山川穂高はコーラ愛好家!?成績や経歴に迫る!あだ名や結婚についても

この記事は6分で読めます

西武ライオンズの中村剛也選手とそっくりで、2017年大ブレイクした選手といえば

『山川 穂高(やまかわ ほたか)』選手ですね!

山川選手と言ったらコーラ。
入団初年度に「コーラは自分にとって水と一緒」と名言が出るぐらいコーラ好き。
1日1.5リットルも毎日飲んでおり、コーラ愛好家として知られています。
飲み過ぎですよね(笑)

しかし、入団時に栄養士さんにコーラを飲みすぎないようにと言われたのをキッカケに、1日摂取量を500mlに減らしています。
大好きな物を減らすのはとても辛かったと思いますが、糖分の過剰摂取は良くないですからね。

2017年の活躍は、コーラを減らしたこともあったのかもしれないですね!(笑)

そんな山川選手の通算成績も気になるところ。
2017年はブレイクして知名度も上がりましたが、以前は知名度も低く、あまり目立った成績を残せていなかったのでしょうか?

そして、山川選手の経歴と、あだ名結婚についても合わせて調べてみました。

スポンサーリンク

山川穂高のプロフィール

山川穂高
出典:https://melos.media/
名前:山川 穂高(やまかわ ほたか)
出身地:沖縄県那覇市
生年月日:1991年11月23日
身長:176cm
体重:100kg
プロ入り:2013年 ドラフト2位
デビュー:2014年6月21日

川選手の体重は100キロとなっています。
100キロを記録した選手の中では、元ソフトバンクの平成の三冠王「松中信彦」氏や、メジャーで活躍する「ダルビッシュ有」投手など名選手が多いです!

体重3桁に乗せるだけでは簡単ですが、スポーツ選手として脂肪で3桁体重にしても成績を下降させるだけです。
なので筋肉をメインにしなければいけない為、血の滲むような努力が必要となってきます。

それなのに山川選手はすでに3桁体重を達成!
ちなみに入団時は108キロありました。
これって凄いことですよね。

2017年大ブレイクを果たした山川選手ですが、年俸でも今季西武初の保留をしました。
活躍した初年度でいきなり契約保留にする選手は少ないですが、山川選手は妥協を許さずに保留を選びました。
妥協しないという点では、練習でも役に立っていると思います。
度胸のある山川選手の活躍は、まだまだ序章に過ぎないですね!

山川穂高の成績は?

川選手は入団時に100キロを超える体重で、長打力が買われての入団となりました。

プロ入り1年目は1軍には出場出来ましたが、14試合に留まっています。
でもその中でも本塁打は2本はなっており、このシーズン3安打の内2本が本塁打と長打力を発揮しています。

2年目は1軍には呼ばれる事はことんどなく、結局1試合の出場で1安打1打点となっています。
この年はこの1打席のみだったので、打率は1.000を記録。
もっと試合に出ていれば活躍出来ていたかもしれないですね!

3年目には開幕戦からスタメン出場を果たしました。
最終的には49試合の出場に終わってしまいましたが、本塁打は初めて2桁に乗せて14本となっています。
36安打で打率は.259とあまり高くないですが、長打率は.590を記録しておりOPSは.925を記録しています!
これはかなり高い数字ですね!

打点は32打点挙げており、安打数の割には打点も多いと言えますね!

そして、2017年は78試合の出場で23本塁打を放っています。
二塁打も19本打っており、長打力は年々凄さを増しています。
約半分の試合出場数なのでフルで出ていたら40本も打てていたかもしれないですね!

しかも安打数は72安打で打率は.298を記録しているんです!
長打力と合わせて巧打力ま身につけていますね!

ちなみに2017年の長打率は、.661でOPSは驚異の1.081となっています。
前年よりも出場数は多いのに長打力は益々上げているんですね!

また2017年の打点数は61でした。
年間で見ると少なめですが、出場した試合数からすると非常に高い数字であることがわかります。
三振数は72とやや多めですが、ホームランバッターには三振は付き物なので仕方ないですね!

これまでの通算成績は、4年間で142試合、112安打、39本塁打、97打点、0盗塁、打率.272、長打率.612、OPS.991となっています。

安打数の割に打点は多く記録していますね!
勝負強さがあると言う事だと思います!

盗塁は4年間でまだ1度も成功したことがないんですね!
意外です。
体系の似ている「中村剛也」選手は盗塁はそこそこ決めているので、山川選手にも頑張ってもらいたいですね!

2017年はトラブルがなければ開幕から4番を任される可能性は高いと思います。
2018年のような長打力で、尚且つ勝負強さを発揮してくれれば本塁打王と打点王のタイトル獲得は可能だと思います。

欲を言えば三冠王の達成をして欲しいですが、まずはタイトル1つ取れるように頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク

山川穂高の経歴は?

川選手は小学校4年生の時に首里マリナーズと言うチームで野球を始めました。

中学校では硬式野球に転向して、一塁手として出場していました。
そしてこのチームで全国大会に出場をしています。
結果は分からなかったのですが、あまり上位には勝ち進んでいないようです。

高校は沖縄商業高校に進学しています。
野球ではあまり有名ではないですね。

1年生の時から時折試合に出場すると、2年生の秋から4番を任されるようになりました。
この時のポジションは右翼手でした。
4番を打てるだけで凄いですね!

