比嘉真美子が勢関と婚約!馴れ初めが気になる!愛車や家族と使用クラブも

この記事は4分で読めます

2018年全英女子リコーオープンで日本人最上位の成績だった人は?
『比嘉 真美子(ひが まみこ)』選手ですね!

6月に大相撲力士である勢関と婚約を発表しました。
おめでとうございます!

「阿武松」親方と「奥村久子」さんくらいしか聞いたことのない関取と女子プロゴルファーという珍しいカップルですよね。
そして熱愛や婚約、結婚発表後少し成績を落としてしまう選手が多い印象ですが、比嘉選手はむしろ成績がよくなっています。

2018年9月現在、賞金ランキングは4位とこれまでの最高位を更新する可能性が非常に高いです。
そんな比嘉選手と勢関はツアーや巡業でそれぞれ日本中を飛び回る仕事ですが、そんな2人のなれそめが気になりませんか?
会う時間の確保もかなり難しいような気がするのは私だけでしょうか。

比嘉真美子選手の愛車家族クラブについても合わせて調べてみました。

スポンサーリンク

比嘉真美子のプロフィール

比嘉真美子
出典:https://www.lpga.or.jp/
名前:比嘉 真美子(ひが まみこ)
出身地:沖縄県国頭郡本部町
生年月日:1993年10月11日
身長:161cm
体重:58kg
プロ転向:2012年7月26日
初優勝:2013年4月14日
所属:ジブラルタ生命

ラブを握ったのが11歳とプロゴルファーの中ではやや遅い方ですが、何とわずか4年後にはアマチュアとしてツアーに出場しています。
そして高校2年ではネイバーズトロフィーチーム選手権に日本代表に選出され1位タイ、全国高校選手権では2位、世界アマチュアチーム選手権の女子代表に選出されているんです!

ちなみに世界アマチュアチーム選手権の女子代表は、比嘉選手以外にも「堀奈津佳」選手や「福田真未」選手などほぼ同時期にプロ入りした選手も選ばれていました。
さらにアマチュアゴルフ界では史上7人目の快挙となる2011年、2012年の日本女子アマチュアゴルフ選手権で2連覇をしています。
ゴルフ暦数年でトップアマとして素晴らしい成績を残しているなんてすごいですよね。

そんな比嘉選手だったのでプロテストは8位で1発合格でしたが、本人はトップ合格しか意識してなかったそう。
トップ合格以外は同じと言い切れるのもすごい意識の高さですね。
プロ1年目に2勝し賞金シード選手となり翌年もシードはキープしますが、3年目の2015年は大スランプでシード落ちしてしまいました。
しかし2016年終盤から徐々に復調してきてシード復活、2017年には4シーズンぶりの勝利を手にし賞金ランキング12位、2018年9月現在は暫定4位とスランプから復活しています。
このままの賞金ランキングをキープできればルーキーの時以上の成績になりそうですね!

比嘉真美子が勢関と婚約! 馴れ初めは?

2018年6月に大相撲力士の元関脇、9月現在東前頭筆頭の『勢 翔太(いきおい しょうた)』関との婚約を発表しました。

比嘉真美子と勢翔太
出典:Twitter

それぞれ日本全国を飛び回る仕事で、どう知り合って婚約まで至ったのか気になりますよね。
調べてみると2015年五月場所に相撲ファンだった比嘉選手が観戦に訪れ、共通の知人に紹介されたことがきっかけだそうです。
勢関もゴルフが好きで、なかなかの腕前のようですね。

本当は勢関は比嘉選手の試合を観戦に行きたかったようですが、比嘉選手が禁止していたので婚約前に行ったことはありませんでした。
関取が観戦に行けばバレないにしても注目はされてしまうので比嘉選手の警戒も最もです。
婚約後の2018年7月のツアーには比嘉選手の練習に付き添う勢関の姿がありましたので、これからはもしかしたらこんなシーンも多く見られるかもしれません。

そしてこの2人、どうやって愛を育んでいったのか調べてみると比嘉選手が勢関の元に行くことがほとんどだったようですね。
勢関は巡業があっても比嘉選手よりは自宅に帰れる日は多いでしょうから、日曜にツアーが終わった足で向かい移動日の月曜にまた次のツアーへ、といったところでしょうか。
全英オープン後も会ったようですが比嘉選手は時差ぼけでフラフラだったと勢関が明かしていました。

現在は2人とも現役バリバリですが将来的には勢関は指導者になりたいと考えていて、過去に関脇になったこともあるので親方になる資格もあるんですよね。
また、春日山の年寄名跡を所持していることから将来親方となるのはほぼ確実でしょうね。
そうすると比嘉選手は将来はおかみさんとして部屋を切り盛りしていくかもしれませんね。
しかしまだまだ比嘉選手が現役で戦うところを見たいですね!

