの選手が現れても良いと思います。
昔のように面白い野球を見せてもらいたいですね!

ホセ・バティスタの打撃成績は?

バティスタ選手はメジャー14年のベテラン選手となっています。
14年間もメジャーでプレーできたと言うことは、それなりの成績を残してきていると言うことになりますね!
その成績について見ていきたいと思います!

1年目となるのは2004年ですが、この年は4球団を渡り歩いています。
4球団に在籍はしていましたが、4球団合計で64試合となっているんです。
64試合の試合数よりも1年で4球団も在籍したことが驚きですね!

この年は守備固めでの出場が多かったのかもしれませんが、安打数は18安打となっており、打率は.205となっています。
本塁打は0本となっており、試合数の割には悪いと言える数字となっているんですね。

2年目の2005年は11試合の出場に留まりました。
4安打で打率も.143と最低の数字を残してしまったんです。
初本塁打を記録することも出来なかったので、2年続けて期待に応えられない結果となってしまったんですね。

でも、2006年は117試合に出場しているバティスタ選手。
準レギュラーとなったこの年は94安打を放ち打率は.235となっていましたが、本塁打は初アーチを含む16本塁打を記録しているんです。
試合数と打席数を考えると多い本塁打数ではないですが、ここまでの2年間の数字から見るとかなりの成長を見せてくれたと言えますね!

2007年は142試合に出場しているバティスタ選手。
135安打で打率.254を記録しています。
相変わらず打率は低いですが、年々打率は少しずつではありますが向上しています。
それは評価してあげたいですね。

この年の気になる本塁打数は15本となっていました。
意外にも少なかったんですね。

2008年は移籍しているので2球団合計となりますが、128試合で88安打、15本塁打、54打点、打率.239となりました。
メジャーに多く出場することは出来るようにはなっていますが、不動のレギュラーの座を掴むほどの活躍は見せることが出来ていません。
早くその活躍が見たいですね!

2009年も113試合で79安打、13本塁打、打率.235と結果を残すことができなかったバティスタ選手。
本塁打は4年連続で2桁本塁打は記録していますが、ホームランバッターとは言えないですね。

ここまで目立った活躍をしていないバティスタ選手ですが、2010年は驚異的な数字を残しているんです。
この年は161試合に出場しており、148安打で打率は.260となっていますが、本塁打数は54本を記録!
打点も124打点を記録しており、遂に覚醒の時を迎えたんですね!

そうなると2011年からの成績が気になってきますね!
2011年は149試合で155安打、43本塁打、103打点、打率.302をマークしています!
本塁打は前年より減ってしまいましたが、この年は初めて打率3割を記録しているんですね!

2012年は92試合で80安打、打率.241とまた低打率となってしまいましたが、本塁打は27本となっています!
存分にパワーを発揮していますね!

2013年は118試合で117安打、28本塁打、73打点、打率.259となっています。
本塁打は相変わらず多いのですが、少し破壊力が落ちてきたように感じますね。

2014年は155試合で158安打、打率.286、35本塁打、103打点を記録しています。
この年は全てにおいてまた向上しています。
バティスタ選手は年齢的に衰え始めてもおかしくはない頃だと思いますが、まだ成長を続けてるんですね!
やっぱりスター選手は素質が違いますね!

2015年も153試合で136安打、打率.250ながら40本塁打を打ちました。
打点も114打点を記録しているので驚異的と言えると思います。
打率が低くてもこれだけ本塁打が打てれば文句ないですね!

2016年は116試合に出場していますが、99安打で打率は.234となっていました。
打率も低いですが、この年は少し衰えてきたのかもしれないですが、本塁打数は22本となったんです。
数字的には悪くはないのですが、バティスタ選手の最近の成績からすると物足りないですね!

2017年は157試合と多くの試合に出場していますが、放った本塁打は23本となっています。
打率も.203とかなり低くなっており、かなり厳しい立場となってきました。

もう30代後半となっていますが、40代でも活躍する選手はいるので、40歳まで20本塁打は打ってもらいたいところであります。
しかし、懸念されるのは打率の低さです。
打率が低すぎるとメジャーに昇格出来ないこともあるので、まずは最低限の打率を稼ぐことが先決なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ホセ・バティスタの獲得タイトルや表彰記録は?