甲子園の出場経験はありませんが、高校通算で27本塁打を記録しています。
強豪校に比べると対外試合も少なかったと思うので、27本と言う数字でも大したものだと思います。

この時はまだプロのスカウトからは注目されておらず、高校を卒業すると大学進学を決意しました。

その大学は富士大学なんです!
この学校も野球の名門と言うわけではないですね!

でもこの大学に進学した事で1年生の春からいきなり4番を任されることになりました。
そして、北東北大学野球で秋季リーグで打点王を獲得する活躍を見せたんです!
1年生でタイトル獲得なんて凄いですね!

2年生の時には日米野球の日本代表に選ばれて、第1回戦で満塁本塁打を放つ活躍を見せました。
3年生の時にはアジア野球選手権の日本代表に選ばれています。
日本代表なんて凄いですね!

4年生の時は春のリーグ戦で指名打者でベストナインを獲得しています。
4年生でも日本代表の候補に選ばれていましたが、最終的にはメンバーから外れてしまいました。

でも、10月に行われた東アジア競技大会では大学生で唯一代表に選ばれており、4番として韓国戦で満塁本塁打を放っています!
大きい大会ではよく本塁打を打っていますね!

大学の通算成績は78試合で打率は.304、11本塁打、55打点となっています。
もっと本塁打は打っているイメージでしたが、本数的にはそんなに多くはないんですね!
でも、国際試合などの試合ではよく本塁打を打っています。
なので、本塁打のイメージが付いているんですね!

この年のオフに埼玉西武ライオンズからドラフト2位で指名されたのですが、この大学からの指名は過去にも3人しかおらず山川選手は4人目なんです!
しかも過去の選手は全てが投手となっているので、野手のプロ入りは山川選手が初という事になりました。

初めての野手のプロ野球選手の排出で活躍できているので、大学も鼻が高いですね!

山川穂高のあだ名は? おかわり2世!?

川選手の体重は100キロを超えています。
身長は176cmとプロ野球選手としては低めなので、非常に大きな体系をしています。

でも山川選手とよく似た体系の選手が同じ西武ライオンズに所属しています。
皆さんもお分かりだと思います。
そうです!
「中村剛也」選手です!
中村選手は、本塁打を1試合に複数打つ事がよくあったこともあって、あだ名は「おかわり君」と名付けられています。

そんなおかわり君とよく似た体系なので、山川選手は「おかわり2世」と呼ばれることが多くなっています。
山川選手の自身も中村選手にとても強い憧れを持っているようで、そう呼ばれることはとても名誉だと喜んでいます。

また別のあだ名もあり、それは「アグー!」なんです。
アグーは、沖縄県のブランド豚であるアグー豚から取ったとされています。

このあだ名を決めた時、「動ける豚」と言われていました。
とても失礼ですよね!

今は「おかわり2世」と言われる方が多いそうですが、もう自立し始めているので2世ではなく新しいあだ名をつけてあげて欲しいですね!

山川穂高は結婚している?奥さんはどんな人?

川選手は2017年の8月11日に結婚したと発表しています。
婚姻届を提出したのは9日ですが、シーズン中の発表はとても珍しいですね!

でも直近の9試合で打率.467、4本塁打、16打点と大活躍をしていたんです!
なのでシーズン中であり、しかも敵地であったロッテのマリンスタジアムで会見を行っているんです!

結婚のお相手は、1歳年上の群馬県出身の一般人女性。
名前は『麻衣子』さんと言うそうです。。
一般の方なので多くの情報は出ていないですが、女優の小池栄子さんに似ていると話題のようです!

この2人が交際を始めたのは2010年の8月9日だったようです!
交際を始めてから7年の月日が経っていますが、奥さんの画像などは一切出回っていませんでした。

なので、この2人が交際していたのを知っていたのはごく僅かな知人のみだったのかもしれません。
あまり詮索されたくなかったのかもしれませんね!

でもその結果が今に繋がっていると思います!
もしマスコミに色々と騒がれていたら野球に集中が出来なかったのでブレイクするにはもう少し時間がかかったかもしれないですね!

今、影で支えてくれている奥さんですが、麻衣子さんも大学時代にソフトボールをやっていたそうなんです!
同じアスリートと言うこともあって山川選手の気持ちが誰よりも理解出来る存在なのだと思います。

2018年は結婚してから始めて迎える開幕になります。
一気に開幕ダッシュを決めて、個人のタイトル獲得とチームの優勝に向けて突き進んで欲しいですね!

最後にまとめ

かがでしたか?
山川穂高選手について簡単にまとめると

①通算成績でも長打率は.612と高め。これまでの成績から山川選手の長所は長打と勝負強さ。4番として最適な選手。
②高校通算本塁打は27本だったが、大学での本塁打は11本。国際大会などに強く、大きい大会では本塁打が多い。
③あだ名は「おかわり2世」が定番となってきている。
④結婚はしており、奥さんは同じ大学の1学年先輩。ソフトボール部に在籍していた奥さんと7年の歳月を経て入籍。

山川選手は2017年ブレイクを果たした選手です。
中村剛也選手のように毎年本塁打王を獲得できる力があるだけに、2018年は1年間1軍で出場して欲しいですね!
2軍では驚異的な数字を残していました。
その数字が1軍で再現出来る日はとても近いと思います。

また、山川選手は打率も残せる選手。
三冠王の可能性は十分に秘めていると思います。
頑張ってください!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 茂木栄五郎
  2. 江川智晃
  3. 中後悠平
  4. 石原慶幸
  5. マイケル・ブラントリー
  6. オズワルド・アルシア
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。