落合博満の現役時代の伝説の数々が凄い!全盛期の成績に迫る!

この記事は3分で読めます

冠王といえば、あなたは誰を想像しますか?
平成最後の「松中信彦」選手?それとも野球界1のレジェンド「王貞治」選手?
この2人も三冠王を達成し、有名な野球選手ですね。

では、三冠王達成歴代最多選手は、誰か知っていますか?
それは『落合 博満(おちあい ひろみつ)』選手です。

落合選手といえば、中日の監督時代のイメージが強い方が多いと思いますが、選手時代もとってもすごいものでした。
プロ入りしたのが遅かったのにも関わらず、三冠王だけではなく2000本安打も達成!
落合選手のすごいところは、他にもたくさんあります。
そこで今回は、落合博満の選手時代に迫ってみましょう!

スポンサーリンク

落合博満のプロフィール

落合博満の現役時代
出典:https://grapefruitmoon.info/

名前:落合 博満(おちあい ひろみつ)
生年月日:1953年12月9日
身長:177cm
体重:82kg
プロ入り:1978年 ドラフト3位
デビュー:1979年5月29日
現役時代の所属球団:
ロッテオリオンズ (1979 – 1986)
中日ドラゴンズ (1987 – 1993)
読売ジャイアンツ (1994 – 1996)
日本ハムファイターズ (1997 – 1998)

合選手は、なんと現役時代4球団も渡り歩いたんですね。
セ・リーグ2球団と、パ・リーグ2球団
セ・パ両リーグでプレーしたことがあるのが、落合選手の強みの一つかもしれませんね。
驚いたのがドラフト3位と思ったより低め。
1位や2位指名で入団したと、思っていた人も多いのではないでしょうか。
社会人時代は、アマチュア日本代表にも選出されています。
プロ入り前はそれほど有名な選手ではなく、ドラフトの注目選手でもありませんでした。

落合博満の現役時代の成績がすごい!ロッテ時代を振り返る

合選手は4つの球団を渡り歩いてきましたが、まず最初に入団したのが「ロッテオリオンズ」という球団です。
ロッテオリオンズってどこ?と思う人も多いと思います。
ロッテオリオンズは、現在の千葉ロッテマリーンズの前身となった球団です。

落合選手の話に戻ります。落合選手はロッテで8年間過ごすことになります。
25歳という比較的遅めにプロ入りすることになりましたが、実力は1流
当時の監督・山内監督の打撃改造が合わず、自分でバッテイング改造をしました。
のちに、これをきに監督時代にも使われる「オレ流」という言葉が生まれます。
落合選手は、プロ2年目からレギュラーを獲得。
落合博満のロッテ時代
出典:http://blog.livedoor.jp/
この年は57打席で、なんと15本のホームランを打ちました。
翌年のプロ3年目は、なんと30本越え!
そして首位打者も獲得!プロ3年目で初の打撃タイトル獲得となりました。
プロ4年目には、最上最年少三冠王を獲得。
そして、再び三冠王を1985年に獲得しました。
しかし、オフにトレードに出されロッテを去ることになります。
なぜトレードに出されたのでしょうか?

スポンサーリンク

落合博満の現役時代の成績がすごい!トレード後の成績は?

2度も三冠王を獲得し、トレードに出された年も決して成績が悪かったわけではありません。
では、なぜトレードに出したか、疑問に思いませんか?

それは、当時の監督の「稲尾監督」が成績不振に解任されます。
落合選手にとって「稲尾監督」とは唯一の理解者でした。
「稲尾監督」が解任された時、落合選手は「稲尾さんのいないロッテに自分はいる必要がない」と発言しています。
そして新監督の「有藤道世」監督が、「監督を引き受ける条件の一つに落合をトレードで出すのが条件」という条件により、落合選手はトレードされることに。

落合選手のトレード先は中日でした。
中日に移籍後、パ・リーグと変わらずセ・リーグでも実力を発揮します。
毎年、打撃タイトル争いにかかわる活躍ぶり。
落合博満の中日時代
出典:http://www.ad-vank.com/
そして、中日でも三冠王を獲得しました!
落合選手は、セ・リーグでもパ・リーグでも三冠王を獲得したことなりますね。
やっぱり落合はスゴイ!

1994年にFA権を行使し、巨人にFA
巨人では、移籍後3年目のシーズンで死球を受け、打撃が壊滅的なったことから、戦力外通告を受け日ハムに移籍
そこで2年間過ごし、引退します。

落合博満の全盛期の伝説がすごい!

合選手の魅力は?と聞かれたら、やはりその打撃でしょう。
現役時代は、史上最多の3回の三冠王を達成しています。

三冠王とは打撃タイトルの首位打者、本塁打王、打点王の3つのタイトルを同時に獲得することをいいます。
それも、そのうちに1度は最年少で獲得しています!
2回目の三冠王は、打率は3割6分超え、本塁打は50本越えと、圧倒的な成績で三冠王を獲得しました。
落合博満の伝説
出典:https://www.pinterest.jp/

落合選手が得意としていたのはインコース。
「インコース打ちの天才」と言われ、今でも落合選手よりインコースを打つのが上手な選手はいないでしょう。
今年、首位打者を獲得した横浜DeNAベイスターズの宮崎選手も、インコースを打つのが得意と言われてますが、落合選手はそれ以上でした。

落合選手の伝説はまだまだあります。
落合選手は歴代シーズン最高出塁率の保持者でもあります。
これは今でも抜かした選手はいません。
その出塁は驚異の.487という数字。
毎年、落合選手の出塁率は当然のように4割を超えています。
それも調子の良かったシーズンは、4割5分を超えるようです。

最後にまとめ

かがでしたか?
落合博満選手について簡単にまとめると

①セ・パ両球団に所属したことがあり、4球団(ロッテ・中日・巨人・日ハム)を渡り歩く。
②史上最年少、史上最多3回の三冠王の達成者。「オレ流」で打撃フォームを改造したことも。
③稲尾監督退任後の新監督と馬が合わずトレードに出されるも、セ・リーグに移籍しても変わらず実力を発揮。
④インコースを打つのが得意。歴代シーズン最高出塁率保持者。

数々の伝説を作ってきた落合博満
落合選手ほどすごい選手は、これから出てくるでしょうか?
それも楽しみですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 千賀滉大
  2. 落合博満
  3. 坂本勇人
  4. 鈴木尚広
  5. 小林誠司 wiki
  6. 内海哲也
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