バティスタ選手はメジャー14年間の中で数多くの賞を受賞しています。
どんな賞であれ、メジャーリーグで一度でも賞を受賞できるなんで凄いことであると思いますね!

バティスタ選手の場合はデビューから数年は目立つ活躍は出来ませんでした。
なので、2009年より前は何一つ賞を獲得する事は出来ていないんです。
少し意外ですよね!

初めて受賞したのは2010年となっており、この年は本塁打王に加えてハンク・アーロン賞、シルバー・スラッガー賞を受賞しています!
この年は月間MVPにも2回輝いているんです!
受賞した月は7月と8月となっており、真夏の暑い時期に2ヶ月連続で受賞となっているんです!
バティスタ選手って凄い体力の持ち主ですね!

翌年2011年も同じ3つの賞を受賞しています!
月間MVPも同じく2回受賞していますが、この年は4月と5月となっているんです!
この年は真夏の大活躍はなかったようですが、2年連続で2ヶ月連続で受賞は変わりません。
2ヶ月も続けて活躍するなんて、簡単にできることではないですね!

この2年間は本塁打王を2年連続で獲得する大活躍を見せたバティスタ選手ですが、打点でもタイトルを獲得していても不思議ではなかったんです。
2010年に124打点を挙げているので、逆に打点王が取れていないのが不思議なくらいですね!

2012年以降は打撃タイトルの獲得は出来ていません。
この2年間だけの集中的な活躍だけだったかと思うかもしれませんが、1年を通じて安定していたのだと思いますね!

2012年の6月には自信5度目の月間MVPに輝いています!
この年は2ヶ月連続の受賞とはなりませんでしたが、ここ3年間で4月から8月まで全て受賞経験があるということになりました!
3年間で違う月でMVPを獲得するというのは珍しいですね!

その後は月間MVPを獲得する事は出来ていませんが、2014年にはシルバー・スラッガー賞を受賞しています!
これは日本で言うベストナインですが、日本のリーグよりも遥かに多いメジャーのリーグ戦なので、受賞資格者も日本とは比べものにならない程います。
それでも3回受賞しているなんて、スター選手なだけありますね!

2016年からは勢いが落ちてきており、それを証明するのがオールスター戦の出場だと思います!
バティスタ選手は覚醒した2010年から連続でオールスター戦に出場していました。
そんなに活躍できていない選手からすると1度だけでもオールスターに出る事は夢だと思いますね!

そんな夢の舞台にバティスタ選手は6年連続で出場しています!
2016年からは打撃成績が落ちたことで投票で選ばれることがなくなってしまいました。
2015年は監督推薦による出場ですが、どんな形であれ出場出来れば良いですね!

でも、逆に考えればオールスターにはもう6度も出場しているので、どうしても出たい!と言うのはないと思います。
それならば、オールスターに出場せずにその日は休みの方が良いかもしれません!

年齢的にもあまり無理は出来なくなってきていると思います。
オールスター戦は公式戦とは関係ないので、出場してなくても関係ありません。

プラス思考に考えることが少しは成功への近道となってくると思うので、成功しているバティスタ選手に言えることではありませんが、2度目の覚醒を目指して頑張ってもらいたいですね!

ホセ・バティスタの守備や年俸は?

バティスタ選手はメジャー14年間で一塁手と二塁手と三塁手と外野手としてじ出場していました。
二塁手は2006年と2008年に少し出ただけなので合計8試合しか出場しないません。
失策数は0ですが、8試合では評価もしようがありませんね。

一番簡単とされる一塁手としては7年の合計で28試合に出場しています!
あまり多く出場していませんが、ここでも失策はありませんでした。
多い時でも12試合しか出ていないので失策を記録することはなかったのだと思います。

でも、そもそも一番簡単な守備位置と言っても内野手は強い球が飛んでくることが多いです。
なので一塁手だから失策をしなかったと言うのは間違いかもしれません。
と言うことは、守備はある程度上手かったと言えるのかもしれませんね。

残る内野は三塁手です!
三塁手では394試合に出場しています!
最多は2006年の126試合に出場と言うのがありました。
この年は16失策を記録したバティスタ選手。
守備率は.958となっており、翌年は91試合に出場して11失策を記録してしまっています。
多い失策数と言えますね。

