現役日本人最強ボクサーまとめ!ラスベガス進出は?階級や戦績も

この記事は6分で読めます

いかげんいつまで日本にひきこもり続けるんですか?

「突然なにっ!?」って思ったかもしれませんがこの
ひきこもりというのは今の日本人世界王者にぴったりの言葉です。

まず、ここを訪れてくれたあなたはボクシングが大好きでもっと
日本人ボクサーが世界で活躍してほしいと願っているはず。

スポンサーリンク

あのドネア選手に勇気と覚悟を持って挑んだ
西岡選手のように。

それにしても世界から注目されてない日本で世界戦ばっかりして
未来の日本ボクシング界は本当に大丈夫なのでしょうか?

あなたはこんな風に思うかもしれません。

「そうは言うけど2014年にアメリカの有名ボクシングサイトが
選ぶMVPに井上尚弥が選ばれたよね!?」

でも、目の肥えたボクシング大国アメリカのファンが直接見た
こともない選手の実力を果たして認めてるでしょうか。

一度、考えてみてください。

今でこそ世界的に有名なボクサーになったパッキャオですが
1998年に日本のリングに一度上がってます。

噂では強すぎると言われていたパッキャオですがその時に
本当に実力を認めていた人がどれぐらいいた
でしょうか?

その試合を直接見てパッキャオのとんでもない実力を始めて
知った
んじゃないでしょうか?

井上選手もいくらMVPに選ばれたとはいえ本場アメリカでの
知名度はこの時のパッキャオと同等です。

それだったらあの亀田3兄弟の三男『亀田和毅』選手の方が
アメリカでの知名度は上。

なぜなら、15歳からボクシング人気が高いメキシコで
修行を積み結果を残し続けてきたから。

あのラスベガスで日本人でただ1人メインイベントで
試合をしたことのある西岡選手。

実際に西岡選手もラスベガスで試合をする数年前にメキシコで
試合をしアメリカでも知名度が高かったメキシカンを倒しています

そうした積み重ねが結果的に当時、最強だったドネア選手との
ビックマッチに繋がったわけですから。

せっかく西岡選手が開いてくれたアメリカ進出への扉を閉ざして
いいのでしょうか?

そういった選手が今後出てくることは日本のボクシング人気は
もちろん日本人に勇気を与えると思いませんか?

それぐらい可能性のあるボクサーは確実に日本にいますよね。

山中選手が試合後のリング上で愛息子とじゃれ合う姿はそれは
それで微笑ましいです。

しかし、ボクシングファンのあなたからからすれば

「次はラスベガスで試合をします!」

というアメリカに届かんばかりの力強い宣言が一番聞きたく
ありませんか?

確かに海外で試合をするにはお金がかかりもし負ければ
ジム経営が危うくなるかもしれません。

でも、海外で勝ち続けることが出来ればどうでしょうか?
とんでもないハイリターンが待ってると思いませんか?

このタイミングで一歩踏み出す時が来たんじゃないでしょうか。

アメリカンドリームを築いたパッキャオも同じアジア人です!
実力がある日本人ボクサーにも出来ないわけがありません。

ということで後にも先にも世界へ羽ばたいてほしい実力派ボクサー
をぼくの独断と偏見で一挙紹介しています。

現役日本人最強ボクサーまとめ!階級や戦績も

三浦隆司選手 WBC世界スーパーフェザー級王者


いにボクシングの聖地「ラスベガス」
進出を果たす。

「ボンバーレフト」ことその驚異的な
パンチ力で本場、アメリカのファンも
魅了する。

大森将平選手 日本バンタム級王者

本人にとって馴染み深いバンタム級に
「山中2世」が登場。

15戦目まで無敗の10KOという
すばらしい戦績。

初の世界挑戦は2016年春となる可能性
が高い。

バンタム級戦線に割って入り込む実力派ボクサー。
⇒大森将平ってダレ?山中2世?戦績は?動画で実力をチェック!

