竹内公輔の高校・大学から現在の活躍に迫る!結婚相手の奥さんは?

この記事は3分で読めます

Bリーグに所属するリンク栃木ブレックス。
リンク栃木ブレックスはB1リーグに参戦しています。

リンク栃木ブレックスといえば『竹内 公輔(たけうち こうすけ)』選手ですよね!
バスケ界黄金世代の一つで、いわゆる「竹内世代」としてその名を残す人物といわれている注目選手です。
竹内世代と言われるほどなので、とても活躍してきたのでしょう。

竹内選手の高校・大学から現在までの活躍って気になりませんか?

また、竹内選手は結婚をしており、その結婚相手である奥さんについても気になるところ。

そこで今回は、竹内選手の活躍から結婚相手の奥さんまで調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

竹内公輔のプロフィール

竹内公輔
出典:https://www.bleague.jp/
名前:竹内 公輔(たけうち こうすけ)
出身地:大阪府吹田市
身長:206cm
体重:98kg
プロ入り:2007年
デビュー:2007年

内選手は、大阪府吹田市出身、206cmと高身長でパワーフォワードとセンターを務めています。
センターとしてチームを支えリングを守る竹内選手。
また、高身長でパワーフォワードも務めている竹内選手。
プロ入りからアイシンシーホース、トヨタ自動車アルバルク、広島ドラゴンフライズ、リンク栃木ブレックスと契約しています。
様々なチームと契約して自分のスキルアップを目指している選手です。

ここまで成長を求めるのはすばらしい選手ですね~!

中学校、高校、慶応義塾大学、すぐにプロ入りするすごい選手になります。
センターとしてチームを支えディフェンス力があるリンク栃木ブレックスの主力となる選手!
フォワードもセンターもこなす素晴らしい選手だということがわかります。

竹内公輔の高校・大学から現在の活躍は?

子の弟である竹内譲次選手とともに京都府にある洛南高校へスカウトされました。
弟の竹内譲次選手とツインタワーとして活躍し、高校三年生の時ウインターカップで初優勝をしています。
また、高知国体高校男子の部でも優勝に貢献しています。
高校三年生の時にジュニア日本代表に選出されています。
竹内公輔選手は、高校で一緒だった弟とは別の慶応義塾大学へ進学します。
チームを11年ぶりに関東一部昇格に導き、関東1部優勝、インカレ優勝に貢献しています。また、リバウンド王を獲得しています。
その二年後にもリバウンド王を獲得し、次の年にはリバウンド王と敢闘賞の二冠を獲得しています。
大学4年生の時にオールジャパンベスト8に貢献しています。
ユニバーシアード代表には大学1年生の時から選出されており、大学2年生から日本代表に抜擢されています。
大学卒業後、アイシンシーホースと契約を結び入団しています。
ブロックショットリーダーとなり、JBL新人王、ベスト5に選出しています。
2年連続ブロックショットリーダーとMVPを初受賞しています。
また二年連続でMVPを受賞しています。
2011年にキャリアアップを目指しトヨタ自動車アルバルクに移籍し、優勝に貢献しました。
また2014年に広島ドラゴンフライズへ移籍し史上初のオールジャパンに貢献しています。
竹内選手は多くの怪我を背負いながら復帰もし、活躍をしてきています。
何度もけがを経験をしていると挫折しそうになりますが、竹内選手は挫折するどころか復帰に向けて前向きに頑張っていました。
自分の成長を目指して様々なチームへ移籍して、どこでも優勝などに貢献できる竹内選手は素晴らしいですね!
日々努力を重ねる竹内選手を見習いたいです。

スポンサーリンク

竹内公輔の結婚相手の奥さんは?

に竹内公輔選手が結婚した奥さんについてご紹介していきたいと思います。
竹内選手の奥さんは、「梅本恵里」さんという方らしいです!
とても美人な嫁という噂がたくさん出ています。
こんな美人な奥さんをもらえる竹内選手はいいですね~!
奥さんは竹内選手の三つ下で竹内選手と同じく女子バスケットボール選手みたいです。
奥さんはトヨタに所属してたみたいで、同じチームに所属しているためトヨタプロの時代に出会ったのでしょう。
また、奥さんは169cmと女性の中では高身長ですが、竹内選手と並ぶと40cm近く差があるので凹凸夫婦ですね!
いい感じの身長差でうらやましいです!

最後にまとめ

かがでしたでしょうか。
竹内公輔選手のことを簡単にまとめると

①竹内公輔選手は、双子の弟である竹内譲次選手とともに洛南高校へスカウトされともに活躍をした。
②高校三年生のときからジュニア日本代表へと選手されている。
③大学時代ではリバウンド王を獲得している。
④竹内公輔選手は自分のキャリアアップを目指し様々なチームと契約を行う。
⑤奥さんはとても美人で同じバスケットボール選手だった。

竹内世代と言われるほど活躍して注目されてきた竹内公輔選手。
これから、弟である竹内譲次選手と共にさらなく活躍を期待しています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 広瀬健太
  2. 比江島慎
  3. 桜井良太
  4. 馬場雄大
  5. ケビン・デュラント wiki
  6. 篠山竜青
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。