三塁手として主に出場したのはこの2年間だけとなっていますが、合計の失策数は43となっています。
三塁手の通算守備率は.959となっています。
あまり良い数字とはなっていないですね。

次は外野手としての出場を見てみたいと思います!
外野の中堅では通算84試合に出場しています。
最高は54試合となっており、これは2006年に記録した数字となっています。
この数字が一番多かったと言うことは、バティスタ選手にとってあまり守ることのなかったポジションと言えますね。

2014年に12試合に出場していますが、2010年以降はほとんど中堅手としては出場していないんです。
中堅手は外野手として一番守備範囲の広いポジションとなっています。
バティスタ選手は足は遅い方ではありませんが、俊足と言うわけでもありません。
なので、あまり中堅を任されることが少ないのだと思いますが、何処のポジションをやっているにしても結果を残すことに変わりはないと思うので、こだわらずにやって欲しいですね!

ちなみに中堅手での通算失策数は4となっています。
守備率では.976となっており、悪い数字ではありません。
でも、中堅手を任せるには少し納得の出来ない数字となっているかもしれませんね。

次に左翼ですが、左翼手では55試合にしか出場していません。
失策数は1つだけで守備率.987となっていますが、2009年以降は一切出場していません。
今、左翼手として出場すると失策を記録してしまうかもしれませんね。

ここまで多く守備に就いていたポジションはありませんでしたね。
と言うことは残っているポジションでレギュラーとして出場していると言うことになります!
残っているポジションは?

そうです!右翼手ですね!
右翼手では通算1007試合に出場しています。
打撃が開眼した2010年以降は右翼手として出場しているんです!
バティスタ選手は右翼手にあっているのかもしれませんね!

気になる右翼手での失策数は通算で33となっています!
守備率は.983となっており、守備機会の多さを考えると良い数字とは言えますね!

ここまでゴールドグラブ賞を受賞したこともないのでどうしてもバティスタ選手打つのがメインの選手と思ってしまいます。

どう思うかはそれぞれ自由なのですが、スター選手であると言うことは変わりありません。
そんなスター選手の年俸はどれくらいとなっているのでしょうか?

2018年の年俸は、なんと!
1億1000万円となっているんです!
自己最高額は2017年の20億円となっています!
僅か1年で下がり過ぎですね。

2016年から打撃は破壊力がなくなってきました。
それが影響しているのだと思いますが、年俸はマイナー契約となっていたので低年俸になったのだと思います。

2018年の開幕当初はメッツとなっていましたが、現在はフィリーズとなっています。
メッツの前にはブレーブスにも少しの間在籍していました。
もう不動の選手の立場は無くなっているので、まだまだ頑張りを見せてもらいたいですね!

最後にまとめ

いかがでしたか?
最後にホセ・バティスタ選手について簡単にまとめると

①デビューしてから数年が経過してから覚醒しているが、通算本塁打数は331本塁打となっている。
打点も965打点と通算1000打点まであと35打点と迫っている。
②ここまで本塁打王2回やハンク・アーロン賞2回、月間MVPに5回も輝くなど多くのタイトルや表彰をされてきた。
オールスターにも6回出場するなど人気も高い選手である。
③守備は主にライトを守っているが、内野も熟す事の出来るユーティリーティさがある。
2018年の年俸は1億1000万円となっているが、前年の2017年は20億円以上をもらう高級獲りであった。

バティスタ選手は遅咲きでしたが、最近は力を落としてきています。
人間は歳には勝てないので衰えが出てくるのは仕方がありません。

40歳を過ぎても活躍している選手はおりますが、それはかなり稀なことだと思います。
どのような練習をしていればそんな体が出来上がるのかはわかりませんが、40歳を過ぎても活躍したイチロー選手やコローン投手がコーチとして所属すればよいアドバイスが得られるのではないでしょうか!

イチロー選手はまだ現役に未練があると思いますがコローン投手はもうコーチになっても良いのではないでしょうか!

バティスタ選手がこれから復活する事は難しいかもしれませんが、野球は何が起こるかわからないスポーツとなっているので、また強打復活!なんて事もあるかもしれないので、微かな期待を込めて応援していきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マイケル・ブラントリー
  2. 中後悠平
  3. ジェウリス・ファミリア
  4. 村田修一
  5. 東明大貴
  6. 大嶺祐太
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。