久保康友が戦力外でベイスターズを退団!?ロッテ・阪神時代の成績は?

この記事は3分で読めます

2017年も戦力外通告を受ける選手が当然います。

その中で2017年は、横浜DeNAベイスターズの『久保 康友(くぼ やすとも)』選手が戦力外通告を受けて、自由契約になりました。

久保康友選手といえばロッテ、阪神、横浜DeNAの3球団を渡り歩いた選手ですね。
実はリリーフも経験したことある選手なんですよ。
知っていましたか?

2017年は横浜DeNAからは「下園」選手なども戦力外通告を受けましたね。
久保選手はどんな選手だったのか?

久保選手のこれまでの成績を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

久保康友のプロフィール

久保康友
出典:ent.smt.docomo.ne.jp/
名前:久保 康友(くぼ やすとも)
出身地:奈良県橿原市
生年月日:1980年8月6日
身長:180cm
体重:81kg
プロ入り:2004年 自由獲得枠
所属球団:千葉ロッテマリーンズ (2005 – 2008)
阪神タイガース (2009 – 2013)
横浜DeNAベイスターズ (2014 – 2017)
デビュー:2005年4月2日

保康友選手といえばやはりクイックモーションでしょう。
クイックモーション(クイック)とは、ランナーの盗塁を防ぐために投げるフォームを小さくして少しでも2塁に速く送球できるようにする投法のことを言います。
そのクイックでいえば、久保選手は球界No.1と言ってもいいでしょう。

クイックが得意な久保選手は現在37歳と野球選手としてはもうそろそろ引退という時期に迫ってきました。
久保選手は2017年横浜DeNAベイスターズを戦力外になったのは先ほど書いた通りです。
2017年は横浜DeNA はクライマックスシリーズから日本シリーズに進出し2018年はリーグ優勝が目標といったところでしょうか。
そのためにも久保選手の戦力外は仕方ないのかもしれません。

久保康友のクイックがすごい!日本一のクイック

保選手のクイックが実は日本一なんです!
クイックモーションは普通は1.2秒台が平均くらいなのですが久保選手は社会人時代には1秒を切って0.99秒を記録しています!
ロッテ時代当時バッテリーを組んでいた岡崎選手の二塁送球は1.8秒台とても強肩でした。
なので久保選手と岡崎選手のコンビでランナーが盗塁するのはほぼ不可能に近い状態でした。
2010年度には規定投球回数に達した選手の中では唯一、盗塁をされていないません!(盗塁企画数は1)。すごいですね。
日本には巨人の「菅野智之」選手や横浜DeNAの「今永昇太」選手がいますが久保康友選手はそれ以上のクイックでした。
そのクイックは今でも健在です。
ちなみに阪神でリリーフや守護神をしたことがあったのですがその決め手の1つとなったのがクイックの速さだったようです。

スポンサーリンク

久保康友が戦力外でベイスターズを退団!?横浜ベイスターズ時代の成績は?

保康友選手は2017年残念ながら横浜DeNAを戦力外になったのですが久保選手の2017年の成績は7試合に先発し4勝2敗。
防御率は5点台でした。
味方からの援護に恵まれることが多く4勝もすることができました。
ファームでのあまり成績は良くなく限界が来ていたようです。
横浜DeNAに移籍する前は久保選手は阪神に所属していました。
しかし2013年のオフにFA権を行使し横浜DeNAへ移籍することになりました。
久保選手は移籍した1年目から12勝もする活躍
すごいですね!当時はエースとして活躍しました。
翌年の2015年は8勝で止まってしまいますがこれはチームの勝ち星が久保選手でした。
2015年の横浜DeNAは最下位でとても戦力的に厳しい状況でした。
2016年から「中畑清」監督にかわり「ラミレス」監督が就任しそれから出番が少しづつ減っていきました。
しかし谷間の先発として、横浜DeNAの数少ないベテラン投手として活躍しました。
久保選手は投手としては横浜DeNA最年長選手でした。
またファンからの人気も熱かったようです。

久保康友のロッテ・阪神時代の成績は?

保選手は横浜DeNAにFAしてくる前は阪神に所属していたのですがその前はパ・リーグに所属していました。
所属していた球団は千葉ロッテでした。
久保選手は実はあの松坂世代で松坂世代の最後の大物選手と呼ばれてプロ入りしました。
久保選手はロッテの希望選手枠として入団しました。
なんと久保選手はルーキーから大活躍しました。
まずプロ初先発した試合で初勝利そして初完封!初登板の試合で初完封ですからすごいですよね。
久保選手はこの試合からなんと7連勝!球団新記録の8連勝とはいきませんでしたがルーキーから7連勝というすごい成績を残し文句なしの新人王を獲得しました。
結果1年目から10勝3敗という驚異的な成績を残すもそれからはあまり良い成績が残せずに。
もうロッテでは久保選手が2桁勝利を達成することができませんでした。
そこで2009年。
「橋本健太郎」選手との交換トレードで久保選手は阪神に移籍することになりました。
久保選手の阪神での活躍はというと阪神2年目に二桁勝利
そして200イニングを投げる活躍。
チーム事情でリリーフもこなし大活躍でした。

最後にまとめ

かがでしょうか?
久保康友選手について簡単にまとめると

①久保選手は、2017年横浜DeNAを戦力外になった。
②FAで横浜DeNAに阪神タイガースから移籍。移籍1年目から二桁勝利を達成する活躍。横浜DeNAの投手最年長選手だった。
③阪神にはロッテからトレードで入団した。ロッテでは新人から初登板初完封を初勝利を成し遂げる。新人王を獲得した。

久保選手は2018年どうなるか決まっていませんが、久保選手が2018年どこのチームで野球をするのか気になるところですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. リック・バンデンハーク
  2. 野村祐輔
  3. 菊池涼介
  4. アンドリュー・マカッチェン
  5. 松井裕樹
  6. 木村拓也
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。