HARUHIは注目の大型新人アーティスト!出身や本名は?両親は誰?

この記事は3分で読めます

う映画館で観ましたか?

「せか猫」こと映画「世界から猫が消えたなら」を。

120万部を超えたベストセラー小説が映画化とあって話題を集めています!

実際に観に行かれた方は、、、

「涙あり笑いありのすごくいい作品でした」

「大切なモノを失って、命と引き換えに人の繋がりやモノに気づかされるとても切ない映画」

といった感想が多く感動された方も多いとのこと。

実際に公開初日2日間で動員14万1691人、興収1億8470万円、、、

映画観客動員ランキングでも初登場第3位を記録するなど、文句なしの人気ぶりですよね。

そして、この映画のもう一つの注目ポイント。それは主題歌。

そんな主題歌を歌うのはこの曲で鮮烈デビューを果たした大型新人アーティスト『HARUHI』さん。


出典:www.cinra.net

2016年5月にデビューしたての17歳(2016年5月時点)。

透き通るような素晴らしい歌声は大人顔負け!

今後の活躍がとても楽しみなアーティストです。

ということで今回はそんなHARUHIさんについて色々まとめてみました。

出身や本名などのプロフィール、両親、映画の主題歌「ひずみ」の動画もチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

HARUHIは注目の大型新人アーティスト!出身や本名が気になる


出典:actresspress.com

本名:???
名前:HARUHI(ハルヒ)
生年月日:1999年2月25日
出身:アメリカ、ロサンゼルス
身長:???
デビュー:2016年5月11日

HARUHIさんは1999年生まれのアメリカ、ロサンゼルス出身。

歌手と並行して楽曲制作も自ら手掛けるというシンガーソングライターです。

音楽は小さい頃から好きでピアノやギターを習っていたという。

歌手を本格的に目指すきっかけとなったのは13歳の時に初めて人前で歌った時。

そのステージで歌えた事が最高の気分だったのか、、、

そこで「歌手になりたい」と想い、本気で音楽の勉強をスタート。

好きな音楽のジャンルはオルタナティブロックとジャズ。

歌手はヘイリー・ウィリアムスやブレンドン・ユーリーなどといった、、、

ユニークな声と表現力の凄さを持つ人が好きだという。

本名や身長は残念ながらまだ、公表されていませんでした。

まだまだ、謎に包まれている感が強いですね。

HARUHIの両親は一体誰?小林武史との関係は?

型新人アーティストと聞くと、、、

「えっ!誰の子ども?」とついつい前のめりになってしまうのはぼくだけしょうか?(ミーハーか!)

ちょっと気になったので色々調べてみると、、、

音楽プロデューサーのご存知「小林武史」さんとマイラバことマイリトルラバーのボーカル「AKKO」さんの娘さんではないかともっぱらの噂です!

というのも、2人は2008年に離婚してしまいましたが、2人の娘さんがいる事はよく知られた事実。

さらに2001年に起きたアメリカ同時多発テロの時には、AKKOさんは娘さん2人と3人一緒にニューヨークに住んでいたとか・・・。

さらにさらにもう1点(笑)

AKKOさんのブログには気になるこんな文章が。

出典:http://ameblo.jp/

「はるるんと一緒やった」みたいですね(苦笑)

デビュー曲「ひずみ」のプロデューサーは小林武史さんという事ですし。

ただ、2人が離婚しているという事もあってさすがに表立っては言えないですよね。

大人の事情的な・・・。

スポンサーリンク

せか猫の主題歌でHARUHIのデビュー曲「ひずみ」を動画でチェック

れでは最後にHARUHIさんのデビュー曲「ひずみ」を動画でチェックしておきましょう。

ユニークな声と表現力の凄さを持つ人が好きだという辺り、、、

HARUHIさんも十分にその素質を持ったアーティストだと思います。

それでは素晴らしい歌声をどうぞ・・・

目をつぶって聞くとその良さ倍増です!

まとめ

いう事でいかがでしたか?

まだまだ、プライベートな部分は謎に包まれている感の強いHARUHIさん。

ただ、本当に小林武史さんとAKKOさんの娘さんであればこれは凄い血統の音楽界のサラブレッドです!

同じくアメリカ生まれの宇多田ヒカルさんのように人気が爆発する日も近いかもしれませんね。

今後の活動から目が離せません!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山下 健二郎 好きな女性のタイプ
  2. suzumoku wiki
  3. 安室奈美恵 wiki
  4. 矢沢永吉 wiki
  5. 瀧川ありさ wiki
  6. chay 永谷まい
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