マイクタイソンの筋肉や練習量がスゴすぎる!伝説の武勇伝や名言も

この記事は3分で読めます

     
       Sponsored link                  

や~「世紀の一戦」メイウェザーvsパッキャオ盛り上がりましたよね。
あなたも「wowow」をここぞとばかりに契約して見たんじゃないでしょうか(苦笑)

しかし、その「世紀の一戦」のリングサイドで観戦していたこの男を
忘れてはいけません!

そうです!その男とはボクシング史上最強と言われるボクサー
『マイクタイソン』

あなたも
「全盛期のタイソンとメイウェザー戦ったらどっちが勝つかな!?」
なんて考えたことあるんじゃないでしょうか。

そんなマイクタイソンの筋肉と練習量がスゴすぎるということに加えて
伝説の武勇伝や名言にも迫ってみましょう!

最後の方には絶叫間違いなしのKO集動画もありますよ!

マイクタイソンのプロフィール!筋肉画像も

本名:マイケル・ジェラルド・タイソン
名前:マイクタイソン
通称:アイアンマイク、マイティーマイク、キッド・ダイナマイト
生年月日:1966年6月30日
国籍:アメリカ
出身:ニューヨーク州ニューヨーク市
身長:180cm
リーチ:180cm

イクタイソンはアメリカ、ニューヨーク出身の身長180cmでボクシングの階級の
最重量級であるヘビー級で世界チャンピオンに輝いた伝説のボクサー。

プライベートでは2度の離婚経験があり現在の奥さん『ラキハ・スパイサー』さんは
3人目の結婚相手。

またこれまでに前妻との間に授かった子供も合わせて8人の子供をもうけていることは
あなたも知らなかったんじゃないでしょうか。

5人の女性との間に7人の子供がいるハリウッド俳優のクリントイーストウッドの
関連記事はこちら!
⇒クリントイーストウッドの家族について調べてみた!親日家ってホント!?身長やかっこいい名言集も!

ボクシングの話に戻ると….身長が180cmと聞いて「まぁまぁ大きいな」と思うかも
しれませんがヘビー級の中では小柄な方。

それでも2メートル以上ある大男の相手を何度も倒してきました。

その小柄な体格にどれほどの『筋肉』がしき詰まってるか一度見ておきましょう!

これはマジでハンパないですね!
両腕に見える線は血管ですか!?(汗)

「どんな練習したらこんな体になるねん」
ということで次にスゴすぎる練習量について見ていきましょう!

         Sponsored link

マイクタイソンの練習量がスゴすぎた!

々と問題を起こしたりとトラブルメーカーでもあったマイクタイソン。
しかし、全盛期のタイソンの強さの源はその『練習量』にあったという。

これが一日の練習メニューで週7日こなしていたという。

5AM 起床、約5kmのジョギング
6AM エクササイズを終え、シャワーを浴び再び寝る。
  (朝のジョギングが彼の強い脚を造った)
10AM 起きてオートミールを食べる。
12PM リングで練習(10ラウンドのスパーリング)
2PM 食事(ステーキとパスタとフルーツジュース)
3PM 再びリングで練習と、1時間エアロバイク(自転車漕ぎ)
   (太い彼の脚の持久力を高めた)
5PM 筋トレ
   腹筋2,000回、ディップス500~800回、腕立て伏せ500回
   シュラッグ30kgのバーベルで500回)、
   首のエクササイズを 10分間
7PM 夕食(ステーキとパスタとフルーツジュース)
8PM エアロバイク(自転車漕ぎ)を30分した後、TVを観て就寝。

いかがですか!?
っていうか「腹筋2000回って1年かかるわ」(そらっ言い過ぎ 汗)
でも朝5時にはきっちり起きてまずはやっぱり走りこみなんですね。

そういえば、ボクシングのカリスマ『辰吉丈一郎』さんも息子の『寿以輝』選手に
「朝必ず走るのがプロやっ」って言ってたのを思い出しました。
基本中の基本ということなんでしょうね。

マイクタイソンの伝説の武勇伝や名言まとめ!

イクタイソンといえばやっぱり伝説の武勇伝や名言は見逃せませんよね。

ということでここにまとめてみましたのでどうぞ。

まずは伝説の『武勇伝』から!

①9歳~12歳の間に51回逮捕される(もともとはイジメられっ子)

②デビューから脅威の28連勝で史上最年少(20歳)で世界ヘビー級王者となる。

③人気がありすぎて任天堂から「マイクタイソン・パンチアウト」というゲームが
 発売された。

④戦績50勝の内、KO勝ちが44回と脅威のKO率を誇る。

⑤1997年の「イベンダー・ホリフィールド」との再戦で耳噛み事件により
 失格負けとなる。

⑥2003年の大晦日に当時最強のK-1選手と言われていたボブサップ選手から挑発
 される。

続いて『名言』をどうぞ!

いかがでしょうか!?

なんかこれを見てるとタイソンを育てたと言われる『カス・ダマト』トレーナーの
存在がかなり大きかったのがわかります。

後はメイウェザーの実力を認めていないことも(苦笑)

最後にまとめ!

れではまとめにいく前に史上最強ボクサーのKOシーンを見ずには
終われませんよね。

「マジでどんなパンチ力やねんな(驚)」と思ったのはぼくだけでしょうか(苦笑)

ではこのあたりでまとめに入ります。

①マイクタイソンは身長180cmで史上最年少(20歳)でヘビー級の世界チャンピオン
 に輝いた伝説のボクサー。

②全盛期には週7で朝、5時には起きて走り込むなど練習量がハンパない。

③数々の伝説と言われる武勇伝や名言集は上記からどうぞ。

いや~やっぱりタイソンはタイソンですね(笑)

言ってることの意味は自分でもよくわかりませんがメイウェザーとか
パッキャオとはなんかレベルが違う気がします。

っていうか何かと人生が濃すぎでしょ(汗)

タイソンの伝説は今までもこれからもずっと語り続けられるのは
間違いないでしょう。

そんなタイソンの半生が包み隠される事なく描かれた
自伝、真相—マイク・タイソン自伝

アメリカでも発売直後から「ニューヨーク・タイム
ズ」など大手紙が絶賛したという感動物語です!

タイソンファンであれば読まずにはいられない渾身
の一作の詳細はこちらからどうぞ⇒真相—マイク・タイソン自伝

         Sponsored link            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 河野公平 wiki
  2. 井上浩樹 wiki
  3. 辰吉丈一郎 wiki
  4. 松本圭佑 wiki
  5. 加納陸 wiki
  6. 日本人最強ボクサー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。