中澤奨の中学や高校をチェック!父や家族は?身長や階級も気になる

この記事は3分で読めます

ポーツ界の中でも日本ボクシング界の将来は明るいと言えるんじゃ
ないでしょうか。

というのも2015年4月に見事な2R「KOデビュー」を果たした辰吉丈一郎選手の
息子『寿以輝』選手もその1人。

しかし、実はあの日テレビ放送はなかったんですがプロ6連勝を飾り近い将来、十分に
世界王者を狙える逸材の試合も行われていた
んですよ!

そうです!それは浪速のショーこと『中澤奨』選手!

ボクシング通のあなたはもうすでに知ってるかもしれません。

しかし、まだまだ世間には知られていない注目の中澤選手を今回は
紹介していきましょう。

彼の出身中学や高校に加えて父や家族の存在、そして身長や階級と盛りだくさんで
いってみましょう!

スポンサーリンク

中澤奨のプロフィール!中学や高校も

名前:中澤奨(なかざわ しょう)
ニックネーム:浪速のショー
生年月日:1992年12月9日
出身:大阪府大阪市
所属:大阪帝拳
スタイル:右ボクサーファイター

澤奨選手は大阪府大阪市出身でニックネームが憧れである辰吉丈一郎選手の
『浪速のジョー』にちなんで『浪速のショー』

『辰吉寿以輝』選手が「辰吉2世」として世間では知られていますが実は
この中澤選手も「辰吉2世」ではないかと専門家の間では言われています。

実際に辰吉丈一郎選手もかなり期待しているのかよく会場にまで応援に駆け付けて
いるようですよ。

出身が大阪ということですが中学と高校がどこか気になりますよね。

中学は大阪市鶴見区にある「大阪市立緑中学校」で高校は大阪市天王寺区にある
「興國高校(こうこく)」
です。

「興國高校」といえば卒業生に「3階級制覇」を果たした同じボクシングの
『井岡一翔』選手がいますね!

「興國高校」出身の3階級王者『井岡一翔』選手の関連記事はこちら!
⇒井岡一翔の性格や弟の名前は?愛車や気になるファイトマネーも

しかも大学も東京農業大を中退ということでこれは井岡選手と全く同じ
経歴じゃないですか!

高校時代には4冠、大学時代には2冠とアマチュア6冠を制覇した
中澤選手は間違いなくホープと言えそうです!

中澤奨の身長や階級が気になる!

澤選手の身長は『172cm』で階級はスーパーバンタム級でプロ6戦目まで
戦っていますね。

今後は2015年以内に世界タイトルマッチの資格でもある東洋太平洋王座か日本王座を
狙っているようです。

すでに両方のランキング15位以内に入っておりどちらかを取ると世界ランキング
入りもすぐでしょう。

中澤奨の父はどんな人?家族は?

近は親子で世界チャンピオンを目指すボクサーが多いですが中澤選手の家族は
どうなんでしょう。

家族構成は両親と2歳年上の兄と妹。

お父さんが直接指導していたという情報はなかったです。
しかし、中澤選手が5歳だった1998年に2歳年上の兄『誠(せい)』さんと初めて
辰吉選手の世界戦をテレビ観戦した
という

そして、その試合によほど興奮したのかその後兄と一緒に大阪帝拳ジムを訪れる。
しかし、「幼稚園児はダメ」と断られ翌年の99年に入門したとのこと。

『弟想い』の良いお兄さんですね。
今や「浪速のショー」と呼べれるぐらいにまでなりお兄さんも誇らしいでしょう!

ぼくだったら周りに
「弟を最初にボクシングジム連れて行ったんオレやからなっ」
と自慢してしまいますね(笑)

最後にまとめ!

れでは最後にまとめです!

①中澤奨選手は辰吉丈一郎選手の愛称『浪速のジョー』にちなんで『浪速のショー』
 と呼ばれ「辰吉2世」の呼び声が高い。

②身長は172cmで階級はスーパーバンタム級。すでに東洋、日本と両方ランキング
 入りしている。

③5歳の時に2歳年上の兄と一緒に辰吉選手の試合をテレビ観戦しその後小学1年で「大阪帝拳」ジムに入門。

2015年には間違いないなく東洋太平洋か日本王座を取れる実力者なので
ぜひとも頑張ってほしいですね。

気になる世界初挑戦は2016年以内のプロ9戦目か10戦目ぐらいでしょうか。

『寿以輝』選手と一緒に関西からボクシング界を引っ張っていくような存在に
なることを期待して応援していきましょう!

他にもボクシング界を引っ張っていくであろう選手の関連記事はこちら!
⇒将来が期待されるボクサーのページへ

       スポンサーリンク            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山中慎介 wiki
  2. 田口良一 wiki
  3. 田中恒成 wiki
  4. 河野公平 wiki
  5. 加納陸 wiki
  6. メイウェザー 年収
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