北野智貴はエスペランサSCが生んだ高速ドリブラー!彼の実力に迫る

この記事は5分で読めます

なたは『北野智貴』という選手をご存知でしょうか?

知らない方もまだまだ多いかなぁと思います。

なぜなら、彼は「地域リーグ」に所属しているから。

地域リーグとは、全日本各地域のリーグの事を言います。
例をあげると、関東リーグ・東海リーグ・関西リーグ・北信越リーグなど。
J1を1部という言い方をするなら、J2(2部)・J3(3部)・JFL(4部)に続く地域リーグは5部リーグに相当します。

「なんだぁ~5部リーグかよ!興味ない。」

と思ったそこのあなた!

この記事を読んだ後、間違いなく彼が気になって仕方なくなると思います。

なぜなら、彼はイタリアの名門ユベントス・アルゼンチンの名門「ボカジュニアーズ」一目置いた選手だからです!

詳しくは後ほど。彼の正体へ迫ります!

スポンサーリンク

北野智貴のプロフィール

北野智貴
出典:http://esperanza-sc.com/

名前:北野 智貴(きたの ともき)
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1996年9月6日
身長:174cm
体重:69kg
所属:エスペランサSC(関東社会人リーグ)

野選手は、幼い頃から「FC本郷」でサッカーを始めて、8歳の時には元アルゼンチン代表オルテガが監督を務める「エスペランサSC」移籍

陸上競技者である両親の影響からか小学生の頃から抜群のスピードを持っており、短距離走でも横浜市大会、神奈川県大会で好成績を残す程のスピードの持ち主です。

そんな北野選手の持ち味は、50m走で6秒を切るスピードを生かしたドリブル抜群の得点力!
さらに!
繊細なキックもできる選手でもあり、得点・アシスト・ゲームコントロールのできる超攻撃型のサイドアタッカーです。

中学・高校と成長を遂げた北野選手は、18歳で国内だけにとどまらず、国内外合計6チームが彼のプレーを見たいと練習参加のオファーがあったそうです。
その中には、「ユベントス」「グラスホッパー」まで。

そんなの本当?と思ったそこのあなた…

本当です!!

声のかかった経緯や、彼の実績についてこれからもう少し詳しく触れていきたいと思います。

北野智貴はエスペランサSCが生んだ高速ドリブラー!

野選手は、中学も「エスペランサSC」のジュニアユースチームに所属し、1年生の時から3年生に関わるなどして活躍。
2年生の時には、3年生のトップチームのスタメンとして活躍しチームとして初の横浜市制覇に貢献!
当時の3年生には、先日「川崎フロンターレ」が入団内定を発表した「脇坂泰人」選手(現在阪南大学4年)も在籍していました。

ジュニアユースでの3年間を終えてエスペランサのユースチームに昇格し、高校生になった北野選手はさらなる成長をとげます。
北野選手がユースに昇格すると、ほぼ同時期にエスペランサSCは社会人チームを結成しJFL参入を目標として活動し始めます。
社会人リーグには高校1年生から出場できるため、北野選手は社会人チームとユースチーム両方の試合に出場していました。
チームの人数もあまり多くないことから、社会人チームの試合をして、からユースの試合に出場するという普通では考えられない程のハードなシーズンを過ごしていたそうです。

1日約180分の試合をこなすなんてスゴイですよね。
シーズンを通して、このハードな日程をこなしていた北野選手のタフさを感じられます。
驚くのは試合に出ていたということだけではなく、試合に出てさらには得点を量産していたということです。
社会人チームでもユースチームでも得点を1番決める選手でどちらにも欠かせない選手だったそうです。
北野智貴 試合
出典:http://espe-topimages.blogspot.jp/
ユースチームの方では、チーム初の関東大会出場を果たし、社会人チームでは県3部から関東リーグ昇格に大きく貢献。出場した試合のほとんどでゴールを決め活躍してきた北野選手。

エスペランサSCは全ての公式戦をビデオに収め、ハイライト動画をYoutubeにアップしているそうです。
北野選手のゴールシーンなどをまとめた動画を見たアルゼンチンの名門クラブボカジュニアーズが、彼の光る才能に目を置き数週間の練習参加に北野選手を呼び、武者修行に行きました。

そこで大きなインパクトを残した北野選手のはヨーロッパまで…!

ヨーロッパで最初に彼のプレーを見たいと名乗り出たチームが、イタリアのセリエA所属の「トリノFC」
北野選手は、言葉も文化も何もわからないままイタリアに乗り込み早速練習試合に出場することに。
しかしサッカーになれば世界共通ルール。
高速ドリブルを駆使し得点・チャンスメイクと勝利に貢献する大活躍をしました。

試合を終えた北野選手に驚きのニュースが届きます。

その試合を見ていたトリノFCと同じ町に所属するユベントス関係者から
「ユベントスのサテライトチームのコーチが、お前のこと見たいってよ。」
との報告が!

