佐々木蔵之介の演技力がハンパない!性格は?実家や家族も気になる

この記事は3分で読めます

身のイケメン俳優といえば、

『佐々木 蔵之介(ささき くらのすけ)』さん♪

渋くてダンディで、大人の男っていう雰囲気がたまりません。
長身だし端正な顔立ちで、女性にモテモテ間違いなし。

そんな佐々木蔵之介さんですが、演技力がスゴイと話題なんです。

そして、彼の性格実家と家族なども、まとめてチェックしてみましょう!
これを読めば、もっと佐々木蔵之介さんの魅力に惹きつけられるはず♪

スポンサーリンク

佐々木蔵之介のプロフィール

佐々木蔵之介
出典:https://movie.smt.docomo.ne.jp/
名前:佐々木 蔵之介(ささき くらのすけ)
本名:佐々木 秀明(ささき ひであき)
出身地:京都府京都市
生年月日:1968年2月4日
身長:182cm
体重:74kg
血液型:O型
所属:ケイファクトリー

々、俳優になるつもりはなく、実家を継ぐ予定だった佐々木蔵之介さん。
神戸大学農学部で、酒造りの勉強もしていたのです。
そのため、最初は俳優になることに猛反対されたそう。
きっと、親としては継いでほしかったのでしょうね。
でも、2000年に、NHK連続テレビ小説「オードリー」に出演した頃には、実家も認めてくれたそう。
映画初主演は、「間宮兄弟」(2006)。
連続テレビドラマ初主演は、「ギラギラ」(2008)。

佐々木蔵之介の演技力は?

々木蔵之介さんは、俳優デビューしたのは意外と遅めなんです。
神戸大学在学中に、劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げに参加し、大学卒業後は博報堂グループの広告代理店に勤務しています。
最初から俳優業でなく、サラリーマン時代もあったんですね~。
しかも、エリートサラリーマン!
きっと、その頃も仕事をバリバリこなしモテていたんだろうなぁ。
仕事の傍ら、舞台には立ち続けていたようです。
そして約3年で会社を辞めて、劇団も退団し、俳優業に専念することに。

演劇は、本番ありきの真剣勝負
やり直しがきかないので、緊張感もドラマや映画とは違います。

「マクベス」という舞台では、20人もの役を1人でこなしたというから、ハンパない演技力であることがわかります。

佐々木蔵之介の演技力
出典:http://kangekiyoho.blog.jp/

しかも、精神病院が舞台だったそうで、ほかに登場するのは、時々見守る看護師2人だけ。
セリフ量は、100分も!
ほかの役者に助けてもらうこともできないから、セリフを忘れるわけにもいかないし、大変そう…。
1人で舞台を引っ張っていくという偉業を成し遂げた、佐々木蔵之介さんが演技力あるのは、間違いありません。

あの名作「リチャード三世」も、舞台で堂々と演じています。
味方や肉親をあざむく悪漢も、佐々木蔵之介さんにかかれば、ひときわ味わい深くなり、ゾクゾクするほど。

そんな舞台経験を重ねてから、ドラマや映画に進出したので、演技力はバツグン!

「ハンチョウ~神南署安積班~」で、ファンになったという人も多いのではないでしょうか?
スーツ姿といい刑事という役柄といい、カッコいい…

歴史映画「超高速!参勤交代」やドラマ「離婚弁護士」など、コメディもお手のもの。
そのほかにも、数々の話題作に出演し、ますます演技力に磨きがかかっています。

スポンサーリンク

佐々木蔵之介の性格は?

都弁でトークも上手とくれば、モテ要素バッチリでしょう~!

面倒見がよく、相談にのってくれると役者仲間からも、頼られてるそうです。
頼れる兄貴!って感じなんでしょうね、きっと。
気遣い上手で、以前撮影で京都を訪れたときに、共演者の「深田恭子」さんを実家の酒造に招いたり、京都案内したそう。

佐々木蔵之介と深田恭子
出典:https://news.mynavi.jp/

酒造なんてめったにみられない貴重なものだし、京都観光につれていってもらえるなんて、深田恭子さんも大感激だったのでは。

きっと、人を喜ばせることが自然とできる方なんでしょうね。
でも、いつも誰かと居ると、気疲れしてしまうのかも?

仕事に関しては、かなりストイックな佐々木蔵之介さん。
台本に色々と口出しすることもあり、ちょっと面倒くさい俳優としても知られているようですが、それも仕事への情熱があるからこそです。

佐々木蔵之介の実家や家族は?

々木蔵之介さんの実家は、京都市の酒屋『佐々木酒造』です。
洛中(らくちゅう)に唯一残る、120年以上続く由緒ある酒蔵だそう。
NHK連続テレビ小説「オードリー」出演中には、実家の酒屋で「オードリー」という銘柄の日本酒を販売したりと、実家も応援してくれているよう。

実家の家業は、弟の『佐々木晃』さんが継いでいます。

佐々木蔵之介の弟・佐々木晃
出典:http://1min-geinou.com/

佐々木蔵之介さんは次男なので長男もいるのですが、長男は建築の道に進んだそう。
まさか、晃さんも三男の自分が継ぐとは思っていなかったかもしれませんね。
晃さんは儒教大学卒業で営業職と、家業とはまったく違う道に進んでいましたが、跡取りとしての望みは、晃さんひとり。
継ぐと決めたからには、結果を出せるのが佐々木家のすごいところで、佐々木酒造の主力製品が様々な品評会で金賞受賞するなど、実績を作っていきます。

最後にまとめ

かがでしたか?
佐々木蔵之介さんについて簡単にまとめると

①舞台「マクベス」で20人もの役をこなし、ほぼ1人舞台をやってのけるほどの実力派俳優。ドラマや映画でも、大活躍。
②京都弁でトーク上手気遣い上手ですが、仕事ではストイックな面も。
③実家は、由緒ある「佐々木酒蔵」。長男も次男の蔵之介さんも継がなかったため、三男の晃さんが跡取りに。

仕事ができる男性って、魅力的ですよね~。
イケメンだし性格もいいし、パーフェクト!
今後も、佐々木蔵之介さんが出演するドラマや映画を要チェックです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高橋一生
  2. 成田凌
  3. 速水もこみち
  4. 神木隆之介
  5. 尾上松也
  6. 野村周平
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。