スポンサーリンク

比嘉真美子の愛車や家族は?

ロゴルファーはツアーで各地に行きますが、ゴルフ場のある場所を考えると車は必需品ですよね。
いわば商売道具の1つとも言えそうですが、比嘉選手はどのような車に乗っているのでしょうか?

調べてみると2018年現在の車はわかりませんでした。
少し前にはなりますが、プロテスト合格翌年、ルーキーイヤーには何とメルセデスベンツに乗っていたそうです!
当時比嘉選手は19歳、すごいですね。

さらに調べてみると比嘉選手は2013年にメルセデスベンツ日本の若手女子プロゴルファー支援プログラムの対象に選ばれていて、メルセデスベンツを1年間無償貸与されていたんです。
メルセデスベンツ日本はゴルフ関連に力を入れているので心強いですよね。
過去の優勝で比嘉選手は車をもらったことはないようですが、今後優勝すれば手に入るかもしれませんね!

比嘉真美子の家族
出典:https://www.daily.co.jp/

比嘉選手の家族ですが、現在はがいます。
父と兄もいたのですが、それぞれ比嘉選手が15歳の時に兄、高校2年の時に父が病気で亡くなっています。
若い時につらい経験をしていたんですね。
現在の比嘉選手のキャディは姉の夫にあたるフランス人の「フローリアン・ロドリゲス」さんですが、姉がキャディをすることもあるそうですよ。
まさに家族ぐるみのチーム比嘉真美子といったところでしょうか。

比嘉真美子の使用クラブは?

嘉選手は2018年2月、「PING(ピン)」とのクラブ契約を発表しました。
そうなると当然使用しているクラブは全てピンのものです。

ドライバーは『G400 LSテック』のロフト10度、シャフトはピン純正シャフトのツアー173-65、フレックスSを使用しています。
比嘉選手はドライバー飛距離が260ヤードを越えるハードヒッターですが、それを支えるドライバーもすごいですね!
特にすごいのはシャフトで、Sシャフトを使う女子プロゴルファーは他にもいますが、ピンの純正シャフトってアメリカ製で日本製のシャフトより硬いんです。
大まかにいって日本製のSシャフト=アメリカ製のRシャフトくらいと考えていいでしょう。

比嘉真美子のクラブセッティング
出典:http://www.alba.co.jp/

つまり比嘉選手は日本製のシャフトで言えばXシャフトを使ってるようなものなんですよね。
Xシャフトは男子で言えばごく普通のアマチュアエンジョイゴルファーにはとても使いこなせる代物ではありません。
ピンのスタッフも「女性で使いこなせるのは比嘉真美子プロくらいでしょう」と言っています。
同じピン契約の「鈴木愛」選手も調べてみましたが、Sシャフトではありますが比嘉選手よりトルクやシャフトの重さは比嘉選手ほどハードなものではありませんでした。

賞金シード落ちしてしまう前は同じ沖縄出身の「宮里藍」さんの影響か、ブリヂストンのクラブを使っていました。
賞金シード復帰後はピンとクラブ契約をする前から大半のクラブをピンにしていますね。
ボールは以前はブリヂストン、現在はタイトリストのものを使用しています。

最後にまとめ

かがでしたか?
比嘉真美子選手について簡単にまとめると

①11歳でゴルフを始め日本女子アマチュアゴルフ選手権で2連覇し、プロテストは1発合格。2勝した後大スランプでシード落ちを経験するが復活して2勝している。
②勢関との馴れ初めは比嘉選手が大相撲観戦に行き共通の知人に紹介されたのがきっかけ。将来は相撲部屋のおかみさんになる可能性も。
③愛車はメルセデスベンツに乗っていたことがある。家族は母と姉で、父と兄を病気で亡くしている。キャディは姉の夫が務めている。
④クラブ契約をピンとしていてドライバーからパターまですべてピンのクラブ。一般男性には使いこなせないほどハードなクラブを使用している。

といったところでしょうか。
まもなく入籍するのでは?言われている10月11日ですが、入籍後に是非とも結婚後初勝利を期待してしまいますね。
勢関と二人三脚で頑張ってほしいです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山里愛 wiki
  2. 成田美寿々
  3. 藤田光里 wiki
  4. 菊地絵理香 wiki
  5. 江澤亜弥 wiki
  6. 池田勇太
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。