王貞治の現役時代に迫る!長嶋茂雄との関係は?伝説の記録がスゴイ

この記事は3分で読めます

ロ野球界のレジェンドと呼ばれる野球選手たち。
レジェンドと呼ばれるような選手たちは過去にたくさんいました。
例えば3度三冠王を獲得した「落合博満」選手。
世界の盗塁王、歴代通算最多盗塁記録を持つ「福本豊」選手。
南海ホークスでキャッチャーとして活躍した「野村克也」選手などレジェンドと呼ばれるいろんな選手を紹介してきました。

今回は歴代通算ホームラン第一位。
今までたくさんいた野球選手の中で1番ホームランを打った選手。
『王 貞治(おう さだはる)』選手を紹介します。

王貞治選手は名前が広く知られたレジェンド。
しかし現役を知らない人もいることでしょう。
王貞治選手は現役時代はどれだけすごかったのでしょうか?
さっそく迫ってみましょう。

スポンサーリンク

王貞治のプロフィール

王貞治
出典:https://news.yahoo.co.jp/
名前:王 貞治(おう さだはる)
出身地:東京都墨田区
生年月日:1940年5月20日
身長:177cm
体重:79kg
プロ入り:1959年
所属球団:読売ジャイアンツ(1959 – 1980)
デビュー:1959年4月11日

貞治選手は1940年生まれ、第2次世界大戦が起こったのが1939年なので王選手は戦争中に生まれました。
王選手は1959年、読売ジャイアンツに入団しました。
王選手はファーストを守り4年目には30本以上のホームランを打ちました。
その後「長嶋茂雄」選手とクリーンアップを打ちこれがのちにON砲と呼ばれました。
読売ジャイアンツのV9にも大きく貢献しました。
王選手は歴代通算最多本塁打記録保持者です。
読売ジャイアンツどこれか球界でみてもレジェンド中のレジェンドと言っても過言ではないでしょう。
王選手は1980年に現役を引退しました。
引退後は読売ジャイアンツの監督も務めました。

王貞治の現役時代は? 1本足打法!

貞治選手は現役時代たくさんのホームランを打ちました。
しかし普通の人はもちろんプロ野球選手でもたくさんのホームランを打てる選手はそれほど多いわけではありません。
最近の「日本人」ホームランバッターといえば横浜DeNA の「筒香嘉智」選手や西武ライオンズの「中村剛也」選手がいますね。
しかしそれでも王選手のように歴代通算本塁打記録1位になるのは難しいことです。
そんな王選手は1年目からホームランをたくさん打ったのでしょうか?
例えば「清原和博」選手は高卒ながらも1年目から30本以上のホームランを打ちました。
しかし王選手は1年目からたくさんのホームランを打ったわけではありません。
1年目から90試合以上に出場しましたが20本以上のホームランを打ったのは4年目の38本でした。
その前の年はレギュラーとして試合に出場するもそれでもホームランの数13本。
なぜ王選手はそんなに突然にホームランを打てるようになったのでしょうか?
王選手がホームランをたくさん打てるようになったのは1本足打法という打法に変えてからのことでした。

スポンサーリンク

王貞治の一本足打法はどうなった? 長嶋茂雄との関係は?

一本足打法にフォームを変えた王貞治選手。
これがきっかけで王貞治選手はいままでたくさんいたプロ野球選手のなかで1番ホームランを打った選手になりました。
一本足打法に変えたことのきっかけは当時の監督、「川上」監督が「荒川」コーチに指導を頼んだことがきっかけでした。
王選手はもともとて「3割、25本塁打は十分打てる素質がある」と見込まれていました。
そしてフォームを変えてからは1年目からホームラン王を獲得しました。
それから王選手はV9に貢献するほどの選手になりました。
V9時代、「川上哲治」監督のもと9年連続でリーグ優勝した時代のことをV9時代と呼びます。
このV9に王選手も大きく貢献しました。
当時王選手は3番を打っていました。
王選手は毎年ホームラン王を獲得するほど選手でしたのでしたが4番はだれが打っていたのでしょうか?
当時の4番を打っていたのは「長嶋茂雄」選手でした。
3番を王貞治選手が打ち、4番を長嶋茂雄選手が打つ。
この3、4番はON砲と呼ばれV9時代はずっと3番を王選手が打ち4番を長嶋選手打っていました。

王貞治の通算ホームランは? 現役時代の成績は?

貞治選手は歴代通算ホームランでは1位ですがいったい何本のホームランを打ったのでしょうか?
王選手が現役時代打ったホームランの数はなんと868本でした。
王選手が現役時代獲得したホームラン王の数はなんと15回、打点王も13回獲得しました。
ちなみにこの本塁打王15回、打点王13回受賞は数多くいた野球選手の中で最多記録です。
ホームラン王は13年連続で打点王も8年連続で受賞しています。
もちろんこの連続記録も最長連続記録です。
ここまでの成績だけでもうプロ野球選手史上最高の選手といっていいでしょう。
王選手は引退したシーズンですら30本のホームランを打って引退しました。
打率こそは2割に近くあまり良いとは言えませんでしたが30本のホームランを打って引退するなんてすごいことだと思います。
王選手のシーズン最多本塁打はプロ6年目に打った55本が最多です。
しかしシーズン最多本塁打は2013年ヤクルトの「バレンティン」選手がシーズンで60本のホームランを打ち記録を更新しました。
そんな王選手は2度も三冠王を獲得しました。
当時南海ホークスでキャッチャーを務めた野村克也選手は三冠王を1度しか獲得していません。
王選手のすごさが分かったと思います。

最後にまとめ

かがでしょうか?
王貞治選手について簡単にまとめると

①王選手は1959年、戦争中に生まれる。読売ジャイアンツに入団。1980年に現役を引退し、引退後は読売ジャイアンツの監督も務める。
②プロ4年目に一本足打法に変えたことで才能が開花。38本のホームランを打つ。
③王選手は長嶋茂雄選手とともにON砲を組み、読売ジャイアンツのV9に大きく貢献した。王選手が3番を打ち長嶋選手が4番を打っていた。
④王選手が現役で打ったホームランの数は868本。これはこれまでたくさんいたプロ野球選手の中で通算で1番ホームランを打っている。三冠王を2回も獲得している。

王選手はたくさんのホームランを打ちチームに貢献してきました。
王選手のようなバッターは過去にも未来にも王選手しかしません。
王選手の記録を抜く選手は果たしているのか…?
「坂本勇人」選手が2000本安打を達成したときは「張本」氏の3000本を抜くのではないかと話題になりましが王選手の記録を抜く選手が出てくることはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. J.A.ハップ
  2. 城島健司
  3. 又吉克樹
  4. 大谷翔平
  5. 木田優夫
  6. 佐々木主浩
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。