えぇ!あのユベントスから練習参加のオファーが!?
サッカーをしている人なら1度は夢見る名門クラブからのオファー
その時、北野選手がどれだけ嬉しかったかを想像するだけで、ワクワクしてしまいますね!
どこで誰が見てるかわからないとはまさにそのことですね。

もちろん「YES」と答えた北野選手宛に、エスペランサSCの事務所へユベントスから練習参加の許可をお願いするFAXが届いたそうです。
それには事務所の人たちも大変驚いたそうですよ!
練習参加期間中も得意のドリブルでゴールに迫り得点もあげますが、外国人登録人数制限などの問題から入団には至らず帰国という形に。

しかし、ユベントスに練習参加し活躍をしてインパクトを残した北野選手は素晴らしいですね!
おそらく日本人初のチャレンジになったのではないかと思います。
帰国しエスペランサSCに戻った北野選手は、新たなチャンスを待ちながら日々練習に打ち込みました。

スポンサーリンク

北野智貴の実力に迫る!

野選手の実力は、ユベントスも認める=世界に通用するレベル
といことが分かっていただけたと思いますが、一体どのくらいスゴイのか。

それが分かりやすくなったデータを見てみましょう!
日本に帰国した北野選手は高校を卒業し、大学やプロへは進まずエスペランサSCのトップチームへ昇格
関東リーグを戦う道を選択します。

開幕から北野選手は大活躍!
6−1で勝利した試合で、2点1アシストを記録し、続く2節目も2ゴールと勝利に貢献。

夏季のリーグ中断期間中に行われる全国社会人選手権の関東予選では、全試合でゴールを決める活躍を見せチーム初となる全国大会出場に大きく貢献。
リーグ後半戦も大きな怪我などは無く、そのあと行われた全国社会人選手権大会でも出場した全試合アシストとゴールに絡むプレーを見せてチームを全国大会ベスト8まで導く活躍を見せました。

1年間を通して大いに活躍した北野選手は、関東リーグの方で得点王・アシスト王・ベストイレブンに選出と、個人で取れる全ての賞を一人で独占するという関東リーグ50年の歴史を塗り替えたのでした。
北野智貴の実力
出典:http://www.townnews.co.jp/

ここで北野選手が出場した試合数とゴール・アシスト数をまとめてみました。

  • リーグ戦 17試合12点13アシスト
  • 全国予選 3試合5点1アシスト
  • 全国大会 3試合2点1アシスト

合計23試合19点15アシスト1試合平均1.4点でゴールに絡む活躍をしている計算になります。

凄すぎる!

このように数字のデータでも、北野選手1人でこれだけの活躍をしているということがわかりますね。
この結果には得点王・アシスト王・ベストイレブンも頷けます。

関東リーグ参入1年目では輝かしい結果を残したもの、2年目は開幕戦で中足骨骨折などの怪我をしてしまいます。
約1年間を棒に振ることになったそうです。
1年目の活躍があっただけに、2年目の活躍を見られなかったのは残念ですね。
チームも最終節まで残留争いを強いられましたが、ギリギリで残留を確定させました。

2018年に3年目のシーズンが始まるので、元気に活躍姿を期待したいですね!
それとも2018年シーズンは、エスペランサSCではなくJリーグのクラブ、もしくは海外のチームに移籍も考えられます。
どうなるかはわかりませんが、今後が楽しみな選手の一人ですね!
北野智貴に要注目です!

最後にまとめ

かがでしたか?
北野智貴選手について簡単にまとめると

①北野選手は、Jリーグや海外クラブが注目する選手。
②ユベントス、ボカジュニアーズに認められた実力をもつ選手。
③2018年、北野選手のプレーするチームが気になる。今後の動きに要注目!

といった感じでしょうか。
既に多くのチームにテストや練習参加をしている北野選手。
今後すぐに動きがあってもおかしくありません。
彼のプレーをJリーグで見たいと思っているコアなサッカーファンも多いことでしょう。私もその一人です。
これを見て、北野選手が気になった方はエスペランサSCの試合動画の視聴をお勧めします!
彼のドリブル、得点能力に釘付けになること間違いなし!
今後の活躍に目が離せません!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 植田直通 wiki
  2. 岩本輝雄 wiki
  3. 久保建英 FC東京
  4. トッティ wiki
  5. 市丸瑞希 wiki
  6. 宮本恒靖 wiki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