小原尚子はわんこそば大食い美人!モデル歴もあった!?経歴や性格は?

この記事は3分で読めます

んこそば選手権で有名になった『小原 尚子(おばら なおこ)』さんをご存知ですか?

大食いなのにスレンダー美人だから、注目を集めているんです。

モデル顔負けの細さには、ビックリ!

見た目は、とても大食いの人とは思えません。

どれだけ食べっぷりがスゴいんでしょうか?

そんな小原尚子さんの経歴性格も、気になるところ。
今後、さらにいろんな番組で活躍するはず。

そこで今回は、小原尚子さんがどんな人物なのか詳しく迫ってみましょう!

スポンサーリンク

小原尚子のプロフィール

小原尚子
出典:Twitter
名前:小原 尚子(おばら なおこ)
年齢:1994年?月?日
出身地:岩手県
身長:167cm
体重:43kg
職業:家事手伝い

小原尚子はわんこそば大食い美人! 食べっぷりがスゴい!

さい頃から、大食いだった小原尚子さん。
小学生のときに、すでにわんこそば大会に出場しています!
ちなみにこのときは、3分で48杯のわんこそば!
ということは…1分で16杯!?
大人でも、至難の業です…。

2017年に「第32回日本わんこそば選手権」2位になった小原尚子さん。
彼女は優勝者の男性と同じ293杯を完食したんですって。
293杯って、すごい量ですよね!?
「噛まずに水のように飲み込む」のがコツらしいですよ~。
でも、のどに詰まる危険性があるので、真似しないでくださいね。

この選手権出場のきっかけは、盛岡のあるお店でジャンボラーメンを完食したこと。
店員さんに、この子ならわんこそば選手権に出られるんじゃと見初められたんですね。

別のある番組では、回転寿司で91皿を完食した小原尚子さん。
男性でも、なかなか達成できない皿数ではないでしょうか?

人気番組「モニタリング」(TBS)では、「もしも合コンに来た美女たちが大食いだったら?」に出演したこともありますよね。

小原尚子のテレビ出演「モニタリング」
出典:Twitter

私もその番組を観ていましたが、こんなに食べるの?と相手の男性たちもかなり驚いていました(笑)
「まだ食べるの?」と言いたそうな男性陣と、平然と食べ続ける女性陣の対比が、なんとも面白かったです☆

彼女の大食いは、日常茶飯事のこと。
いつも、1食にお米7合を食べるというから、ハンパないです!
身体が重くなりそう…。
それにしても、あの細い体にそんなに入ってしまうなんて摩訶不思議。
どうやら小原尚子さんは、1日1食なんですって。
そのほうがおなかもすいて、よりたくさん食べられるんですかね。
と思ったら、食費の問題のようです。
3食めいいっぱい食べると、食費がおそろしいことになるほど。
もし、食費のことを気にしなくていいとなったら、どのくらい食べるんでしょうか。
ちょっと観てみたい気もします…。

小原尚子さんの母も兄も、同じく大食いとのこと。
これは、食費がすごいことになりそうですね~。
一ヶ月あたりのお米代って、どのくらいなんでしょう?
想像できませんね…。

スポンサーリンク

小原尚子の経歴って? モデル歴もあった!?

原さんってあんなに食べるのに、太っていないし美人!
以前はモデルとして活動していたと経歴にあります。
ViVi専属モデルオーディションを受けたこともあるそう。
ちなみに、そのとき一次には合格したとのこと。
合格者は4158人中79人だけだったというから、それだけ彼女はスタイルもよくて審査員の目にとまったんですね。
2次審査は、残念ながら無理だったようです…。

小原尚子は美人大食いタレント
出典:Twitter

小原尚子さんは大食いタレントで且つ美人だから、今後いろんなモデルの仕事がくるかもしれませんね。
「ギャル曽根」さんのように料理上手とかプラスαの特技があると、より仕事がきそう!
彼女は、美味しいものを色々と楽しく食べたいタイプ。
競うことにあまり魅力を感じないんですって。

現在家事手伝いをしているのも、ひょっとしてタレントの仕事がいつでもできるようにということ…かもしれません。
フルタイムで働き始めたら、そう簡単には仕事をやめられないし、まだ若いですからとりあえずいろんなことをやってみるのも一つの方法なのかも?
大食いができるスレンダー美人ってなかなかいないから、十分希少価値もありますしね。
今後、彼女にぴったりの仕事がみつかるといいですね。

小原尚子ってどんな人? 性格は人見知り?

は、あまり社交的ではないようです。
人見知りするタイプなのか、友達はネット上のみ

小原尚子の性格は人見知り
出典:Twitter

外出はあまりせず、家に引きこもり。
忘年会や新年会にも、誘われないという小原尚子さん。

SNSでもネガティブ発言が多いとか。
闇の部分が多いんでしょうか…。
ネットを観ていることが多いそう。

でも、そんな部分も共感しやすいのかも。
あまりガツガツしていないし、競うのは苦手なタイプなのです。
わんこそばの大会も、自分から出るといったわけではないし、わんこそばを広めたいという想いがあったからとか。
実際に、小原尚子さんの豪快な食べっぷりがきっかけで、わんこそばはかなり日本全国に広まったのでは?
見た目は今どきの若いコっぽいけど、真面目なところがあるのです。
そして、食べ方がキレイなことでも注目されていることも、好感を持てますよね。
どんなにたくさん食べても、食べ方が汚いとそれだけでアウト!になっちゃいませんか?

最後にまとめ

かがでしたか?
小原尚子さんについて簡単にまとめると

①第32回日本わんこそば選手権」では293杯のわんこそばを食べた。美人で大食いのギャップで注目される。1食にお米7合食べるとのこと。
②美味しいものを色々と食べたいそう。今は家事手伝いをしながらテレビ番組などに出演。
③あまり社交的ではなく引きこもるタイプ。小原尚子さんの食べ方がキレイと好評。

大食いタレント・小原尚子として、今後いろんな仕事が増えるといいですね~。
食べ方がキレイっていうのは、スタイルが良くて美人というのと同じくらいの魅力では。
グルメレポーターとしての活躍もあるんでしょうか?
楽しみにしていましょう~!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 鈴木紗理奈
  2. ぺえ wiki
  3. 坂上忍
  4. 石橋陽彩
  5. 鈴木光
  6. 池田美優
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。