長友佑都がインテル退団!?実は太鼓の達人との噂や身長や年俸も

この記事は2分で読めます

     
       スポンサーリンク                  

ッカー日本代表の左サイドバックといえばこの人しかいないですよね!?

そうです!それはインテルの『長友佑都』選手!

とりあえずこの選手、ホンマ「どんな体力してんねん!」っていうぐらい走って
走って走りまくりますよね(汗)
世界のサイドバックの中でも持久力はトップクラスじゃないでしょうか。

そんな長友選手ですが2011年から所属しているインテルを退団!?との情報が入って
きました。

今回はその情報に加えて身長や気になる年俸、そして「実は太鼓の達人?」との
噂まで迫ってみましょう!

長友佑都のプロフィール!身長や年俸も

名前:長友佑都(ながとも ゆうと)
ニックネーム:ユウト
生年月日:1986年9月12日
出身:愛媛県西条市
最終学歴:明治大学
身長:170cm
体重:68kg
ポジション:DF(サイドバッグ)

友佑都選手は愛媛県西条市出身の身長170cmで日本代表の左サイドバックに
長く君臨するサッカー選手。(身長は若干高めに言ってる可能性あり 笑)

2015年に入りハリルホジッチ監督になってからはポジション争いが激しく
なりそのポジションも決して安泰とはいえない。

長友選手とポジション争いをするG大阪の藤春廣輝選手の関連記事はこちら!
⇒藤春廣輝(ガンバ大阪)の性格や気になる年俸について調べてみた!彼女や結婚についても!

2008年にFC東京に入団し2010年からイタリアでプレーし2011年からはあの
ダレもが知る名門「インテル」に所属する長友選手

そんな驚異的な出世街道を走ってきた長友選手の「年俸」の上がり具合が
気になってしまうのはぼくだけでしょうか(笑)

ということでみっちり調べてみたところこんな感じでした。

300万円から4億円ってちょっと想像つかないですね(苦笑)
しかもたった5年ですよっ5年(驚)

これも長友選手の努力の賜物というやつでしょうね。

         Sponsored link

長友佑都はインテルを退団するのか!?

2014年~2015年シーズンはケガが多く日本代表にも召集されずインテルでも
出場機会が少なかった長友選手。

シーズン終盤にはケガから復帰したもののマンチーニ監督からの評価が低い
のかスタメン復帰とはなかなかなりませんでした。

その影響もあってかイタリアメディアは「長友退団」のニュースを
報じています。

実際には日本代表のチームメイト内田選手が所属するドイツの「シャルケ」
移籍の噂があるとかないとか。

来シーズンもなかなか出場機会に恵まれなければ日本人に対する評価の高い
ドイツからのオファーがきても全くおかしくありません。

長友選手の移籍ニュースはこれからも追っていきたいと思います。

長友佑都が太鼓の達人との噂をチェック!

「タイトルだけを見ると長友ってサッカーの長友のことじゃないんか!?」
って思いますよね(苦笑)

しかし、これはもちろん現役日本代表のサイドバッグ長友選手のことで太鼓が
めちゃくちゃ「上手い」んです!

どういう関係があるかというとこれは明治大学時代にケガなどでなかなか試合に
出れない時期に応援席で太鼓を叩きまくって応援していたという。

これを見ると長友選手のサクセスストーリーがだいぶ分かりますね(笑)

それでは上手くなりすぎたという太鼓の達人の腕前を見てみましょう!

いかがですか!?
「リズム感ハンパないしドラムも絶対いけるやん」と思ったのは
ぼくだけしょうか
(苦笑)

最後にまとめ!

①長友佑都選手は愛媛県西条市出身の身長170cmで日本代表の左サイドバックに
 長く君臨する。

②年俸が5年で300万から4億円まで上昇。出世街道まっしぐら!

③インテル退団の可能性は出場機会に恵まれてないことから十分にある。
 シャルケなどドイツのクラブが実際に興味を持っている。

④太鼓の達人との噂はホント!マジで上手すぎる(汗)

来シーズンの長友選手はどこのクラブにいてるのか気になりますね。

代表のことも考えると試合に出れないクラブに居てもしょうがないという
気持ちも少なからずあるかもしれません。

まぁこればっかりは来シーズンの監督が誰になるのかというのもだいぶ
関係してきますし今後の動きを要チェックしていきたいと思います。

       スポンサーリンク            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 宇佐美貴史 wiki
  2. 野津田岳人 wiki
  3. 植田直通 wiki
  4. 岡崎慎司 wiki
  5. 遠藤航 wiki
  6. 岩波拓也 wiki

アーカイブ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