大泉洋がホンマでっかTVに!気になる性格は?奥さんや料理の腕前も

この記事は3分で読めます


職は俳優ながら芸人と思われてたり芸人並にイジラれるキャラといえば
『大泉洋』
さんじゃないでしょうか。

今やファンも相当いるようで

「イケメンではないけど人柄や演技力そして、トーク力が好き」

といったイメージを持たれている方が多いようです。

そんな大人気の大泉洋さんが2015年5月放送の「ホンマでっかTV」に出演します。

なにやら予告を見ると24時間密着でその驚きの人格が明らかにといったような
ファンの方であればとても気になる内容。

他にもスタジオで料理を披露するようですよ

そこで今回は大泉洋さんの性格や料理の腕前に加えて2009年に結婚した奥さんに
ついても迫ってみました!

[quads id=1]

大泉洋のプロフィール!奥さんはどんな人?

本名:大泉 洋(おおいずみ よう)

生年月日:1973年4月3日

出身:北海道江別市(えべつし)

最終学歴:北海学園大学

身長:178cm

血液型:B型

デビュー:1995年

泉洋さんは北海道江別市出身の身長178cmの俳優。

デビューは大学在学中の1995年で北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』
出演したのが始まり。

そして、大泉洋さんの知名度が全国的に広がったのはこちらも北海道テレビで
1996年に放送された『水曜どうでしょう』

この番組は深夜枠での放送であったものの視聴率は最高『18.6%』を記録し
全国に番販された。

そんな大泉洋さんですが2009年にフジテレビのテレビプロデューサー
『中島 久美子』
さんと結婚。

2人が出会ったのは大泉洋さんが出演したドラマがきっかけだったようです。

そして交際がスタートしたのは2008年に大泉洋さんが出演した『ロス:タイム:ライフ』
での再開以降とのこと。

2011年5月には第一子となる女の子を出産しています。

写真を見る感じではプロデューサーというだけあってスゴイしっかり
してそうですね。

大泉洋さんより3歳年上ということもあって完全に奥さんの方が権力握ってそう
だと思うのはぼくだけでしょうか!?
(笑)

[quads id=2]

大泉洋がホンマでっかTVに登場!性格が気になる

泉洋さんが2015年5月放送の「ホンマでっかTV」で密着されて本性を
暴かれるとか(汗)

有名人の性格ってテレビのイメージがホンマ強いですが実際のところは
どうなんでしょう。

ほとんどの大泉洋ファンの方は上から偉そうに話をするドラマ「花より団子」の
道明寺司並みの『俺様キャラ』のイメージでしょうか!?
(苦笑)

あれ髪型だけなんかちょっと似てる!?(笑)

でも本当の性格は『謙虚』なんだとか。

というのも事務所の社長がモラルやしつけに人一倍厳しい方のようです。

確かにホントに俺様キャラであれば番組であんなイジられることもないでしょうし
人柄が良いからこそでしょうね!

また、第一子の女の子が産まれてからは娘さんにメロメロなようで俺様キャラは
テレビの中だけと見るのが妥当でしょう。

大泉洋の料理の腕前は?ヘタクソとの噂も!?

2015年5月の「ホンマでっかTV」ではスタジオで料理を披露する大泉洋さん。

でもなにやら料理はヘタクソとの噂も立ってますね(汗)

これはどうやら過去の人気番組『水曜どうでしょう』でキャンピングカーを使って
アラスカ半島を縦断する時の話からきている
ようです。

そして、その時に作った『料理』がメンバーから「おいしくない」
言われたようです(苦笑)

でも、本当に料理は得意らしく自分でスープカレーをプロデュースしたこともあるという。

また、ドラマ『スープカレー』の中では実際にカレーを作る姿も披露されている。

「ホンマでっかTV」で作る料理が他の出演者から「おいしい~」をいただけるか
注目ですね!

最後にまとめ!

れでは最後にまとめです!

①大泉洋さんは北海道江別市出身の身長178cmの俳優。1996年に放送された
 『水曜どうでしょう』での活躍で知名度が急上昇。

②実際の性格は「謙虚」。ファンの方が思うテレビでの俺様キャラのイメージとは
 正反対と思われる。

③料理の腕前はヘタクソとの噂もあるがスープカレーをプロデュースした実績もある
 ことから上手いとの情報もある。

といったかんじでしょうか。

これからさらにどのような活躍を魅せてくれるか楽しみな俳優さんですよね。

ぼくはあのトーク力を生かして司会の仕事でも成功するんじゃないかと思う
ですがどう思いますか!?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山田孝之
  2. 中村昌也 wiki
  3. 横山だいすけ
  4. 阿部祐二
  5. 白洲迅
  6. 菅田将暉

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。