上原浩治が巨人に復帰と話題に!巨人入団秘話やメジャーでの活躍と特徴も

この記事は3分で読めます

人のエースとして20勝を挙げ、メジャーに挑戦。

ワールドシリーズでは胴上げ選手になった投手といえば

『上原 浩治(うえはら こうじ)』選手ですね!

そして、2018年、上原浩治選手は巨人に復帰することが決まり話題になりました。

巨人ファンは、とても嬉しいニュースですね!

そんな話題の上原浩治選手について、メジャーリーガーとして実力を発揮できたのかが気になるところ。

また、巨人入団秘話と上原浩治選手の特徴もまとめてみました!

スポンサーリンク

上原浩治のプロフィール

上原浩治
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/
名前:上原 浩治(うえはら こうじ)
出身地:大阪府寝屋川市
生年月日:1975年4月3日
身長:187cm
体重:87kg
プロ入り:1998年 ドラフト1位(逆指名)
所属球団:読売ジャイアンツ (1999 – 2008)
ボルチモア・オリオールズ (2009 – 2011)
テキサス・レンジャーズ (2011 – 2012)
ボストン・レッドソックス (2013 – 2016)
シカゴ・カブス (2017)
デビュー:NPB / 1999年4月4日
MLB / 2009年4月8日

原浩治選手は小学校から野球を始め、ずっと野球を続けているのですが、実は中学時代は学校に野球部がなく、陸上部に所属していました。
そのため上原選手は実は足が速いのかもしれませんね。

高校に進学し野球部に入部しています。
今ではメジャーで活躍するレベルの選手に成長しましたが、高校時代は全くの無名だったようです。
上原選手が大きく成長したのは大学に進学したことでした。
1度大学受験に失敗し、それがきっかけで大きく成長したそうです。
ではプロではどんな成績を残したのでしょうか?

上原浩治の巨人入団秘話! 巨人のエースとして活躍

原浩治選手は1998年に巨人からドラフト1位指名を受け入団しました。
当時メジャーの球団がスカウトにきて獲得に乗り出したことがきっかけで巨人とメジャーの球団で上原選手の争奪戦となりました。もちろん上原選手は迷いました。
1年目からメジャーで挑戦するチャンスを得たのですから。
しかし当時の巨人の監督の「長嶋茂雄」監督が巨人ファンの父を通し上原選手を説得したことから巨人への入団が決まりました。

ちなみに、ルール上ではプロ監督とアマチュア選手の接触は禁止されており、巨人のとったこの行動はほんとはいけないことなのです。
しかし、上原選手はそれがきっかけで巨人への入団を決意。
「巨人ってここまでするのか…」と驚いたそうです。
もちろん当時の野球ファンからはバッシングも受けることもありました。

上原浩治の巨人入団秘話
出典:http://mainichi.jp/

そうして上原選手は巨人を逆指名したという形で巨人に入団しました。
ちなみに、当時のドラフトでは高校生だった「松坂大輔」選手と並ぶ大物選手として報道されました。
上原選手は1年目から20勝する活躍で新人王に輝きました。
また最優秀防御率最多勝最多奪三振投手三冠王も獲得しました。

スポンサーリンク

上原浩治のメジャーでの活躍は? ワールドシリーズ胴上げ投手

本では1年目から大活躍の上原選手。
ではメジャーでは活躍できたのでしょうか?

上原選手のメジャーで活躍といえば、やはりワールドシリーズのことでしょうか。
上原浩治選手は巨人のエースとして大活躍してメジャーに挑戦しましたが、メジャーでは、いまいち結果を残せず怪我をしたのをきっかけにリリーフに転向することになりました。

2013年は前年から続く22試合連続無失点を記録し、開幕から絶好調でした。
前半戦だけで44試合の登板で2勝0敗8セーブ、防御率1.70という驚異的な成績を残し、チームも勝ち上がりワールドシリーズに進出しました。

上原浩治のメジャー活躍
出典:https://news.yahoo.co.jp/

2017年は日本人投手歴代最長26試合連続無失点を記録し、34人連続アウトの球団記録も更新。
メジャ-の球団の記録の更新ですから、ほんとすごいことです!

リーグチャンピオンシップシリーズという、日本でいうクライマックスシリーズにあたるシリーズでは、6試合中5試合に登板し、1勝0敗3セーブ4安打9奪三振無四球無失点という圧倒的数字残しました。
そしてワールドシリーズ(日本でいう日本シリーズ)でも優勝のかかった6戦目でも最終回をしっかり抑え、ワールドシリーズ胴上げ投手になりました。

上原浩治はどんな選手?特徴は? 国際試合で大活躍!

ジャーでも日本でも大活躍の上原浩治選手。
では上原選手はいったいどんな選手なんでしょうか?

上原選手といえば、やっぱりキレよくとても落ちるフォークと、伸びのあるストレートでしょう!

上原選手はとてもコントロールが良く、この二つを高い制球力で操り三振をバサバサ奪うピッチングスタイルで活躍してきました。
日本での10年間の1549イニングで、与四球数はわずかに206個と驚異的な記録を残しています。

またフォークピッチャーにもかかわらず暴投がとても少なく、上原選手のコントロールの高さを示しています。
フォークを良く投げる投手を暴投が多くなるのが普通なのですが、これが上原選手のすごいところ。

上原浩治の特徴
出典:https://full-count.jp/

上原選手は、国際試合でその強さをさらに発揮しています。
なんと、上原選手は外国チームとの国際試合では、大学時代から数えて25戦12勝0敗2セーブという成績を残しています!

上原選手は大学時代に参加した国際試合がきっかけでドラフト候補になったので、それからとても国際試合に対してはなにか意識があるのかもしれませんね。
本人は「対戦相手に恵まれていただけ(笑)」と話しますが、国際試合では無敗の強さがあります。

最後にまとめ

かがでしょうか?
上原浩治選手について簡単にまとめると

①中学時代は自分のいた学校に野球部がなく陸上部に所属していた。高校時代は全くの無名。
②ドラフト時は巨人とメジャー球団との争奪戦になった。当時の巨人の長嶋茂雄監督が球界のルールを破り上原選手を説得し、巨人に入団させた
③日本では1年目から20勝。投手三冠王を獲得した上原選手のメジャーではリリーフとして活躍。2013年にはチームのワールドシリーズ制覇に貢献し、ワールドシリーズ胴上げ投手にもなった。
④上原選手の特徴は、伸びのあるストレートとよく落ちるフォークを武器に戦う。またコントロールもとてもよい。国際試合は負けなしの強さを誇る

といったところでしょうか。
2018年、上原浩治選手が日本球界に復帰をしました。
メジャーリーガー上原浩治の実力を今の選手たちに教えてほしいですね。
古巣・巨人での上原浩治選手の活躍から目が離せません!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 由規
  2. 福留孝介
  3. 筒香嘉智
  4. 杉谷拳士
  5. 大瀬良大地
  6. 中村晃
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。