藤平尚真の球速と球種は?気になる経歴と彼女や性格もチェック!

この記事は5分で読めます

北楽天ゴールデンイーグルスの若手No. 1の投手と言えば!

『藤平 尚真(ふじひら しょうま)』投手ですね!

プロ入り1年目から活躍をしましたが、藤平投手は野球選手としてだけでなく陸上競技でも優秀な成績を残していたんです!

これは中学校の時の事ですが、3年生の時に陸上競技の走り高跳でジュニアオリンピックに出場して優勝しているんです!

凄いですね~!
仮に野球をやっていなかったら、陸上選手としてオリンピック候補になっていたかもしれない逸材なんです!

野球でも高卒1年目から活躍したので、野球の道に進んだのは間違いではありませんでしたね!

そんな藤平投手ですが、高卒で扱う球種や球速について気になりませんか?

また、経歴彼女や性格についても合わせて調べてみました。

スポンサーリンク

藤平尚真のプロフィール

藤平尚真
出典:http://baseballmaniaa.com/
名前:藤平 尚真(ふじひら しょうま)
出身地:千葉県千葉市
生年月日:1998年9月21日
身長:185cm
体重:85kg
プロ入り:2016年 ドラフト1位
デビュー:2017年6月16日

平投手は、2017年3勝4敗の成績を残しました。
単純にこの数字だけ見るとそんなに活躍していない!って思うかもしれませんが、防御率は2.28を記録しているんです!
高卒新人とは思えない数字ですよね!

また、19歳ながら連敗ストッパーと評価されたんです!
シーズン後半、チームが連敗をしていた時に登板した藤平投手は見事に勝利を飾りました。

エースの「則本昴大」投手や「岸孝之」投手が負けたにも関わらず、藤平投手は連敗を止めたんです!

良い投球をしたのもそうですが、連敗の中でもブレずに自分の投球ができた事は、かなりの強心臓であることが伺えます。

2018年は開幕からローテーション入りが期待されています。
その為には、オフの過ごし方が重要となってくるので、遊びすぎずにトレーニングに励んで欲しいですね!

藤平尚真の球速と球種は?

平投手が2017年1番投げたのは、ストレートでした。
ストレートの球速はMAX150km/hを超え、そこには納得!

実は、藤平投手は中学生の頃には既に140km/hを超える球を投げていたんです!
超人レベルですよね… 凄すぎます!
中学生でそんな早い球が打てるわけないですよ!

話は戻りますが、藤平投手が2017年シーズン投じたストレートの比率は全体の61%です!
プロに入ってからの最速は140km/h後半のようですが、球威があって打つのは困難なようです!
それを証明するが被打率!
ストレートの被打率は.184なんです!
2割を切ってしまいましたね!

多彩な変化球を操る藤平投手ですが、変化球で得意としているのは縦のスライダー
ストレートの次に多かった球種が縦のスライダーでもあり、打者を追い込んだ時などに決め球としてよく投げていたようですね!
その比率は23%となっています。
この2つを見ると、ほとんどの球がストレートとスライダーであることがわかりますね。

藤平尚真の球種
出典:https://bbcrix.com/

そして気になるのが被打率だと思います。
スライダーの被打率は.205!
ストレートに次ぐ成績で決め球にしていた理由がわかりますね!

その他はカーブフォークを投げていますが、比率はそれぞれ6%と8%でした。
スライダーと比べると半分以下ですね!
でも被打率はそんなに悪くないんですよ。
カーブは.200、そしてフォークは.211なんです。
この4つの球種が主な球種となっていますが、どれも素晴らしい数字を残していますね!

ちなみに2軍の成績も気になりませんか?

2軍では11試合に登板して1勝2敗、防御率3.35、51イニングで58奪三振だったんです!
2軍とは言え、イニング数を超える奪三振を記録しているのは大したもんです!
この活躍に一役買ったのがストレートスライダーだったんですね!
2018年はマークも厳しくなると思いますが、更に制度を上げて2桁勝利に繋げて欲しいですね!

スポンサーリンク

藤平尚真の経歴は?横浜高校のエースとして君臨

平投手は小学校1年生の時に野球を始めました。

小学校5年生の時には肩が強く、ソフトボール投げで71mを記録しています!
野球のボールでも70m超えは凄いのに、大きいソフトボールでそれだけ投げれるなんて強肩過ぎますね!
ソフトボール投げで全国大会に出場した藤平投手でしたが、全国大会では68mを投げ、結果は18位。
全国には上には上がいるんですね!

地元が千葉県であったので、2010年に「千葉ロッテジュニアトーナメント」に選出されて、見事優勝しています!
千葉県の星ですね!

