植田直通はテコンドー出身の元ヤンキー?代表は?海外移籍の噂も

この記事は3分で読めます

     
       Sponsored link                  

「闘争心」
この選手にはこの言葉がピッタリじゃないでしょうか?

それは鹿島アントラーズ所属で「U-23」日本代表の
『植田直通』(うえだなおみち)選手。

実はこの選手、幼少期に格闘技のテコンドーをやっていて
中学時には日本一になったというユニークな経歴の持ち主。

それにしても最近の子供達の格闘技、特にボクシング
人気はスゴイです。

ぼくは大阪人なんですが「なんば」にある世界チャンピオン
井岡選手が所属する「井岡ジム」。

ここは日曜日、親子連れで大盛況。

しかも、ジム前の歩道脇では少年がキレの良いミット打ちを
していてなんか祭りのような雰囲気でした!

それを見ながら「植田選手も少年時代はこんな感じやったんか
なぁ」
と思いつつ今こうして書いてます(笑)

少し話がそれてしまいましたが日本人で格闘家出身の
サッカー選手なんて今まで聞いたことありましたか?

あのスウェーデン代表のイブラヒモビッチはテコンドー
出身ってことはけっこう知られてますけどね。

ということで今回は全ての面で規格外であり日本代表史上
最高級のDF植田選手について

「テコンドー出身で元ヤンキーってどういうこと?」
「日本代表史上最高級DFと言われる理由が知りたい!」
「海外移籍の噂やオファーはある?」

この3点をメインに迫ってみましょう!

井岡家のサラブレッドである井岡選手はこちら!
⇒井岡一翔の性格や弟の名前は?愛車や気になるファイトマネーも

植田直通のプロフィール!テコンドー日本一

名前:植田直通(うえだなおみち)
ニックネーム:ナオ
出身:熊本県宇土市
生年月日 1994年10月24日
身長:186cm
体重:77kg
ポジション:DF(センターバック)

初に一つはっきり言っておかなけばいけないのは
植田選手は元ヤンキーではありません。

おそらく目つきがそう言わせたんでしょう(苦笑)

ではプロフィールを詳しく見ていきます。

小学生でテコンドーを始め3年生の時には
小学生部門「全国3位」に輝いてます。

そして、中学年代では「日本一」になり
世界大会にも出場経験あり!

並行して小学3年の時にサッカーも始め中学時代は
「宇土市立住吉中学校」サッカー部に所属。

徐々にサッカーにハマり高校はプロを目指せる環境を
優先に選び熊本の強豪校「大津高校」に入学。

大津高出身の日本代表「谷口彰悟」選手はこちら!
⇒谷口彰悟の彼女はダレノガレ明美?ウッチーよりイケメンで性格は?

早速、当時の監督から新人離れした才能を見出され
FWからDFに転向

1年生の時からDFとしてスタメンを勝ち取る。

極めつけはDFに転向後わずか1年で「U-16日本代表」
に選出される。

もう一度言います!わずか1年です

そして翌2011年にはFIFA「U-17ワールドカップ」に
出場。

チームは準々決勝でブラジル相手に2対3で敗れはした
ものの世界大会でベスト8という好成績。

その時のチームメイトで長友2世と言われる明治大の室屋選手はこちら!
⇒室屋成は長友2世?柴崎岳の後輩?日本代表入りや海外移籍の噂も

2013年には過去最高と言われる10クラブ以上のオファーの
中から「鹿島アントラーズ」を選択。

理由は「ファミリーに近い雰囲気と感じたから」だったという。

        Sponsored link

植田直通は日本代表史上最高級のDF!

少期から規格外の選手だったということがここまで少し
分かってもらえたでしょうか。

とにかくぼくは植田選手が初めて海外のビッククラブで成功する
DFだと思ってますから気合入ってます(笑)

それではなぜ、そう思うのかについて書いていきましょう。

まず、植田選手のプレースタイルで最も特徴的なのは
なんといってもフィジカル

そして、身長186cmと外国人相手に見劣りしない
高さ

さらにそれを支えているのがテコンドーで
鍛え上げた闘争心

それは「試合で血を流すのが目標」と言っているのが
よく表しています。

ここまでくればただのガタイの良いパワー系DFと
思いますよね?

しかし植田選手の場合、ヤンキー顔には似合わない優しい
前線に送るパスもすばらしい。

そんな一級品のパスはこちら

そして、まだまだ終わりません!

植田選手、もう一つの武器。

それは50m走が「6秒1」というあの体格からは
信じられないような俊足の持ち主。

「6秒1」ってのはどれぐらい速いんでしょう!?

参考までに足が速いと言われる他のサッカー選手の記録や
陸上選手の記録を見てみましょうか。

まぁこれを見てもセンターバックの選手でって
ところがポイントですね。

まとめると「強さ」「上手さ」「高さ」「速さ」
4拍子を兼ね備えた代わりがいない選手。

そして、「和製プジョル」と名付けても全く
問題ないその見事な闘争心。

後、経験を加えていけば日本人史上最高のDFへと
上りつめるのは間違いありません!

植田直通の海外移籍の噂が気になる!

れだけの可能性を持った選手であれば当然気になって
くるのが海外移籍。

これまでに「アジアカップ」の注目選手として柴崎選手と共に
一度、イタリアメディアに取り上げられた
ことがあります。

これを見ても徐々に注目され始めてるのが分かります。

現時点では具体的なオファーはありません。

しかし、植田選手が世界に羽ばたいていく絶好のチャンスは
2016年のリオ五輪です

これしかありません。

そんな植田選手のサッカー観はいたってシンプル。

どんな相手FWも潰してくれるでしょう!

最後にまとめ!

①中学時代にテコンドー日本一になったこともあるユニークな
 経歴を持ったセンターバック。

②「強さ」「上手さ」「高さ」「速さ」4拍子を兼ね備えた
 代わりがいないDF

③イタリアメディアに取り上げられたことがあるなど世界でも
 徐々に注目を集めてきている。

ということで世界規格のDF植田直通選手についてうまく
伝わったでしょうか?

もしかしたら本田選手がよく言っている「個」の重要さを
一番表現しているのが植田選手かもしれません

海外で互角に戦える選手になるには避けては通れない
個の力

そして、闘争心をムキ出しにして戦える植田選手であれば
必ず世界のトップレベルで通用します。

そんな植田選手の活躍にこれからも注目していきましょう!

         Sponsored link            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 加藤カレッティ丈 プロフィール
  2. 澤上竜二 wiki
  3. 長友佑都 wiki
  4. トッティ wiki
  5. 遠藤康 wiki
  6. 堂安律 wiki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。