須田亜香里が可愛い!大学はどこ?気になる伝説やバレエの実力も 

この記事は3分で読めます

     
       Sponsored link                  

や誰もが知る元AKB48の大島優子さんと
「ファンへの対応や万人受けする笑顔、そして元気の良さ、仕事への姿勢」
がかぶるとファンの間では言われている人といえばこの方!

そうです!それは「SKE48 チームE」のリーダー『須田亜香里』さん。

あなたも知ってるかもしれませんが須田さんの握手会での神対応ぶりを見て
ソッコーで虜になってしまう人もいるとか(苦笑)

そんな今後がますます楽しみな須田さんについていろいろ調べてみました。

「簡単なプロフィールや可愛い画像が見たい」
「どこの大学に通ってる?」
「バレエの実力ってどれほどのもの!?」
「伝説ってどういうこと?」

といったことについて迫ってみましょう!

須田亜香里のプロフィール!可愛いと話題

名前:須田亜香里(すだ あかり)
ニックネーム:あかりん、だーすー、須田ちゃん
生年月日:1991年10月31日
出身:愛知県
血液型:A型
身長:159 cm
特技:クラシックバレエ

田亜香里さんは愛知県出身の身長159cmで「SKE48 チームE」のリーダーを
務めています。

SKE48に入ったのは2009年11月の「第三期メンバーオーディション」
に合格したことがきっかけ。

AKB姉妹グループのメインイベントの1つ「シングル選抜総選挙」では
2011年が36位、2012年は29位となりアンダーガールズに選出される。

また2013年は16位、2014年は10位と選抜メンバーに入り年々、順位を
上げている。

その最大の『人気』の理由は可愛いらしい笑顔はもちろん他にも

「握手会での対応」「顔芸とまで呼ばれるほどの、表情パフォーマンス」

といった点がファンを惹きつけているという。

ある意味、カンペキなエンターテイナーです(笑)

サービス精神がハンパないようでファンを大事にする「アイドルのカガミ」
存在でもあるようですね。

         Sponsored link

須田亜香里の大学はどこ?バレエの実力もチェック!

イドルと学業の両立は想像以上に大変と聞きますが須田さんは2010年4月に
「金城学院大学」に入学しています。

この大学、東京の大学には知名度で劣りますが実は超お嬢様学校で
世界各国の大学と国際交流協定があるようなスーパー『セレブ』校でした
(驚)

また、お金持ちの家庭はそれが趣味や特技に現れるもの。

須田さんもクラシックバレエをSKE48に入るまでの「5歳~18歳」まで習っていた
そうで全国規模のコンクールで2位になったこともあるという実力者。

テレビでもその軟体ぶりを何度も披露しているだけに相当な練習を積んで
いたのがわかりますよね!

須田亜香里の伝説が気になる!

須田亜香里さんを調べていくと「伝説」というキーワードが出てきて
ついつい反応してしまいました(苦笑)

これはどうやら最初の方にも書きましたが「握手会」での神対応ぶりが
ファンの間では伝説扱いされているようです
(相当スゴイんでしょうね)

その中でかなり面白い『エピソード』がありましたのでどうぞ!
(「あ=あかりん」「ふ=ファン」)

とまぁこれは参加者の実体験のようですがスゴイですね!
そのスゴさは参加した人にしか百パーは伝わらないんでしょうけどね(苦笑)

ファンからすればディズニーランド級の「夢の体験」ってやつでしょうか
(いやっそれ以上ちゃうか 笑)

最後にまとめ!

①須田亜香里さんは愛知県出身の身長159cmで「SKE48 チームE」のリーダー

②2010年4月にスーパーセレブ校と言われる「金城学院大学」に入学している。

③クラシックバレエをSKE48に入るまでの5歳~18歳まで習っていた。
 ジュニア時代には全国規模のコンクールで2位になったことのある実力者。

④伝説とは握手会でのスゴすぎるエピソードだという。詳細は上記から!

とにかくファンを大事にする須田亜香里さんは確かに「アイドルのカガミ」
言われるにふさわしい人かもしれませんね。

今後、どこまでブレイクし続けるか楽しみな存在じゃないでしょうか。

なにかあの大島優子さんとかぶると言わせるだけの存在感を持ったアイドルですので
これからも大注目でいきましょう!

         Sponsored link            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高城亜樹 wiki
  2. 小嶋菜月 wiki
  3. 木崎ゆりあ wiki
  4. ルオシャオイー wiki
  5. 市川美織 wiki
  6. Newwy wiki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。