野村克也の監督時代に迫る!ヤクルト・阪神・楽天の監督エピソード

この記事は3分で読めます

役時代は8年連続で本塁打王に輝き、歴代最強キャッチャーとして活躍した『野村 克也(のむら かつや)』氏。

しかし、最近の野村克也さんといえば選手というより監督として活躍しているときの方が知っている人が多いことでしょう。
そこで今回は「野球選手」としてではなく、『野球監督』として野村克也氏に迫っていきましょう!

野村監督は南海ホークスで選手兼任監督を務め、ヤクルトでは日本一へ導いた監督です。
ほかにも阪神や楽天でも監督を務めました。

そんな野村監督のヤクルト監督、阪神監督、楽天監督時代のそれぞれのエピソードとともに見ていきましょう。

スポンサーリンク

野村克也のプロフィール

野村克也
出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/
名前:野村 克也(のむら かつや)
出身地:京都府竹野郡網野町
生年月日:1935年6月29日
身長:175cm
体重:85kg
プロ入り:1954年
所属球団:南海ホークス (1954 – 1977)
ロッテオリオンズ (1978)
西武ライオンズ (1979 – 1980)
監督歴:南海ホークス (1968 – 1977)
ヤクルトスワローズ (1990 – 1998)
阪神タイガース (1999 – 2001)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2006 – 2009)
デビュー:1954年6月17日

ムさん。という愛称で呼ばれる野村克也氏。
野村選手は1954年に「南海ホークス」という何度か名前を変え、現在の福岡ソフトバンクホークスになる球団に入団。
現役時代はキャッチャーとして活躍しました。
現在はプロを引退し解説者として活躍していますね。

今回紹介するのは野村監督が務めたチームの中でも「ヤクルト」「楽天イーグルス」「阪神タイガース」での監督時代について紹介していきます。
南海ホークスでは選手兼任監督も務めました。

野村克也のヤクルト監督時代 リーグ優勝と日本一へ!

村克也監督の選手時代に選手兼任監督として南海ホークスの監督を務めたことはありますが、初めて専任監督になったのは1990年から就任したヤクルトの監督でした。
しかし縁もゆかりもないヤクルト。
なぜ野村監督はヤクルトの監督に就任することになったのでしょうか。

それはヤクルトの球団社長の「相馬和夫」さんがきっかけでした。
相馬社長は野村監督の野球論を高く評価し、野村克也氏を監督としてオファーを出すことにしたそうです。
なかには批判の声もありましたがヤクルトスワローズ監督、野村克也が誕生しました。

野村監督は初めに「1年目に土を耕し2年目に種をまき3年目にそれを育てて3年目に花を咲かす」と社長に話しました。
相馬社長はそれまで待ちますよ。と言ってくれました。

野村克也のヤクルト監督時代
出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/

実際3年目にリーグ優勝を達成し4年目日本一となります。
有言実行。野村監督すごいですね~。
相馬社長は「すべてお任せしますから、好きにやってください」とおっしゃってくださり、補強から人事に至るまで全面的にサポートしてくれました。
野村監督はチームが勝つには現場と首脳陣が協力していかないとだめだといいます。

スポンサーリンク

野村克也の阪神監督時代 3年連続最下位!?

村克也監督は1998年にヤクルトの監督を退任。
その後、翌年から阪神から監督の要請があり阪神の監督に就任することになりました。

しかし結果的に阪神では監督としてうまくいきませんでした。
成績は最悪の3年間監督を務めて3年連続最下位
ヤクルトではチームをリーグ優勝、日本一にしましたが、阪神では3年連続最下位。
なぜこうも差が出てしまったのでしょうか。

野村克也の阪神監督時代
出典:https://www.jiji.com/

ヤクルト時代のころを比べて戦力が少なかったのは確かなことでしたが、それよりも大きな原因はオーナにあると野村監督は言います。
さきほど紹介した通りチームが勝つためには、現場と首脳陣が協力していかなくてはならない、と。
しかしヤクルトの相馬社長とは対照的で、当時に阪神のオーナーは補強に積極的ではありませんでした。

ある日、野村監督はオーナーに次のように問いかけたそう。
「なぜ阪神が低迷したと思いますか?」と問うと、野村監督は「あなたが原因ですよ」といいました。
オーナーは確かに言われたときは怒ったようですが、後に考えると言ってることは正しいと言いました。
その後、野村監督の後に就任した星野監督は積極的な補強を行いリーグ優勝、日本一になりました。

野村克也の楽天監督時代 クライマックスシリーズへ!

村克也監督は阪神の監督を退任した後シダックスという社会人チームの監督になりました。
社会人野球のリーグ戦、都市対抗戦では準優勝に輝きました。

その後、野村監督は再びプロ野球チームの監督に復帰。
次に野村監督が務めたのは「楽天ゴールデンイーグルス」でした。

野村克也の楽天監督時代
出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

野村監督は2006年に楽天の監督に就任。
楽天は2005年に創立された球団なので、球団としては2年目のチーム、そして2代目の監督でした。
野村監督が指揮をとり始めましたが、まだできたての球団。
すぐに成績はあがりません。

初めてクライマックスシリーズに進出したのは2009年のことでした。
監督としては4年目のことでした。
野村監督は「1年目に土を耕し2年目に種をまき3年目に花を咲かす」といいますが、1年遅れて花を咲かすことになりました。

当時の楽天は創立されて時が短く、ほんとに弱かったのでこれでも十分すごいんですよ!
しかしクライマックスシリーズにチームを進出させるも、この年限りで監督を退任することになりました。
クライマックスシリーズ、ファイナルステージで敗退するも相手チームの日ハムの選手と一緒に胴上げされて監督を退任しました。

最後にまとめ

かがでしょうか?
野村克也監督について簡単にまとめると

①ヤクルトの相馬社長に要請されヤクルトの監督に。「1年目に土を耕し2年目に種をまき3年目に花を咲かす」と言い3年目にリーグ優勝、4年目には日本一。
②阪神の監督に就任するも3年連続最下位。ヤクルトでは首脳陣と現場が協力的だったが阪神では対照的だった。
③楽天の監督に2006年に就任。球団初のクライマックスシリーズ進出に導くも監督を退任。クライマックスシリーズファイナルステージで破れるも、相手チームの日ハムの選手とともに胴上げされた。

野村克也氏は現在野球解説者として活躍しています。
監督時代はまさに名将といえるような監督でした。
これからも日本球界に大きく貢献してほしいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 實松一成
  2. 石井琢朗
  3. ミゲル・カブレラ
  4. ディー・ゴードン
  5. ジャスティン・アップトン
  6. 高橋朋己
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。