そして中学校では「千葉県リトルシニア」でプレイしてU-15の日本代表にも選出されています。
その実績が評価されて、神奈川県の名門校である横浜高校からお声がけ掛かり、横浜高校への進学を決意。

横浜高校では1年生の春からベンチ入りして、その年の秋にはエースとして君臨
1年生エースなんて凄い!

藤平尚真の高校時代「横浜高校」
出典:https://live-sports.yahoo.co.jp/

2年生の夏では順調に勝ち進み、決勝戦まで駒を進めました。
しかし、決勝戦で「小笠原慎之介」投手と「吉田凌」投手率いる東海大相模高校に敗れてしまい甲子園出場が出来ませんでした。
神奈川県はやっぱり好投手が多いですよね!
2年の秋の大会では優勝して関東大会に駒を進めましたが、初戦に当たった常総学院高校に敗れてしまいました。全国の壁は大きい!
3年生の夏ではここまでの悔しさを全てぶつけました。
その結果、神奈川県大会で見事に優勝して甲子園出場を果たします。

初戦の東北高校相手に7回13奪三振、1失点で見事に初戦を突破。
しかし、2回戦の履正社戦。6回を無失点に抑えましたが残念なことに現ヤクルトの「寺島成輝」投手に敗れてしまいました。
優勝候補でありましたが2回戦で敗れてしまいましたね。
2回戦で敗れたものの、甲子園での藤平投手の防御率は0.69を記録したこともあり、東北楽天ゴールデンイーグルスにドラフト1位指名を受けて入団となりました。

年俸は入団選手の最高額である1500万円契約金は1億円で契約をしています。

藤平尚真の彼女や性格は?

平投手には彼女ではないか?と噂になっている画像があります。
その画像はTwitterで公開された画像で、若い女性とグラウンドで撮った写真なんですが、藤平投手の彼女にしては年上な気がします。
その噂になっている写真がこちらです。

藤平尚真と母のツーショット写真
出典:Twitter

野球選手は年上の女性と結婚する事が多いので、不思議ではないかもしれませんね!

でも、この女性の正体
実は藤平選手のお母さんなんです!
超驚きですよね!?
お母さんにしてはとても若い!そして綺麗!
彼女と勘違いされるのも無理はないですね!

藤平投手は高校時代には彼女がいたようですが、今はもう別れてしまっているようです。

プロ野球選手となった今はモテると思います。
なので彼女がいてもおかしくはないのですが、公表している彼女はいないようでした。
隠しているだけでいるのかもしれないですが、今はそっとしておきましょう!

また、藤平投手の性格についてですが、タバコを吸っていた!なんて噂が飛び交っています。
藤平投手はまだ10代なので、タバコは吸ってはいけません。
それは事実なのでしょうか?
もし本当に吸っていたのなら、言い方は悪いですが不良と言えますよね?

でもいくら調べてもタバコを吸ってい事実は確認できませんでした。
タバコを本当に吸っていたのなら、謹慎処分になることは避けられないでしょう。

藤平選手は見た目によらずとても真面目な性格なんです!
高校時代のチームメイトも藤平投手は真面目な選手だったと証言しており、野球に対しても人一倍思入れが強かったようです。
まだ10代なので、出会う人によっては考え方なども変わってくると思うので、藤平投手が道を外れてしまうような事を教える人がいない事を祈りましょう。

最後にまとめ

かがでしたか?
藤平尚真投手について簡単にまとめると

①主に投げるのはストレート。決め球で使用するのは縦のスライダーであるが、カーブやフォークも被打率は低く、どれも高い制度を誇っている。
②小学校1年生から野球を始めると直ぐに才能を開花させる。高校では強豪校が揃う神奈川県の横浜高校に進学して潜在能力を発揮。
③噂になっている彼女の画像は実はお母さんであった。今現在彼女がいるかは定かではないが、真面目な性格なので野球に集中するためにも彼女はいない可能性は高い。

2017年はまだ1年目が終了した所です。
これから覚醒していく頃なので、2018年以降は今以上の成績が期待されています。
まだ直ぐではありませんが、いずれはエースの則本投手がメジャーに移籍することが予想されています。
則本投手が移籍してしまったら岸投手とともに楽天の投手陣を支えてもらわなければいけない存在です。
ですので、1日でも早く安定した投球が出来るようになってもらいたいですね!
潜在能力は楽天の中でも1番を争えるほどの能力があるので、練習次第では「田中将大」投手を超える事も出来るかもしれません。
今後の藤平尚真投手の飛躍に是非期待していきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山下大輔
  2. 鶴岡慎也
  3. ジャスティン・バーランダー
  4. トロイ・トゥロウィツキー
  5. 落合博満
  6. パブロ・サンドバル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。