河野公平選手 WBA世界スーパーフライ級王者


進が持ち味のインファイトスタイルが
得意なボクサー。

「3度目の正直」で世界チャンピオンに
輝いた苦労人

河野選手の実力やいかに!?亀田戦に注目が集まる。
⇒河野公平の実力を検証!強い?弱い?亀田に負ければ引退との噂も

丸田陽七太選手 森岡ジム所属

2015年11月に高校3年生ながらプロ
デビューが決定。

女性ファンも多くアマチュア時代から人気、
実力共に兼ね備えたボクサー。

松本圭佑選手 大橋ジム所属

U-15」全国大会を小学5年から中学3年まで5連覇
「スーパー中学生」と言われた怪物。

「元祖怪物」井上尚弥選手とは大橋ジムの同門。

まずは2020年東京オリンピックでの金メダルを目指す。

井上尚弥以上の怪物と言われる松本圭佑選手はこちら!
⇒松本圭佑の実力は怪物級!父や生い立ちは?彼女がいる?高校も

中澤奨選手 東洋太平洋バンタム級2位

リスマ「辰吉丈一郎」選手に憧れ
「浪速のショー」のニックネームを持つ。

アマチュア時代に高校4冠、大学2冠の6冠を制覇。

辰吉選手の息子「寿以輝」選手とは大阪帝拳ジムの同門。

専門家からは「辰吉2世」と言われ評価の高い中澤選手はこちら!
⇒中澤奨の中学や高校をチェック!父や家族は?身長や階級も気になる

松本亮選手 前東洋太平洋スーパーフライ級王者


量級の中でも身長174cmと高く14戦中12度のKO勝利を
誇る
大橋ジムのハードパンチャー。

また、アマチュア時代には「軽量級の村田諒太」
言われるなどルックスが話題。

2015年年末での世界初挑戦が濃厚。

ジャンクスポーツにも出演したことのある松本亮選手はこちら!
⇒松本亮はイケメンボクサー!実力は?世界戦は?モデル出身との噂も

田中恒成選手 WBO世界ミニマム級王者


上尚弥選手の6戦目を超える日本最速5戦目で
世界王者に輝いた。

将来的な伸びしろは無限大で今後のマッチメイクに
期待がかかる。

井上兄弟どちらかとの対決はファンが最も見たい
カードの1つ。

井上兄弟の弟「拓真」選手との関係はこちらの記事から!
⇒田中恒成の出身や大学をチェック!兄がいる?井上拓真との関係も

井上拓真選手 東洋太平洋スーパーフライ級王者

物『井上尚弥』選手の弟にして日本最速5戦目で世界王者に
輝いた『田中恒成』選手とは高校時代からのライバル関係。

兄に並ぶ6戦目での世界王者になれるか期待がかかる。

兄も絶賛する実力の持ち主、拓真選手はこちら!
⇒井上拓真は井上尚弥の弟!実力は兄以上?田中恒成との関係は?

加納陸選手 WBAアジアミニマム級王者

学卒業と同時にフィリピンなどアジア各国に武者修行に
渡り実力をつけた「WBAアジアミニマム級王者」

2015年6月には国内プロデビュー戦でKO勝ち。

井岡弘樹さんが持つ18歳9カ月10日で達成した
「国内最年少世界王者記録」更新できるか注目が集まる

ファイトスタイルがパッキャオに似ている加納選手はこちら!
⇒加納陸は日本のパッキャオ!身長や中学は?ファイトマネーが破格

内山高志選手 WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者


山選手はワタナベボクシングジム所属のスーパーフェザー級スーパー王者。

歴代KO率No,1ボクサーということで通称「ノックアウト・ダイナマイト」
と呼ばれる。

2015年5月には「10度目」の防衛に成功し具志堅用高さんが持つ
日本人最多記録「13回」の記録更新に注目が集まる。

気になるファイマネーはこちらからチェック!
⇒内山高志のパンチ力がヤバイ!ラスベガス進出は?ファイトマネーも

山中慎介選手  WBC世界バンタム級王者


中慎介選手は帝拳ボクシングジム所属のWBC世界バンタム級王者。

相手選手を次々とKOするその左ストレートは通称「神の左」
呼ばれる。

2015年5月には全階級の選手の中で体重が同条件だったらと仮定した
ランキング「パウンドフォーパウンド」10位に入る。

山中選手のプライベートな部分はこちらから!
⇒山中慎介の妻は恐妻家だった!?子供や気になる年収まで大公開

井上尚弥選手 WBO世界スーパーフライ級王者


上尚弥選手は大橋ボクシングジム所属のWBO世界スーパーフライ級王者。

2014年12月には世界的にも有名な「オマール・ナルバエス」選手を
2RKOと圧倒的勝利。

2014年アメリカの有名ボクシングサイトが選ぶ「MVP」に選出される。

軽量級最強と言われる「ローマン・ゴンザレス」選手との
ビックマッチに期待がかかる。

後に伝説のボクサーとなるであろう井上選手の関連記事はこちら!
⇒井上尚弥は伝説のボクサー!ラスベガス進出は?夢のvs田中恒成は?

村田諒太選手 IBF世界ミドル級9位 WBO世界ミドル級11位


田諒太選手は帝拳ボクシングジム所属の
2012年ロンドンオリンピックミドル級「金」メダリスト。

2015年5月に世界ランカーに圧倒的なKO勝利を収め世界挑戦が
近づいてきています。

対戦相手などを決めるマッチメイクはパッキャオなどの試合も手掛ける
「トップランク」社が行っている。

その為、ラスベガスでの世界戦が決まる可能性もある。

規格外のファイトマネーを手にする村田選手の関連記事はこちら!
⇒村田諒太の奥さんは痛い?年収やファイトマネーがスゴすぎる!

        

井岡一翔選手 WBA世界フライ級王者


2015年4月に世界最速での3階級制覇を達成。

井岡ジムの会長『井岡弘樹』さんは元2階級制覇王者のプロボクサーで
叔父にあたる。

ローマンゴンザレスなど強敵揃いのフライ級戦線で統一王者と
なれるか注目が集まる。

亀田和毅選手 前WBO世界バンタム級王者


田3兄弟の「秘密兵器」と言われ若干15歳でメキシコに
武者修行で渡る。

2015年5月にはWBA世界バンタム級タイトルマッチに挑戦者として
挑むも惜しくも判定で破れ初黒星

すでにラスベガスでの試合を何試合か行いアメリカでの知名度は
上がってきている。

最後にまとめ!

かがでしたでしょうか?

ぜひ、あなたの意見も聞かせてほしいのでコメント
ください。

最後に日本ボクシング界がもう一度、活気を取り戻す
為には世界に羽ばたいていくしかありません。

世界に羽ばたくしかないのです。

サッカー界を見てください。

三浦知良選手が海外移籍の「先駆者」として
イタリアに羽ばたいたではありませんか?

ボクシング界で言えばそれは西岡選手。
アメリカで完全に認知されました。

ではその次は…..

勇気と覚悟を持った西岡選手に続く選手が出てくる
ことを願うばかりです。

日本ボクシング界の明るい未来を信じて。

       スポンサーリンク            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山中慎介 wiki
  2. 田口良一 wiki
  3. メイウェザー 年収
  4. 松本亮 wiki
  5. 三浦隆司 wiki
  6. 丸田陽七太 wiki
  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